学院長元気の出るブログ

日々の随想。教育問題、子育て、英語、積極思考、人間関係、霊想等など。
読む人に元気を注入します。

ジョージ学院長 元気の出るブログ

ブログに関するご意見・ご感想は、こちらのフォームからお気軽にどうぞ

愛◯精神

2014.08.20日

愛◯精神
この◯の中に入る文字といえば、生徒・学生ならば「校」が入り、社会人なら「社」が入ることでしょう。
「愛校精神」「愛社精神」って、いい響きがありますね。


ところで、皆さんにはこの「愛校精神」「愛社精神」はありますか?
よっぽど素敵な先生や友人、仲間や上司との出会いがない限り、「ただなんとなく」という感じの人が多いのではないでしょうか。特別に嫌とか好きという感情がないのです。


私は他に愛◯精神の◯に入る言葉を考えてみたのですが、ちょっと見当たりませんでした。
あっ、一つだけ見つかりました。
それは、「愛塾精神」です。
これは、「ひとりを大切に」をモットーとする我がアカデミー学院にまことにふさわしい言葉です。



私たちは当然のことですが、生徒やご父母の皆さんをとても大切にします。しかし、さらに与えられている講師の先生方お一人ひとりも大切にします。


その結果、兄や姉を送ってくださったご父母の方々はその弟さんや妹さんを送ってくださり、兄弟姉妹の入塾率が非常に高いです。
早いケースでは、卒塾生が結婚して二代目となるお子さんを送ってくださっている方もいらっしゃいます。
何年も前に卒塾した生徒のご父母の皆さんとのつながりもあります。
また、卒塾した生徒たちが先生たちを招いて同窓会(「塾の同窓会」)をやることや一緒にディズニーランドなどへ自分たちで遠足に行くこともあります。
また、暇があるとひょこっと塾に顔を出して近況報告をしてくれる卒塾生やお母さん方もいます。


卒塾した後、高校で頑張ってトップレベルの大学に進学し、講師として戻ってきて大学の4年間、もしくは大学院に進んでさらに1〜2年働いてくれる人たちもたくさんいます。
そして、代々の先生たちがお盆と正月の年に2回、泊まりがけで旅行に出かけたり、バーベキュー大会(「講師の懇親会」)を開いたりします。
先生たちもみんな年代を超えてとても仲がいいのです。


これまでに、茅ヶ崎や辻堂、大磯、二宮といった近辺の街々から通ってくださったお子さんや東京から通ってくださった成人の方もいらっしゃいました。
今年の3月に山梨で一日だけ出会った小学5年生のYくんに少し英語を教えてあげたところ、とても気に入っていただいて八王子のご自宅から電車で2時間半かけて、小学6年生のお子さんが夜のクラスに通ってくれています。
彼は夏休みの間は家族で山梨に行っていて、その山梨から3時間近くかけて通ってくれました。


これらが「愛塾精神」でなくて何でしょう。
私は、生徒も講師もご父母の方々も、うちの家族もみんなを心から誇りに思うと同時に感謝の気持ちで頭が下がる思いです。
また、直接アカデミー学院に関わっていなくても、「近ければ是非とも子どもを通わせたい」と言って、祈りで応援し、励ましてくださる方々にも心より感謝しています。


↓ブログランキングに参加しています。読み終わったら下のバナーをクリックして応援してください(IN ポイント)。
にほんブログ村の「人気ランキング順位」が出ますので、そこで同じ記事名、もしくはほかの記事で関心のあるものをクリックし、ブログが表示されたらお手数ですが再度下のバナーをクリックしてください(OUT ポイント)。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メールマガジン登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスでき、とても便利です。