学院長元気の出るブログ

日々の随想。教育問題、子育て、英語、積極思考、人間関係、霊想等など。
読む人に元気を注入します。

ジョージ学院長 元気の出るブログ

ブログに関するご意見・ご感想は、こちらのフォームからお気軽にどうぞ

逆風満帆

2014.08.19日

 「通勤電車」が「痛勤電車」になることはよくある。「厚顔無恥」ほどは憎めない「童顔無恥」の人も、世間にはたまにいる。神仏に祈る「無病息災」も「一病息災」となれば、身近な生活信条である
◆1文字の違いで言葉のもつ表情が変わるから日本語は面白い。先日、学生時代の友人から届いた残暑見舞いのはがきに〈逆風満帆〉とあった。健康の面か、仕事の面か、風の種類は書かれていない。お互いに、何かと逆風に身をさらす年齢ではある
◆順風満帆の人には「そりゃよござんすね」と素通りできるが、向かい風に精神の帆を高々と揚げる人には肩の一つも叩たたいてやりたいのが人情だろう。誰の造語かは知らず、操船の理屈にかなっているかどうかも承知していないが、捨てがたい味がある
◆営業成績の棒グラフから吹いてくる風もある。職場や得意先の人間関係から吹いてくる風もある。郷里や行楽地で過ごしたお盆休みが明け、逆風を吹かせる低気圧に囲まれた日常に戻ったばかり、という方も多かろう
◆〈炎天の遠き帆やわがこころの帆〉(山口誓子)。逆風満帆。そんなおまじないがあってもいい。

(2014年8月19日付 読売新聞 1面 「編集手帳」より)


「一字違い」、これはよくあります。
私は「舟田」といいますが、Facebookやメールで「船田さん」「船田先生」と書いてくる人はしょっちゅうで、もう慣れっこになってしまいました。
パソコンで「ふなだ」と入力すると一番に「船田」が出てくるからと、もう一つは「舟田」という苗字が珍しいこともあり、自然と「船田」になってしまうようです。


この「舟」と「船」という字、面白いです。
普通は「舟」は「横に八と口のない小舟の舟です」と説明するのですが、中にはこの「舟」という字を知らない人さえいます。
「舟」は小舟です。それに対して「船」は外洋船など大きな船に使います。
そのルーツは、聖書的に言うと、中国語では横の「八と口」は「八人」と人の人数を表し、ノアの方舟にノア夫妻と、ノアの息子3人とその嫁3人の8人が乗っていたからだと言われています。
そのくせ「ノアの方舟」というときには小舟の「舟」という字が使われているから不思議です。
これはつい先日まで上映されていた映画『ノア 約束の舟』でも使われていた文字です。実際には巨大な船であったにもかかわらず。


今日の「編集手帳」に載っている「通勤電車」が「痛勤電車」になるのはよく見かけます。これは電車通勤していらっしゃる方々の毎日の実感でしょう。


gyakufu.jpg


しかし、「逆風満帆」は初めて見ました。
「順風満帆」は誰でも求めるもので、私もこれまでにこのブログで何度か扱ってきた言葉なので、左上の「エントリー検索」で調べてみたところ、11の記事がヒットしました。
そのどれでも言っていることは、「人生、順風満帆にはいかないものだ。逆風が吹いてきてもヨットの操縦のように逆風を利用しなけれなならない」というような内容のものだと思います。
今日の「逆風満帆」は教えられることが大でした。
なるほど順風満帆はそういつまでも続くものではなく、人生には逆風がつきものです。自分は逆風ばかりだと言う人さえいます。
次から次へと試練が襲ってきて、辛い、悲しい、苦しい思いの中で必死で生きている人はこの世の中、たくさんいらっしゃいます。


しかし、そのような中で「逆風満帆」に受けても、それをすらうまく利用して前進し、自分の目的地に着く人も同時に大勢いらっしゃるのです。
逆風をうまく利用する方法を知っている人はいいのですが、そうでない人は逆風に自分の力だけで立ち向かうと途中で力尽きて挫折していまうので、全能者なる神のみ手に委ねるということです。
聖書には、
「万事相働きて益となる」
(ローマ人への手紙8:28)
というみ言葉がありますが、神様はすべてのことを相働かせて私たちに最善を導いてくださる、という意味です。
今、朝ドラでやっている『花子とアン』でも、次から次へと難問や危機にぶつかりますが、「曲がり角の向こうにはきっといいものが待っている」という希望を持っているので、あれだけ力強く生きていけるのです。


↓ブログランキングに参加しています。読み終わったら下のバナーをクリックして応援してください(IN ポイント)。
にほんブログ村の「人気ランキング順位」が出ますので、そこで同じ記事名、もしくはほかの記事で関心のあるものをクリックし、ブログが表示されたらお手数ですが再度下のバナーをクリックしてください(OUT ポイント)。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メールマガジン登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスでき、とても便利です。