学院長元気の出るブログ

日々の随想。教育問題、子育て、英語、積極思考、人間関係、霊想等など。
読む人に元気を注入します。

ジョージ学院長 元気の出るブログ

ブログに関するご意見・ご感想は、こちらのフォームからお気軽にどうぞ

ミッション・ポッシブル

2014.08.18日

拙ブログ記事を Facebook でシェアしてくださる方がとても大勢いてくださり、常々感謝しているのですが、その中でもNさんはそれこそ毎日シェアしてくださっています。
そのNさんのタイムラインに今日はこんな言葉がありました。
「すべての不可能は今日までのこと」
これは素晴らしいですね。みんなにとって大きな励ましとなる言葉です。
私たちはとかく自分の世界を自分で小さくする傾向があります。
「できない」「無理だ」「不可能だ」...と。


以前、テレビのCMを見ていていたく感動し、「Impossible? I'm possible.」という記事を書きました。ご覧になっていらっしゃらない方はぜひご覧ください。
これはトム・クルーズが主演した連続シリーズの「ミッション・インポッシブル」をもじったものですが、なんとそのルーツがオードリー・ヘップバーンにあったというのも驚きです。


Mission Impossible というのは、「実行不可能」というような意味です。
私たちも日頃の生活の中で、これはもう不可能と思うようなことはしょっちゅうあります。
そのような時に出会ったのがYouTubeの次の動画で、これには大いに笑わされ、感心させられ、教えられ、私の Facebook でもシェアさせていただいたところ、やはり大きな反響を呼びました。まずはご覧ください。



タイトルは「ミッション・インポッシブル・リス」で、バックには「ミッション・インポッシブル」の映画のテーマ曲が流れていて、次のような解説がついていました。
「これは英国で撮られたものです。庭の持ち主がこの複雑な仕掛けを作りました。仕掛けをクリアするたびにお駄賃のナッツがリスに与えられます。リスが一つの仕掛けをクリアするごとにさらにもう一つ仕掛けを加えて、最後にはこのようなものができるようになったのです。2週間以上かかったそうです」


今日の冒頭の言葉、
「すべての不可能は今日までのこと」
はこの小さなリスだけに当てはまることではなく、だれにでも当てはまることです。
うそだと思ったら、早速今日、なにか試してください。ただし、いきなり大きなことではなく、このリスさんのようにステップ・バイ・ステップで。


↓ブログランキングに参加しています。読み終わったら下のバナーをクリックして応援してください(IN ポイント)。
にほんブログ村の「人気ランキング順位」が出ますので、そこで同じ記事名、もしくはほかの記事で関心のあるものをクリックし、ブログが表示されたらお手数ですが再度下のバナーをクリックしてください(OUT ポイント)。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メールマガジン登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスでき、とても便利です。