学院長元気の出るブログ

日々の随想。教育問題、子育て、英語、積極思考、人間関係、霊想等など。
読む人に元気を注入します。

ジョージ学院長 元気の出るブログ

ブログに関するご意見・ご感想は、こちらのフォームからお気軽にどうぞ

進化か創造か

2014.07.25日

「おー、スゲエ!」
「この車の名前、知っとる?」
「知らん」
「わしも知らん」
「うち知っとるえん」
「えっ、なんちゅうの?」
「ほんじゃから今、言ったじゃろ? 知っとるえんって」
「えっ、知っとるえん…シトロエン? あのフランスの名車の?」
(『花子とアン』風の会話にしてみましたが、あまり正確ではないと思うので、どなたか方言指導をお願いします)


citroen1.jpg


それにしても奇抜でカッコいい。両側のドアは上に開きます。
未来の車みたいですよね。
この車の原型というか、今から44年前の型が下ので、その当時は奇抜で世界でも注目を集めていた人気の車です。私が20歳の頃、あこがれていた未来の車です。


citroen6.jpg


この同じものがうちの近所の駐車場にずっと捨て置かれたままになってなっています。


citroen2.JPG


citroen3.JPG


よく見るとあちらこちらこのように錆がいっぱい出てきています。かつての雄姿はどこへやら...。
このページトップの最新型は、44年前のシトロエンが進化してできたものではありません。
人の知恵が進んでこのようなデザインやさまざまな技術が取り入れられて作られたものです。なぜなら、人はほかの動物と違い「神の像に似せて創られ」ていて、神の知恵が与えられているからです。


citroen5.JPG


さて、熱力学の第2法則に、この世のものはすべて崩壊に向かっているというのがあります。
上の車のみならず、現在も膨張しつつある宇宙ですら崩壊に向かっています。いわんや地球も地球上の生き物もすべてです。


つい先日、Facebookに面白い画像が載っていました。これです。上の絵は「偽物の進化論」、下は「本物の進化論」と書かれています。
なるほど、「本物の進化論」とは、私たち人間が自らの心の内の罪に気づかされ、神の前に悔いくずおれて生き方を改める、というわけなのですね。


true%20evolution.jpg


1年ほどまでに「偶然と必然」という記事を書きましたが、その中の一部を再度ここに引用します。


私たちはみんな学校の理科の授業で進化論を教えられ、それが真実であるかのように思い込んでいます。でも、進化論は一つの仮説また哲学であって、それが真実であると証明した人は誰ひとりいません。
進化論は、この宇宙は138億年前にある日突然、エネルギーか何かが爆発し、それがどんどん膨張していったと言っています。そして、地球上の生命は、偶然と途方もなく長い時間によって無機物が有機物になり、それが命になって単細胞のアメーバのようなものになり、それが徐々に進化して最終的にできたものが人間だと言っています。


ボーイング747は約600万個の部品でできています。
進化論的に言えば、何十億年もの長い間、この600万個の部品を大きな袋に入れてガチャガチャと振り続けていたらボーイング747になったということになります。
しかし、たった数十個の部品ですら、たとえどれだけ長い年月振っていても偶然に時計とか何かの形ができあがるということはありません。


人間の脳細胞の数は100億個から140億個ぐらいだと言われています。
その細胞1個1個の中に入っている情報は、少なく見積もっても厚さ約3cmぐらいの500ページの本1000冊分と言います。これらの細胞百数十億個が全部、順番通りに正しく組み合せられないと脳はできあがらないのです。
人の体全体では約60兆個の細胞から成り立っていると考えられていますが、これらが正しい順序に組み合わせられる確率はそれこそ天文学的な数字になり、実質上偶然ということはあり得ない、ということになります。


進化論的に、偶然の上に偶然が重なってある日突然、と考えるより、創造者が造られたと考える方がよほど理にかなっています。
また、進化論では突然変異が数え切れないほど繰り返されて現在のヒトになったと言いますが、突然変異である種のものが別の種になるということはあり得ませんし、また突然変異が起こる時には常に元のものより情報量が少なくなり、その多くは劣性あるいは致命的なものです。
さらに熱力学の法則によると、宇宙の中のすべてのものは常に崩壊に向かって進んでいて、進化していません。


創造論では、ヒトは創造者である神の知恵によって、神の霊に似せて造られたものです。
「神は自分のかたちに人を創造された」(創世記1:27)とあります。
偶然ではありません。神の愛によって宇宙も私たちも造られたのです。必然です。
神の存在を否定するところから進化論は生まれました。宗教色を排除することが科学的だと考えたのです。
しかし、上に見てきたように、進化論も創造論と同じくひとつの説です。
進化論を信じて、人の霊を信じないと、死は永遠の別れです。
愛も夢も希望も何もありません。


「ジェリーの生き方」の中に書いたことではないですが、私たちは一瞬一瞬、様々なものを選択して生きています。
皆さんは、上の「進化か創造か」、どちらを選択されますか?
それによって、この世の生き方も、考え方も、死後の世界もすべてが180度変わってきます。


↓ブログランキングに参加しています。読み終わったら下のバナーをクリックして応援してください(IN ポイント)。
にほんブログ村の「人気ランキング順位」が出ますので、そこで同じ記事名、もしくはほかの記事で関心のあるものをクリックし、ブログが表示されたらお手数ですが再度下のバナーをクリックしてください(OUT ポイント)。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メールマガジン登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスでき、とても便利です。