学院長元気の出るブログ

日々の随想。教育問題、子育て、英語、積極思考、人間関係、霊想等など。
読む人に元気を注入します。

ジョージ学院長 元気の出るブログ

ブログに関するご意見・ご感想は、こちらのフォームからお気軽にどうぞ

ジェリーの生き方

2014.07.22日

 ジェリーは、顔を見るとつい軽口のひとつもたたきたくなる、そんな快活な男だった。いつも上機嫌で、前向きな言葉しか口にしない。「どうだい、元気か?」と聞けば、決まってこう答えた。「これ以上元気があまったら、おれがもう一匹できちゃうよ」
 彼の仕事はレストランの支配人。彼がユニークだったのは、店を変わるたびに彼についてくるウェイターが必ず何人かいたということである。そんなふうに慕われたのは、彼が生来の元気印だったからだ。落ち込んでいる従業員がいると、ジェリーは決まって「渋い顔をしていると、運が逃げちゃうぜ」と言って励ました。
 ある日、私はジェリーのところに行って聞いた。「教えてくれ。いつも前向きでいるなんて無理だろう。秘訣は何だ?」
 ジェリーは答えた。
「毎朝、目をさますたびに、自分に聞くんだ。『ジェリー、きょう、おまににはふたつの選択がある。機嫌よくしているか、不機嫌でいるか』。それに対して、おれは機嫌よくしている方をとる。何か悪いことが起きるたび、おれは運が悪かったと思うより、いい勉強になったと思う方を選ぶ。愚痴をこぼしにくるやつがいると、その愚痴を聞き流すこともできるが、おれは人生のいい面を見るように言ってやる」
「でも、実際にはそう簡単にはいかないだろう?」 私は反論してみた。
「いや、簡単さ。人生はすべて選択だよ。つまり、どんな状況も選択なんだ。まわりの人間に気分を左右されるかどうかだって、自分が選べるんだ。結論から言うと、人生をどう生きるかは選択しだいなんだ」
 私は、ジェリーの言葉をかみしめた。
 まもなく私は別の業界に転職し、彼とは連絡がとだえた。しかし、仕事上で迷いが生じると、しきりに彼のことを思い出した。
 数年後、人づてに、ジェリーが業界人としてゆゆしい失態を演じてしまったことを聞いた。店の裏口に鍵をかけ忘れたため、強盗に押し入られてしまったのだ。銃で脅され、金庫を開けようとした彼は、緊張のあまり手が震えて、鍵の暗証番号を間違えてしまった。強盗はカッとなって彼を銃で撃った。
 幸い、ジェリーは比較的早く発見され、近くの救急センターに運ばれた。そこで、18時間にもおよぶ手術をし、何週間も集中的な治療を受けた。体内に弾丸は残ったものの、無事に退院することができた。
 事故からおよそ半年後に、私はジェリーに会った。
「どうだい、具合は?」と私が聞くと、「これ以上元気があまったら、おれがもう一匹できちゃうよ。傷あと見るかい?」
 傷あとを見るのは遠慮したが、「強盗に襲われたとき、どんなことを考えた?」と尋ねてみた。
「まず第一に考えたことは、裏口のドアにちゃんと鍵をかけるんだったってこと」とジェリー。
「それから、床に倒れたまま考えたのは、ふたつの選択があるってこと。生きることも選べるし、死ぬことも選べる。おれは生きることを選んだ」
「怖くなかったのか? 意識はあったのかい?」
「救急隊員が素晴らしかったんだ。『だいじょうぶ、きっと元気になる』って、言い続けてくれたんだ。だけど、救急センターに運び込まれて、医者や看護婦の顔を見たとたん、すごく怖くなった。みんな、『こいつはもう死んでる』って目でおれを見るんだ。とっさに、何とかしなきゃいけないって思った」
「それで?」
「そのとき、一人の男まさりの看護婦が、大声で俺に聞いた。『あんた、アレルギーはあるの?』。 おれは言った。『あるよ』。医者と看護婦は動かしていた手をとめて、おれの顔を見た。
おれは深く息を吸ってどなった。『ピストルのタマ!』。それを聞いてみんなどっと笑った。おれは言った。『おれは生きることを選んだんだ。頼みます、死体じゃなく、生きてる人間にやるように手術してください』」
 こうしてジェリーは生き延びることができた。ジェリーが助かったのは、医学のおかげには違いないが、彼自身の腹のすわった態度のせいでもある。
 彼は私に、「自分の人生は自分で選ぶ」ことを教えてくれた。結局のところ、すべては態度しだいなのである。

(『こころのチキンスープ 7 夢中になれるものありますか?』 ジャック・キャンフィールド、マーク・V・ハンセン他編著 ダイヤモンド社)


アメリカでは風邪を引いたりして熱が出たり、体調を崩すとまずは体力をつけるためにチキンスープを患者に飲ませ(実際には具が多いので食べさせ)ます。この『こころのチキンスープ』シリーズは、心を元気づけるためのショートストーリーを集めています。
左上コーナーの「エントリー検索」に「こころのチキンスープ」と入れたところ11件ヒットしましたので、これまでにもたびたび引用していることがわかります。


以前、「強制と自由」という記事の中に少し選択理論について書きましたが、グラッサー博士がこの選択理論を提唱される前から人は無意識のうちに「おまえにはふたつの選択がある。機嫌よくしているか、不機嫌でいるか。(中略)何か悪いことが起きるたび、おれは運が悪かったと思うより、いい勉強になったと思う方を選ぶ」というふうに、みんなだれでも知らないうちに日常生活の中で選択理論を実践しているのです。
どちらを選ぶのが得か、損か、こんなこと誰の目にも明らかです。


choice2.jpg


賢い選択をして、幸せな日々を送ろうではありませんか? 幸せか不幸かはあなたの手の中にあるのです。


↓ブログランキングに参加しています。読み終わったら下のバナーをクリックして応援してください(IN ポイント)。
にほんブログ村の「人気ランキング順位」が出ますので、そこで同じ記事名、もしくはほかの記事で関心のあるものをクリックし、ブログが表示されたらお手数ですが再度下のバナーをクリックしてください(OUT ポイント)。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メールマガジン登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスでき、とても便利です。