学院長元気の出るブログ

日々の随想。教育問題、子育て、英語、積極思考、人間関係、霊想等など。
読む人に元気を注入します。

ジョージ学院長 元気の出るブログ

ブログに関するご意見・ご感想は、こちらのフォームからお気軽にどうぞ

お見事!

2014.07.12日

昨日は台風一過。
各地に大きなつめ跡を残して去り、朝から一転、大きな青空が広がっていました。


私も気分一新、久しぶりに市営体育館のプールに泳ぎに行き、結構調子良く800mほど泳ぎました。
その後、オリンピックという複合ショッピングセンターまで歩いて行って、これも本当に久しぶりなのですが、次男に薦められた映画を観て気分転換を図り、また歩いて自宅まで戻るという、スイミングプラス10km以上も歩くウォーキングで、まるで「体育の日」のような一日でした。
朝は5時から起きていて、夜は塾で催された講師会で寝たのは2時過ぎ。


先日は、「野のユリ」に書きましたが、FBフレンドの集いに茨城県の小美玉教会に行っていました。


この教会は3年前の3.11の時に大きな被害を受けて会堂を建て直しされ、去る3月に新会堂献堂式を行われたばかりで、あちらこちらにいろいろな方々に十二分に心遣いされた本当に素晴らしい教会でした。


牧師をしていらっしゃる金野正樹先生はサラリーマンのお仕事を続けながらの休みなしのお働きで、お身体が疲れるとお勤めの会社の方で有給休暇を取られるというすごさで、頭が下がります。


また、会堂外のかなりの広さのテラスも、材料の木材は献品され、実際の土台造りから全て先生始め信徒の方々がボランティアで完成されたというのですが、見た目は玄人はだしの仕上がりです。
身障者のための心遣いが随所に見られ、またご奉仕で来られた先生方のためには、簡易ながら宿泊施設と風呂まであり、まさに至れり尽くせりです。


これらの中でも特に目を引くのは、玄関ホールを入ったところの壁に飾られている一見「絵画」と思われるもの。これは新訳聖書ヨハネの福音書4章に出てくるサマリヤの女のヤコブの井戸のシーンです。


shomen.JPG



よく見るととても立体的で、実は絵画ではなくクラフトなのです。
これを左、右の方から撮った写真で見るとよくわかります。


hidari.JPG  migi.JPG



これがマジ(普段私の使わない言葉ですが)すごい!
制作者は小泉文恵さんで上の記事の写真にも写っています(右の一番奥にいらっしゃるオシャレな女性)。会堂献堂式にプレゼントされたのです。
これまでにもいくつかの作品を写真で拝見してはいたのですが、ここまで立体的とは夢にも思いませんでした。


小泉さんにどのようにして作られたのかお伺いしたところ、井戸から始まり、木や人を作ったそうです。一番気をつけたところは、人の顔の表情と手の指先とのことです。下地には建築建材の発泡スーチロールにノリの入った粘土を塗り、仕上げはアクリル絵の具だそうです。
完成までにたっぷり一年間もかかったというから、本当に恐れ入ります。


私は高校生の頃美術部に入っていて、将来画家になりたいなんて思っていたことがあったのですが、この小泉さんの作品を見て、足元にも及ばず、「命の恩人」にも書きましたが、やめておいて本当に良かった、と思いました。


↓ブログランキングに参加しています。読み終わったら下のバナーをクリックして応援してください(IN ポイント)。
にほんブログ村の「人気ランキング順位」が出ますので、そこで同じ記事名、もしくはほかの記事で関心のあるものをクリックし、ブログが表示されたらお手数ですが再度下のバナーをクリックしてください(OUT ポイント)。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メールマガジン登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスでき、とても便利です。