学院長元気の出るブログ

日々の随想。教育問題、子育て、英語、積極思考、人間関係、霊想等など。
読む人に元気を注入します。

ジョージ学院長 元気の出るブログ

ブログに関するご意見・ご感想は、こちらのフォームからお気軽にどうぞ

サービス+利益の一石二鳥

2013.08.26日

yuubin.jpg


日本郵便が高齢者事業、安否報告や買い物代行 
 日本郵政グループの日本郵便は、郵便局員が高齢者世帯を訪問し、暮らしぶりを確認したり、買い物代行などを行ったりする生活支援サービス事業を10月から始める。
 高齢者の割合が高い北海道、宮城、山梨、石川、岡山、長崎の6道県の一部地域、計103郵便局で先行的に実施する。2014年4月から地域を順次拡大し、15年4月の全国展開を目指す。
 郵便局員が、郵便や貯金・保険の窓口業務以外を行うのは初めてだ。
 郵便局の営業活動の中で、都市部に住む人が過疎地などで暮らす高齢の両親らの暮らしぶりや、安否を把握したいという需要があることが分かった。日本郵便は、地域に密着した郵便局ネットワークの強みを生かせ、収益の拡大にもつながると判断した。
 新しい生活支援サービスは、郵便局員が、会員となった顧客から依頼された高齢者の自宅を訪問したり、郵便局を会場にした食事会に招いたりして、生活ぶりや健康状態を把握する。その上で、遠くに住む家族など、指定の届け先に月1回、リポートを送る。
 医療機関の紹介や、生活の悩みに24時間いつでも電話で相談に応じるサービスも専門の業者に委託して提供する。会員の基本料金は、月額1000円程度になる見込みだ。
 このほか、流通企業などと提携し、水やコメ、生活必需品などを定期的に自宅に届ける買い物支援や、利用者の健康状態を毎日電話で確認するサービスも受けられる。これらのサービスは追加料金がかかる。

(8月26日付 読売新聞1面)


少子高齢化についてはつい一昨日、「子どもたちはどこへ行った?」に書いたばかりですが、今日の朝刊一面のトップ記事はこの画期的な発想で、私はとても嬉しくなりました。
昔の郵政公社ではおそらく考えつかなかった「サービス+利益の一石二鳥」の発想です。
郵便事業がインターネット、メールなどによってどんどん縮小化してきているので、発想の大転換をしたわけですね。


でも、よくよく考えてみたら、私が子どもの頃などは、「郵便屋さん、おはようさん」の歌に見られるような光景、すなわちよく郵便屋さんが家を一軒一軒歩いて、あるいは自転車で回りながら、「暑いですね」「お変わりありませんか?」「おじいちゃん、最近どうですか?」などのような会話が家の前で割と頻繁に行われていたような記憶があります。
まあ、昔は今のように忙しくなく、暇だったこともあるのでしょうが、郵便屋さんが地域に溶け込んでいて普通にこのようなコミュニケーションが取れていたのでしょう。
このほか、「トーフー、トーフー」とラッパを鳴らしながら回る豆腐屋さんとか、お店のご用聞きの人とかともごく自然な会話がありました。
今は、何か殺伐としていて、何もかもが機械的にマニュアル通りに、そして忙しく動いているようで、昔のようなゆったりした感じ、ぬくもりが欠けているように感じるのはきっと私だけではないでしょう。


このような中で、せっかく家を一軒一軒回っている郵便屋さんなんだから、昔に戻ってこういうサービスをしようというのは、私は大賛成です。とくに、近年の高齢化や社会構造の変化などでお年寄りの独り住まいなども多く、よく孤独死のニュースなんかも目にしますので、これはうまく機能するようになると画期的な試みとなると思います。


そう言えば、宅配業者が事業に参入して郵便事業を圧迫するようになってから、郵便局員の応対もとてもよくなりました。
やはり、どの世界もこのようないい意味での競争が必要ですね。


↓ブログランキングに参加しています。読み終わったらクリックして応援してください。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メールマガジン登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスでき、とても便利です。