学院長元気の出るブログ

日々の随想。教育問題、子育て、英語、積極思考、人間関係、霊想等など。
読む人に元気を注入します。

ジョージ学院長 元気の出るブログ

ブログに関するご意見・ご感想は、こちらのフォームからお気軽にどうぞ

生涯現役!

2013.06.22日

今晩最終回のテレビドラマ「35歳の高校生」。
私は見たことないのですが、けっこう人気のようです。
米倉涼子が、生徒たちから見たらおばさんの年齢で、現役高校生として活躍しています。


さて、こちらは何と、生徒たちからすればひいおばあちゃんの年齢の83歳の女子高生。


%8F%E3%92%86%95%CA%95%7B.jpg
ユニホーム姿の上中別府さん。部室には直筆の応援の書が貼られている


川崎市立高津高校定時制4年生で、83歳の上中別府(かみなかべっぷ)チエさん(川崎市宮前区有馬)が、23日に相模原市で行われる高校定時制通信制軟式野球神奈川県大会の決勝戦にベンチ入りする。
 12番の背番号を付けて伝令で登場する予定で「全力で支える」と意気込む。好きな言葉は生涯現役。「家で縮こまっていてもしょうがない。何でも挑戦してみたい」と元気いっぱいだ。
 鹿児島県曽於そお市生まれで、地元の尋常高等小学校を卒業した。2人の子供を授かり、孫は5人、ひ孫が4人いる。小学校時代は、空襲に備えたバケツリレーの練習やなぎなたの訓練、農作業などで満足に勉強する時間がなかったという上中別府さん。76歳の時、英語を勉強したくなった。宮前区役所に相談したところ、川崎市立西中原中学校の夜間学級を勧められ、3年間通った。
 もっと勉強したいと、2010年4月に高校へ入学。学校で習ったことは必ず復習する。「若い人のようにすぐ理解するのは大変。できたっていう実感がほしいから復習するのよ」と語る。
 担任の中島克己教諭(45)が顧問を務める軟式野球部に手作りのパンや菓子などを時々、差し入れていた。昨年秋、中島教諭が同部に“スカウト”。部員からは「チエさん」と呼ばれムードメーカー的な存在で慕われている。部活は午後9時から1時間弱。球拾いなどを手伝うが、部員からもらったグラブをはめてキャッチボールをしたりノックを受けたりすることもある。
 野球部は週に3回参加し、帰宅は午後11時頃だ。授業の復習をするため就寝は午前0時を過ぎることもしばしばだが、午前8時前後には起床する。野球部のほか書道部と華道部にも在籍する充実ぶりで「毎日が楽しくて仕方がない」という。
 公式戦初出場は5月19日。四回までに11―1と大量リードしていたため、中島教諭のはからいで五回、左翼の守備についた。ボールは飛んでこなかったが、「ドキドキして寿命が3歳縮まった」と楽しそうに話す。
 中島教諭は「努力家。いつも自然体で、生徒を前向きにしてくれる」とたたえる。23日の試合で勝てば全国大会へ。上中別府さんは、「みんなが一生懸命練習する姿を見てきた。全力で応援する」と決勝戦が待ち遠しい。

(6月22日 読売新聞夕刊12面)


ドラマの中の35歳の女子高生より上中別府チエさんははるかにすごい。
「76歳で英語が勉強したくなった」というだけでも度肝を抜かれますが、中学校の勉強を終えてさらに高校に進学。
野球部のほか書道部と華道部にも在籍し、「毎日が楽しくて仕方がない」といいます。
圧倒されるのは、
学校で習ったことは必ず復習する。「若い人のようにすぐ理解するのは大変。できたっていう実感がほしいから復習するのよ」
と言っているところ。
現役の中高生みんなにぜひとも聞いて見習ってもらいたい言葉です。
これこそまさに勉強に限らず何かをものにしたいと思ったら、すべてに通じる基本中の基本。
それをちゃんと見抜いて、しかもきちんと実践しているところがお見事です。


日野原重明さんの今日のことば、「生き方のモデルを探し、モデルに学びましょう」に習って、昨日63歳の誕生日を迎えたばかりの若造の私も、上中別府さんを目標に生涯現役を目指して頑張る決意をしました。
明日23日の試合も、そして残る高校生活も全力で頑張ってください。応援しています。


↓ブログランキングに参加しています。読み終わったらクリックして応援してください。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メールマガジン登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスでき、とても便利です。