学院長元気の出るブログ

日々の随想。教育問題、子育て、英語、積極思考、人間関係、霊想等など。
読む人に元気を注入します。

ジョージ学院長 元気の出るブログ

ブログに関するご意見・ご感想は、こちらのフォームからお気軽にどうぞ

賢く年をとる

2013.03.24日

今日の読売新聞22面にとても興味深い記事が載っていました。去る3月15日に開催された「知の拠点セミナー」のあらましで、川島隆太教授(東北大学加齢医学研究所)が語っています。
題して「スマート・エイジング〜脳を鍛えて健やかに生きる〜」。下にご紹介します。


私たちは、年をとるということを否定的に考えがちだ。加齢は成長であり、賢く年をとろうと考えるのがスマート・エイジングだ。
大切なのは、@脳を使うA体を使うBバランスの取れた食事C人と関わる習慣−の4点だ。
脳についていえば、たとえば記憶や学習、感情の制御などに関係する大脳の背外側前頭前野という部分の能力は、加齢とともに落ちてしまう。
だが、短期の記憶力を鍛えることで、様々な脳の機能が上がることがわかっている。専門用語では転移の効果という。
また、読み書きや計算のとレニーニングで、高齢者の認知症の症状が改善した例もある。学習療法とよばれており、導入することで社会保障費の抑制にも役立つと考えている。

(講演の詳細が後日ヨミウリ・オンラインに掲載されるそうで、楽しみです)


なるほど、そういうことだったのか!
私はこれまで「年をとること」をまさに否定的に考えてきました。「加齢は成長であり、賢く年をとろう」というのは、本当に目からウロコです。
また、「短期の記憶力を鍛えることで、様々な脳の機能が上がる」というのも私にとってはすごい発見です。


3日前、3月22日に私たちは31周年結婚記念日を迎えました。
ちょうどこの日、Facebookに下の写真がFBフレンドの小川さんによって紹介されていました。


夫婦愛は、鳥も同じ…。
(右・夫) お前、長い間、苦労をかけたなぁ。
(左・妻) いいえ、あなたあっての私ですわ。
(訳: 小川政弘)


birds.jpg


これを見て、
「夫婦愛、いいですねぇ。私たちは今日、31回目の結婚記念日です。感謝です」と投稿したところ、川柳をやっている別のFBフレンドの廣石さんが次のように言ってこられました。
「舟田先生おめでとうございます。今までもよかったでしょうがこれからがいいですよ 鳥の巣が 空で楽しむ 夫婦鳥」


「そうか、これからなんだ…」
人生の大先輩である小川さんと廣石さんに習って、私も円熟を目指して頑張りすぎず、楽しみながらやっていこう、賢く年をとっていこう、と決意を新たにした次第です。
毎日、励ましてくださっているFBフレンドの皆さん、感謝します。


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メールマガジン登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスでき、とても便利です。


↓ブログランキングに参加しています。読み終わったらクリックして応援してください。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村