学院長元気の出るブログ

日々の随想。教育問題、子育て、英語、積極思考、人間関係、霊想等など。
読む人に元気を注入します。

ジョージ学院長 元気の出るブログ

ブログに関するご意見・ご感想は、こちらのフォームからお気軽にどうぞ

オバマを大統領にした人

2013.03.29日

obama.jpg


ある夜、オバマ大統領とミシェル夫人は、いつもとはちょっと違うことをしようと思い、それほど高級でないレストランへごく普通の食事をしに出かけることにしました。二人が席に着くと、レストランのオーナーが大統領の護衛に、どうしてもミシェル夫人と個人的にお話がしたいと頼みました。
二人の会話が終わり、オバマ大統領は妻に尋ねました。
「オーナーはいったいなぜ君とそんなに話したがっていたの?」
ティーンエイジャーの頃、オーナーが彼女に夢中だったのだとミシェルは答えました。
するとオバマ大統領が言いました。
「じゃあ、もし君が彼と結婚していたなら、今ごろ君はこの素敵なレストランのオーナーになっていたんだね」
ミシェルは答えました。
「いいえ、もし彼と結婚していたなら、彼は今ごろ大統領になっていたわ」


信じられないことかもしれませんが、男性がどのような人物になるかというのはときに女性自身の手にかかっています。
だから、今自分の伴侶を探している未婚の男性の皆さん、あなたを「無名の人物」から「ひとかどの人物」にしてくれるような伴侶に出会えますように。
そして今これを読んでいる未婚の女性の皆さん、あなたなしではどんな男性にもできないようなその祝福の基にあなたがなれますように。

(Facebook "Relationship Lessons" さんの記事を翻訳)


私は上の記事を読んで思わず吹き出してしまいました。
でも、最後の部分のコメントを見て、なるほどその通りだと納得させられました。
オバマ大統領のことについてはこのブログでも何度か記事にしてきました(「オバマ大統領誕生!」ほか)。
「犯罪の影に女あり」などとよく世間では言いますが、本当は「偉人の影に女あり」です。
私などは名もなき小さな者ですが、それでも背後に妻の働きがあったことは紛れもない事実で、本当にいつも感謝しています。
偉大なる女性に拍手!


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メールマガジン登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスでき、とても便利です。


↓ブログランキングに参加しています。読み終わったらクリックして応援してください。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村