学院長元気の出るブログ

日々の随想。教育問題、子育て、英語、積極思考、人間関係、霊想等など。
読む人に元気を注入します。

ジョージ学院長 元気の出るブログ

ブログに関するご意見・ご感想は、こちらのフォームからお気軽にどうぞ

81歳で中学を卒業!

2013.03.20日

「一つずつ勉強ができるようになるのが、うれしかった」。そう話す見目(けんもく)律子さん(81)=埼玉県川口市=は十九日、東京都荒川区立第九中学校(同区東尾久)夜間学級を、十代の若者や外国人ら二十六人の同級生とともに卒業した。若いころ学べなかった英語や数学を理解できる喜びを深めようと、四月から定時制高校に進学する。 (竹上順子)
 約百五十人の卒業生の最前列に夜間学級生が並んだ卒業式。石崎和夫校長(60)は式辞で八十一歳の見目さんに触れ「意欲に頭が下がります」と話した。


graduation.jpg
(卒業証書を授与される見目律子さん=19日、東京都荒川区の区立第九中学校で)


 栃木県で生まれ育った見目さんは太平洋戦争中、国民学校初等科を卒業。高等科は家庭の事情で一年で辞め、家の手伝いや畑仕事などをしていた。
 二十七歳で結婚。三十代後半から給食の調理師を務め、共働きで三人の子どもを大学へ行かせたが、勉強を教えられなかった。
 同窓会や町内会の会合に出ても、発言を控えがちだった。勉強をしていない自分に、気後れしていた。通信教育も考えたが「基礎ができていない私には無理」と諦めた。
 「悔いを残したくない」と、七十八歳で地元の市役所に相談。夜間学級の存在を知ったが、埼玉県内にはなく、どうにか通える荒川区立第九中に入学。
 午後三時ごろ家を出て、バスとJR、都電荒川線を乗り継ぐ片道二時間近くの登校。帰宅は同十時半すぎ。足腰への負担から整骨院にも通った。
 分数の計算が理解でき、街の看板の英語が読めた。分かること、できることが増えるのは楽しかった。
 苦手の数学を克服しようと、夏休み中も毎日のように登校。「本当に一生懸命。向学心を抱く生徒に教師も真剣に応える、教育の原点があった」と松田公好副校長(54)。十代の級友も刺激を受け、勉強に取り組み始めた。
 級友は十〜二十代が多く、中国人やネパール人、ロシア人も。一緒に食べた夜の給食、新潟への修学旅行。思い出は尽きない。
 一昨年秋には荒川区内で開催された「中学生の主張」大会に学校代表で出場し、学ぶ喜びをつづった作文「私の再出発」を発表。同居の次女(50)に「お母さん、青春してるね」とからかわれた。
 進学先は都立飛鳥高校(北区王子)の定時制。「勉強に欲張りになったの」。自信を胸に、笑顔を輝かせた。

(東京新聞 3月19日夕刊 「夜間中学 81歳卒業の春 川口−荒川2時間かけ登校」より)


学校が嫌い、勉強が嫌いと言う子どもたちに聞かせたい言葉です。
見目さんがおっしゃっているように、「分数の計算が理解でき、街の看板の英語が読めた。分かること、できることが増えるのは楽しい」ものなのです。
そして、これこそが勉強の本質です。
子どもたちが勉強嫌いなのは親を始め、学校の教師や塾の講師など大人の責任です。
勉強を強制し、脅し、罰を与える。これで勉強が楽しくなるわけありません。


「苦手の数学を克服しようと、夏休み中も毎日のように登校」。
そう、誰にでも苦手はあるものです。しかし、一生懸命取り組むなら、教師も本気で応えてくれる。そして、一つひとつ苦手をつぶしていく。
勉強とはこの積み重ねです。一朝一夕にできるようになるものではありません。みんな陰で努力しているのです。
上の新聞記事は、勉強に対する姿勢、努力、楽しさなど、本当に大切なことを教えてくれています。


見目さん、中学ご卒業、そして高校進学、おめでとうございます。
高校でも引き続き頑張ってぜひとも夢をかなえてください。


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メールマガジン登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスでき、とても便利です。


↓ブログランキングに参加しています。読み終わったらクリックして応援してください。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村