学院長元気の出るブログ

日々の随想。教育問題、子育て、英語、積極思考、人間関係、霊想等など。
読む人に元気を注入します。

ジョージ学院長 元気の出るブログ

ブログに関するご意見・ご感想は、こちらのフォームからお気軽にどうぞ

おばあさんは川へせんたくに…

2012.11.19日

「むかしむかし、あるところに、おじいさんとおばあさんが住んでいました。
おじいさんは山へしばかりに、おばあさんは川へせんたくに行きました」


日本人ならだれでも知っている桃太郎の出だしの部分です。
実に単純明快なストーリーですが、この「おじいさんは山へしばかりに、おばあさんは川へせんたくに行きました」にとても深いレッスンが秘められていることに気づきました。


去年の3.11の東日本大震災のとき、私の住んでいる神奈川県でも大きな揺れがあり、交通が麻痺しましたが、目立った被害というものはありませんでした(「地震のお見舞いをありがとうございます」)。
しかしその後、計画停電なるものが東電によって実施され、平塚市も対象地域になりました。
市役所から毎朝9時過ぎに流される広報の、エコーして聞き取りにくい停電の情報に耳をそば立て、それにあわせて塾を休校にするかどうか決め、手分けして生徒の家に電話したり、休校措置のためなくなった授業の振り替えの時間割を組んだり、その連絡をしたり、と朝から晩までてんてこ舞いでした(「地震の影響」「計画停電の最新情報です」)。
その10日ほど前に、義母が交通事故に遭い、妻がそのため実家に帰っていました。いつもは私の右腕として事務的な仕事を完璧にこなしてくれていた妻が不在だったため、責任が私の肩に重くのしかかり、極度のストレスがいくつも重なって、ついに私は体調を崩してしまいました。


何もしていないのに急に胸がドキドキしてきたり、めまいに襲われたり、吐き気を催したり、これが授業中も、送迎バスを運転しているときも、眠っている夜中も、時を選ばず突如起こり、ついにダウンしてしまいました。
私の現在の体調不良の原因はここにありました。
1年半あまり経ち、ようやく精神的に少しゆとりが出てきて、当時のブログを読み直すと、毎日の緊張や塾の様子などがよみがえってきます。


以来、私の仕事を妻や息子、娘、塾の先生方が分担してくれて、肩の荷を少しずつ下ろすことができるようになりました。
今もまだ吐き気と隣り合わせのような毎日を送っていて、夜中一睡もできないこともしばしばです。


しかし、考えてみたら、私のストレスや苦しみなどは、被災地の人たちとは比べものになりません。
被災地では、愛する家族や親族・友人を始め、家や車・家財道具・船などの仕事道具・土地、仕事、その他多くのものを失い、今も避難所や仮設住宅に住んでいらっしゃる方々が大勢いらっしゃいます。
現地でさまざまなボランティア活動や、体を張って放射能の除染活動をしていらっしゃる方々も数え切れないほどいらっしゃいます。
このようなことを考えると、私など不満を鳴らすことなど決してできません。


ちょうど、私の仕事を周りの人たちが分担してやってくれているように、被災地でも多くの人たちがそれぞれの持ち場立場で力を出して、助け合っています。
「そうだ。人というのはひとりでは生きていけない。みんながお互いを必要とし、助け合いながら生きているんだ」
冒頭の桃太郎の物語に登場するおじいさんとおばあさんが役割分担をして仕事をしているように、私たちもみんな自分にできることをして助け合っています。


これはなにも大人の世界に限ったことではありません。
子どもには子どもなりの仕事があります。
必ずしも何かするという具体的な仕事でなくても、家族の中に存在するというだけでも大きな役割を果たしています。
家庭において、おじいちゃんやおばあちゃんもそれぞれに貢献しています。
あらゆる職についている人が、それぞれに分を果たしています。


世界に目を移しても同じです。
あらゆる国が、国民、民族がそれぞれに果たすべき責任や役割があります。
今、日本と中国は尖閣諸島の領有問題で衝突し、その結果、お互いに経済面のみならず、さまざまな分野で痛みや苦しみを味わっています。
中東の国々も同様です。
私たちは地球人として、お互いに助け合わなければなりません。


国内では、衆院が解散され、総選挙が行われますが、自分の政党の利益などを優先して考えていてはだめです。
みんな、自分に与えられている使命や責任をきちんと全うして、お互いに助け合っていくなら、家庭も、学校も、職場も、日本も、世界も、もっともっと平和になり、住みやすくなります。
私たちも、桃太郎に登場するおじいさん、おばあさんに学ばなければなりません。


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メールマガジン登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスでき、とても便利です。


↓ブログランキングに参加しています。読み終わったらクリックして応援してください。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村