学院長元気の出るブログ

日々の随想。教育問題、子育て、英語、積極思考、人間関係、霊想等など。
読む人に元気を注入します。

ジョージ学院長 元気の出るブログ

ブログに関するご意見・ご感想は、こちらのフォームからお気軽にどうぞ

卒デミー

2012.03.11日

今日は「卒デミー」。アカデミー学院の卒塾式の日でした。
金曜日の夜中、東名を走って名古屋の義母の様子を見に行って二泊し、今日の昼過ぎに名古屋を発って直接愛川ふれあいの村に向かいました。


先生や生徒たちはすでに昼間にボウリングなどを楽しんできて、野外炊事のカレーを食べ、お風呂も入っていましたが、夜の7時から始まる行事を全く知らされていません。
妻と私は夕方6時過ぎに現地に着き、一行に合流しました。
そして簡単な打ち合わせをして本番に臨みました。


幾晩も徹夜して、延べ何百時間もかけて先生たちが準備した卒塾式は、予想をはるかに超えた感動的なものでした。
荘厳な雰囲気の中、学院長の言葉に始まり、元講師からの祝電披露、卒塾証書授与と続き、その後先生たちが制作した生徒たちの思い出ビデオ上映。
授業の風景やさまざまなイベントの写真や動画。
3年前の可愛い生徒たちが見違えるほど大きく、立派になっています。
そして、先生たち一人ひとりから生徒への愛情こもったメッセージ。


先生たちも、生徒たちも、みんな涙、涙、涙...。
目を真っ赤に泣き腫らし、鼻をかむティッシュの山。
続いて、生徒たちから先生たち一人ひとりに感謝のことば。
「数学が大嫌いだったのに、先生に習って大好きになりました」
「悩んで苦しんでいる時に親身になって相談にのってくださり、乗り越えることができました」
「授業がわかりやすく、楽しく、勉強が好きになりました」
「長い間、親以上に面倒を見ていただき本当に感謝しています」
泣きながら言葉にならないこともしばしば。
延々と続く感謝・感激の言葉にまた涙、涙、涙。
こんなに感動的な塾の卒業式がいったいどこにあるでしょう。


そして、今度は生徒たちが制作したという思い出ビデオの上映。
最後に、横に並んだに何人かの女子生徒たちが手に持った紙を開けると、
「うとがりあYM∃DACA」。
ん?なんだこりゃ??
すると誰かが、「右から読むんです」で、みんな大笑い。
Eが逆さまなのがまたご愛嬌。


sotudemy.jpg
記念写真では、文字は左から読めるようになりました。
でも、Dがまたしても逆さま。


卒塾式が終わり帰りの車の中で思いました。
もし、私が普通に学校の教師になっていたとしたら、多分校長まで務めて、卒業式で卒業証書を同じように生徒たちに授与して、定年退職していただろうけど、生徒一人ひとりに対する思い入れはなく、感動も涙もなかっただろう。
こんなに感動的な卒塾式ができて感謝、感激、雨、あられ。
学校の教師にならず、塾の仕事をしてきて本当によかった、と先生たち生徒たちに心から感謝した次第です。


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メールマガジン登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスでき、とても便利です。


↓ブログランキングに参加しています。読み終わったらクリックして応援してください。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村