学院長元気の出るブログ

日々の随想。教育問題、子育て、英語、積極思考、人間関係、霊想等など。
読む人に元気を注入します。

ジョージ学院長 元気の出るブログ

ブログに関するご意見・ご感想は、こちらのフォームからお気軽にどうぞ

美しいハーモニー

2012.03.07日

去る1月26日に銀座王子ホールで催されたラ・ストラヴァガンツァ東京の公演を今朝、テレビで見ました。
私はもともとヴィヴァルディを始めとするバロック音楽は大好きなのですが(「いやしのバロック」)、今日は心ゆくまで堪能させていただきました。


とくに見事と思ったのは、メンバーの息の合ったところ。
4人のヴァイオリニスト、2人のヴィオリスト、あとチェロ、コントラバス、リュート、チェンバロの奏者がそれぞれ一人ずつの10人のメンバー。
みんな、演奏を心から楽しんでいるというのが伝わってきます。
曲の始めは、もちろん指揮者などなしで、ピタッと全員が合っています。プロですから当たり前のことですが。


あまりの美しさにしばし時を忘れて、演奏される曲の中をまるで夢の中にいるかのように漂っていました。
17世紀以来ずっと、これらの曲が数えきれないほど多くの人々によって演奏され、そして聴かれ、愛されてきたのです。
ふと思いました。
音楽の美しさは、そのハーモニーにあると。


しかし、ハーモニーは何も音楽に限ったことではありません。
家庭におけるハーモニーや職場、学校や部活動におけるハーモニーなどもあるでしょう。
メンバーの息がピッタリ合っていたら、そこには必ず美しいハーモニーがあります。


私は我が家のハーモニーを、そして職場であるアカデミーのハーモニーに心から感謝しました。
とくにうちで働いている先生たちのハーモニーはラ・ストラヴァガンツァ東京に劣らないほど(ちょっとオーバーですが)見事です。
個々の先生たちの授業などの働きもさることながら、何かことをする時のハーモニーは本当に見事です。
私などはどちらかと言うと、これまで一匹狼的なところが強かったので、このような先生たちのハーモニーを見ていると羨ましいほどです。とくに今は、4日後に迫った「卒デミー」という卒塾式です。このために先生たちが時間を惜しまず入念に準備を進めています。
これまでの卒塾式でも、それこそ分単位どころか秒単位での緻密なスケジュールで、参加した生徒たちをみんな大いに感動させてきました。


ハーモニー。
これは今の日本の社会にも、そして世界にも求められています。
みんなが心を一つにして、力を合わせるなら、常識では考えられないようなことがどんどんできるようになります。
今日は、朝の美しい音楽のハーモニーを見て(実に曲目の一つは「調和の霊感」)、一日幸せな気持ちでいることができました。
ハーモニーは美しく、そして癒しの力もあります。


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メールマガジン登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスでき、とても便利です。


↓ブログランキングに参加しています。読み終わったらクリックして応援してください。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村