学院長元気の出るブログ

日々の随想。教育問題、子育て、英語、積極思考、人間関係、霊想等など。
読む人に元気を注入します。

ジョージ学院長 元気の出るブログ

ブログに関するご意見・ご感想は、こちらのフォームからお気軽にどうぞ

ザ・パワー

2011.09.10日

先日、書店で新刊書をいくつか手にして中身をパラパラ見ていました。
パッと見た瞬間すぐにわかった本がありました。
2年前に読んだ本とそっくりの装丁で同じ著者によるものだとピンときました。
本のタイトルは『ザ・パワー』
前作は『ザ・シークレット』
この本についてはこれまで私のブログに何度も登場しています。(「あなたの望みをかなえよう」「成績不良から億万長者に」ほか)。
この手のものは波長が合うので、自然と目が行きます。
ところが、私はこの本を買いませんでした。


家に戻るとすぐにインターネットのebayで検索し、著者自ら本を朗読しているThe Secret: The Power (Audio CD) を注文しました。いつもやる手です。
その理由はいくつかあります。
CDだと車を運転しながらでも聞くことができて時間がセーブできること、著者の朗読なので直接語りかけられているような感じがして二重に得したような気になること、何十回でも繰り返し聞くことができ本を1回2回読むよりもはるかに記憶にしっかりと残ること、そしてその結果、教えられたことを日常生活の中で実践しやすくなるなどです。


そして10日ほどたって届いたCDを早速運転しながら聞きました。
乗用車だったこともあり、その音響効果や臨場感はまるで映画館の中にいるようで圧倒されました(上の本のリンクでオープニングの迫力ある映像と音声を味わうことができます)。
以来、毎日毎日、送迎バスを運転しながら聞いていますが、昨日5枚のCDを全部聞き終えました。


著者、ロンダ・バーンはオーストラリアの方で、英語の発音が私の慣れているアメリカ英語とは違うのでちょっと違和感を覚えます。もっとも、長年のオーストラリア人の友人のお陰で慣れてはいますが(「夫婦円満の秘訣」)。
たとえば、can't は「キャント」ではなく「カーント」、more は「モア」ではなく「モー」、always は「オールウェイズ」でなく「オーウェイズ」、fire は「ファイア」でなく「ファアー」といった感じです。
外国人の私が言うのも生意気ですが、著者の発音はなんとなく舌足らずのような感じで可愛いです。


さて、肝心の本の中身ですが、前作の『ザ・シークレット』と非常によく似ていて、一貫して「与えれば、受ける」、「愛を与えなさい」、「感謝しなさい」というメッセージです。
とくに目新しいところはないのですが、それでもとてもインスパイアーされます。
そして、生活のさまざまな面に教えられたことを取り入れて実践するように努めています。
具体的な内容についてはまた追ってこのブログの中でご紹介させていただきます。
ご興味がある方は、ぜひ本をご一読されることをお勧めします。


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メルマガ登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスでき、とても便利です。


↓ブログランキングに参加しています。読み終わったらクリックして応援してください。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村