学院長元気の出るブログ

日々の随想。教育問題、子育て、英語、積極思考、人間関係、霊想等など。
読む人に元気を注入します。

ジョージ学院長 元気の出るブログ

ブログに関するご意見・ご感想は、こちらのフォームからお気軽にどうぞ

突然の来訪者

2010.08.07日

昨日は塾に突然の来訪者がありました。
夜7時に授業が始まった直後、玄関のチャイムがなり、ドアを開けるとバックパックを背中に負い、Tシャツに半ズボン姿の日焼けした青年が立っています。
なんかどこかで見かけたことのあるような感じがしたのですが、初対面でした。
名前を名乗って、ロサンゼルスで息子さんの直人さんにお世話になっています、と言います。
昨夜はたまたま私の授業が入っていなかったので、教室にご案内してお話を伺うことにしました。


日本の高校を卒業して1年前にアメリカに渡り、通い始めた大学で直人と出会ったとのこと。
そして直人の行っているキリスト教会に通い始め、つい1か月ほど前に信仰を決断したそうです。
そしてこの夏休み日本に戻ってきて、実家のある佐賀県でしばらく家業を手伝い、その後福岡から東京までヒッチハイクをしてきたと言います。
高速では、サービスエリアから次のサービスエリアまでというふうにして、何人もの人の車に乗り継いで東京まで行ったそうです。
小学生時代は野球を、中学3年間は足腰を鍛えようと柔道を、そして高校では好きだった野球を再びやった、というだけあってたくましいスポーツ青年でした。
クラスを見学してもらった後、我が家にお迎えして夕食を一緒に。


とても明るく、かつ礼儀正しく、本当にまさに好青年でした。
駅まで車で送る道、今日せっかく来たので、お別れする前に何か私にメッセージをください、と言います。
そこで私は、常々考えている、人生でなくてならないものについて話しました。
すると、それはなぜですか?と尋ねます。
そして、それに答えてまたしばらく話しました。
車を降りるときにはニコニコして、両手で私の手を取って固く握手してくれました。


送迎が終わって塾に戻ると、先生たちもみんな彼のことを好青年だ、去年までうちで教えていたH先生にとてもよく似ていた、と私と同じ印象を持っていたようです。


実家から東京まで高校生のときに次いで2度ヒッチハイクで行ったそうです。
そして前回、ヒッチハイクしたときに途中から東京まで乗せてもらったのがキリスト教会の牧師だったということで、今日はその牧師を訪ねて自分がクリスチャンになったことを伝えお礼を言おうと思っているとのこと。
きっと彼の誠実さが人々の親切を引き寄せたのだと思います。
ここでも「引き寄せの法則」が働いています。


彼から教えられたこと、それはいい意味での「貪欲さ」です。
あさましい貪欲さは私も苦手です。
でも、積極的に何でも学ぼう、得ようとする貪欲さは大歓迎。
何事に対しても貪欲な彼は、将来何をやってもきっと成功するだろうと確信し、彼の祝福を祈りました。


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メルマガ登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスできます。


↓ブログランキングに参加しています。読み終わったらクリックして応援してください。


にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へ
にほんブロ グ村