学院長元気の出るブログ

日々の随想。教育問題、子育て、英語、積極思考、人間関係、霊想等など。
読む人に元気を注入します。

ジョージ学院長 元気の出るブログ

ブログに関するご意見・ご感想は、こちらのフォームからお気軽にどうぞ

クラシック音楽の効用 3

2009.09.07日

私はクラシック音楽が好きです。
先日ブログに書いたノーベル賞受賞者の益川さんもバッハ、ベートーベン、バルトークが好きとのこと。
天才アインシュタインもクラシックを愛し、ヴァイオリンを生涯演奏していたそうです。


これまで私は何となく波長が合うという感じで、クラシック音楽を聴いていたのですが、NHKの番組「名曲探偵 アマデウス」を見るようになって、クラシック音楽の面白さ、深さを改めて知るようになり、ますます好きになりました。
これは娘のお気に入りの番組で、私も一緒に見ているうちにすっかりとりこになってしまいました。
一つひとつの曲に名前がつけられていて、その音楽の中に曲名に表された意味が込められているということを、この番組で初めて知りました。
そして、作曲者や曲のバックグラウンドの知識があると、今まで以上に音楽を楽しめるということを発見しました。
昨日はロシアの作曲家ボロディンの「ダッタン人の踊り」でしたが、曲の背景を知ると今まで以上に面白くなりました。(再放送 9月8日(火) 午前8時00分 BShi,9月11日(金) 午前8時15分 BS2)


クラシック音楽と聞いただけで、眠くなるとか、退屈だとか、つまらない、という人がよくいるのですが、このTV番組は、そのような人にとってもクラシックの入門になると思います。
お薦めの番組です。
このほかにも、NHKではいろいろなクラシック音楽番組を毎週やっています。


のだめカンタビーレというアニメで、日本でも今やクラシック音楽がブームになりました。これはTVドラマ化されるほどの人気でした。


クラシック音楽は、頭を良くし、集中力を高め、心を和ませ、病気を癒してくれる効用すらあります。
ぜひ、クラシック音楽に親しんでください。


↓ブログランキングに参加しています。よろしければクリックして応援してください。↓


にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へ
にほんブロ グ村