学院長元気の出るブログ

日々の随想。教育問題、子育て、英語、積極思考、人間関係、霊想等など。
読む人に元気を注入します。

ジョージ学院長 元気の出るブログ

ブログに関するご意見・ご感想は、こちらのフォームからお気軽にどうぞ

魔法のランプ

2009.05.05日

今日、書店でいろいろな本を手にとって見ていたとき、面白い話が目に飛び込んできました。


日本の総理大臣が道を歩いていたら魔法のランプを見つけた。
こすると中から妖精が出てきて、
「あなたの望みを何でもかなえましょう」
と言った。
そこで総理大臣は言った。
「日本は今大変な経済危機に面しています。この大きな借金を何とかしてください」
すると妖精が答えた。
「いくら妖精でもできることとできないことがあります。そんな天文学的な数字の借金は無理です。
何かほかの望みを言ってください」
総理大臣
「今、日本は中国との関係がうまくいっていません。中国人にもっと日本のことをよく理解してもらいたいのですが」
妖精
「... 日本の今の借金はいくらですか?」


記憶に頼って書いているので正確な引用ではありませんが、だいたいこんな感じの内容でした。
私は思わず吹き出してしまいました。


『アラビアンナイト』の中のアラジンと魔法のランプの話は有名です。
中国で母親と貧乏暮らしをしていたアラジンが叔父を騙るアフリカ出身の魔法使いにそそのかされて、穴倉の中にある魔法のランプを手にしたところから物語が始まる。
そのランプを擦ると魔神があらわれた。魔神はランプを擦った者の願いを叶える力があり、アラジンはその力を使って大金持ちになり、皇帝の娘と結婚する。(ウィキペディアから)


この物語は『ドラえもん のび太のドラビアンナイト』にも使われていて、ご存じの人も多いことでしょう。
ほとんど人はアラビアンナイトあるいはドラビアンナイトを見て(読んで)単なるおとぎ話、子供だましの物語と思います。
しかし、この物語に登場する魔法のランプの魔神ジーニの言う
「あなたの望みをかなえてあげましょう」
(英語では Your wish is my command. 文字通り訳すと「あなたの望みは私の命令だ」で、意訳すると「仰せのとおりにいたします」「何なりとお申しつけください」)
という言葉は、何と私たちの日常の生活の中で数え切れないほど実現されています。


ドラえもんの主題歌の歌詞は次のようです。
「こんなこといいな できたらいいな
あんなゆめ こんなゆめ いっぱいあるけど
みんなみんなみんな かなえてくれる
ふしぎなポッケで かなえてくれる
そらをじゆうに とびたいな
『ハイ!タケコプター』
アンアンアン とってもだいすきドラえもん」


昔、ひとりの人が「馬の要らない馬車を作る」と言ったとき、周りの人たちはみんなバカにして笑いました。しかし、これが自動車になりました。
「あの大きな山がじゃまだ。穴を掘って向こう側に行きたい」と思った人がダイナマイトを発明しました。
「海を越えてよその国に行きたい」という思いが船を作らせました。
「遠く離れた人と話したい」という願いが電話機の発明につながりました。さらに、
「電話を持ち歩いてどこでも使いたい」という夢が携帯電話を生み出しました。
「月に行ってみたい」という夢物語が1969年7月16日にアポロ11号で実現しました。
どの夢も、最初は荒唐無稽、誰からも相手にされませんでした。


もちろん魔法のランプから魔神が出てきて夢をかなえてくれたわけではありませんが、魔法のランプは人の心の中にあるのです。
自分が本当に望むなら、それを実現させようとして人は知恵の限りを尽くし、失敗しても失敗してもあきらめず、ついに手に入れることができるようになります。
これが人間に与えられた無限の知恵、知能です。


そしてこれは、何も特別な才能のある人だけに与えられているのではなく、誰にでも与えられています。
あなたも、望むなら、本当に望むなら、どんなことでも実現させることができます。
"Your wish is my command."
「あなたの望みをかなえよう」
学業でも、部活でも、受験でも、仕事でも、人間関係でも、どんなことでも実現します。
要はあなたが心からそれを望み、実現させるまであきらめない、という決意をしているかどうかです。


↓ブログランキングに参加しています。よろしければクリックして応援してください。↓


にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へ
にほんブロ グ村


にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村