学院長元気の出るブログ

日々の随想。教育問題、子育て、英語、積極思考、人間関係、霊想等など。
読む人に元気を注入します。

ジョージ学院長 元気の出るブログ

ブログに関するご意見・ご感想は、こちらのフォームからお気軽にどうぞ

ペイ・フォーワード

2009.01.03日

『ペイ・フォワード』という映画を皆さんはもうご覧になりましたか?
2000年の作品なので9年近くも前に作られたことになります。テレビでも放映されたことがあるようです。封切された当時、私は興味を持っていたのですが見そびれてしまって、いつか見ようとずっと思っていました。
そしてついに昨日、レンタルDVDで見ました。まさに私が思っていたとおりの映画で、最後のシーンは感動で涙が止まりませんでした。
 

pay-forward.jpg


映画会<アカデミーSHOW>で次回にでも上映したいと思うので、詳しい内容はここでは書きませんが、おおまかな内容は次のようなものです。
人は他人から何か厚意を受けると、普通その相手にお返しをしようとします。しかしそれでは、その厚意は当事者間のみで完結してしまいます。
この「厚意」を受けた相手に返す(ペイ・バック)のではなく、別の人に別な形でお返し(ペイ・フォーワード)していくと、善意の輪が知らず知らずのうちにどんどん広がっていきます。
やがてそれは私たちの家族を、友達を、学校を、社会を、国を、世界を変えていくことになる、という話です。


これは普段私がこのブログに書いているのとよく似た考えです。
「平和」 「思いやりの心」 「新しい年に期待すること」
私はこの映画を見て、本当にうれしくなりました。私が言っていることは、単なる理想論ではない、ということです。


学校などでも上映されているようで、とても教育的な映画です。途中、一部?なシーンもありますが、見た人はほとんどみんな大きな感動を覚え、その人からこの小さな親切運動が広げられていっているようです。
実際、ペイ・イット・フォーワード財団まで作られていて、この運動は世界に広がっているとのことです。
アメリカでは、高速道路の料金所で料金を支払うとき、次に来る人の分まで支払ってあげる、などが実際に行われていると聞きました。
人は自己中心で、悪意も持っていますが、善意も持ち合わせており、捨てたものではありません。


この映画についてネットで調べていたら、次のサイトが見つかりました。ぜひご覧ください。 
pay-forward_move.gif 
あなたにも世界は変えられますをクリック


心温まる、お奨め映画です。
この新しい年、アカデミー学院でもこのような運動が広げられていくといいなと思います。
そのためにはまず、私自身からその運動を始めないと。


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メルマガ登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスでき、とても便利です。


↓ブログランキングに参加しています。読み終わったらクリックして応援してください。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村