学院長元気の出るブログ

日々の随想。教育問題、子育て、英語、積極思考、人間関係、霊想等など。
読む人に元気を注入します。

ジョージ学院長 元気の出るブログ

ブログに関するご意見・ご感想は、こちらのフォームからお気軽にどうぞ

私たちが運転する車は、私たちについて多くを語る

2018.11.21日
alexandrapaul1.jpg


"The cars we drive say a lot about us."
--Alexandra Paul 1963ー , Actress, activist, health coach, and former model
「私たちが運転する車は、私たちについて多くを語る」
--アレクサンドラ・ポール、女優・政治活動家・ヘルスコーチ・元モデル
(訳 舟田譲二)


上の言葉はじつに的を射た名言だと思います。
たとえば、赤いスポーツカーを運転している人と白いプリウスのようなおとなしい感じの車を運転している人、軽乗用車を運転している人とベンツのような高級車を運転している人では、やはりその人の性格や社会における立場や趣味等々、いろいろな面が現れます。


さて、それでは次の問題に答えてください。


IMG_4012%20%281%29.jpg


「注意す」る?
「気をつけ」る?


いいえ、違います。
答えは「性格が出」る。


これはあるアプリで見つけたもので、思わず大笑いしてしまいました。
「なるほど」と思いません?
「黄信号」は「注意する」と思っている人が多いのですが、上の質問の正しい答えは「止まれ」です。皆さんはこのこと知ってました?


黄色信号がチカチカと点滅している場合は、注意して進むことが認められています。
また、点滅でなく黄色の信号が表示されたときに、停止位置に近づきすぎていて安全に止まることができない場合や後続車と衝突の恐れがあるときは注意して進むことができます。
停止線を越えているときに黄信号になった場合は、交差点内での停止は許されないので、注意して速やかに交差点を出ることになっています。


ところが、見ていると黄色が点滅し始めると赤に変わる前に交差点を通過したいためにスピードを上げて交差点に突入する人がとても多いです。
黄信号になってからでも交差点に突っ込んで来る人は結構多く、さらに性質(たち)の悪いのは黄信号が赤信号に変わってからでも交差点をすり抜けようとする人です。
実際のところ、交通事故で一番多いのは交差点内で、しかも交差点内における事故の一番の原因が黄信号や赤信号での交差点突入です。


ということで、上の問題の黄信号は「性格が出る」という名答(迷答)になるのです。
丁寧な運転と乱暴な運転など、運転の仕方を見ると、その人の性格などが出てきます。
ですから、「私たちが運転する車は、私たちについて多くを語る」のです。
皆さんの運転は大丈夫ですか?
そう言えば、「注意一秒、怪我一生」という交通標語もありましたね。
さらに、「性格が出る」だけだとまだいいですが、事故になって「死傷者が出る」ことになったらそれこそ大変です。
危険極まりない黄信号での交差点突入は絶対にやめましょうね!


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メルマガ登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスできます。


↓ブログランキングに参加しています。
記事がお気に召しましたら下の [塾教育] のマークをクリックして応援してください。
励みになりますのでよろしくお願いします。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村

自尊心と思いやり

2018.11.20日
respect-quote_self-respect-knows-no-considerations-mahatma-gandhi-eb7b1.jpg


"Self-respect knows no considerations."
--Mohandas Gandhi - 1869-1948 - Politician - Writer
「自尊心は、思いやりというものを知らない」
--モハンダス・ガンディ、政治家・作家
(訳 舟田譲二)


「自尊心」とは、わかりやすい言葉で言えば「プライド」のことです。
正しい意味でのプライドは必要ですし、また大切です。
プライドがない人とは、セルフイメージがとても低くて自分に自信がなく、卑屈になっていたりして、自分の内に価値がないと思い込んでいます。
これは明らかに正しいセルフイメージではありません。
なぜなら、人にはだれでも価値があるからで、自分の価値を知らないと社会で生きていくのは大変になります。


まったくプライドがないと思われるような人もときにいますが、たいがいの人はプライドを持っています。
しかし、この「プライド」はまた同時にくせ者です。
変にプライドが高いと、人を見下したり、人との接し方、言葉遣いが横着になったりして、ひいてはこれがパワハラにつながることもあります。


ここまでひどくなくても、私たちが普通に持っているプライドは、夫婦間・親子間・きょうだい間・友人間などで、ときに良好な人間関係を壊します。
すなわち、自分の非を認めるのが嫌なため相手を思いやることができず、相手の責任にしたり、相手を責めたりして、ごく些細なことで大喧嘩になったりすることがあります。
このように、「自尊心は、思いやりというものを知らない」のです。


このように、過ぎたるプライド(自尊心)は、大切な人間関係を損なうことがあります。
この点、正しいセルフイメージを持っていると、歪(ゆが)んだ自尊心のために自分の人生も他人の人生も壊すことなく、お互いに謙虚に自らの非を認めて謝り、和解することができます。
もともと相手のことを愛しているのに、このプライドのせいで大喧嘩に発展して、意志に反して離婚することになる夫婦もたくさんいます。


「自尊心は、思いやりというものを知らない」という名言を残したガンディに倣って柔和な人になりたいものです。


下手な自尊心より、思いやりのほうがよほど大切で、尊い。


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メルマガ登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスできます。


↓ブログランキングに参加しています。
記事がお気に召しましたら下の [塾教育] のマークをクリックして応援してください。
励みになりますのでよろしくお願いします。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村

穏やかな海と腕の良い船乗り

2018.11.19日
quote-1506.jpg


"A smooth sea never made a skillful sailor."
--Franklin D. Roosevelt - 1882-1945 - 32nd President of the United State
「穏やかな海が腕の良い船乗りを生んだ試しはない」
--フランクリン・ルーズベルト、第32代米国大統領

誰でも順風満帆を望みます。嵐は正直嫌です。また大きな被害をもたらす台風や地震などにもできることならあいたくありません。


私は今までに小さな釣り舟から大きなフェリーに4度も乗りましたが、毎回ひどい船酔いをしました。海はそんなに荒れていたわけではありません。でも、あの苦しさは尋常じゃなく、その都度もう船はこりごりだと思いました。


船乗りでも、嵐で海が荒れて船がひどく揺れると船酔いすることがあるのでしょうか。
いや、そんな話は今まで聞いたことがありません。
なぜなら、彼らは海の上の生活が長く、慣れていて、それが当たり前になっているからです。
ちょうど、今注目の的になっている羽生結弦さんのようなフィギュアスケート選手が氷の上が当たり前になっていて、私たちが地面の上にいるのと同じ感覚になっているのと同じです。


でも、彼らだって初めから氷の上が当たり前だったわけではなく、初体験のときにはやはり転んだことでしょう。
同様に、船乗りも最初は船酔いしたかもしれません。何度もなんども嵐にあい、船酔いも体験し、またそのような中で船の操作の方法も体で学んで身につけてきたに違いありません。
フランクリン・ルーズベルトが言っているように、いつも穏やかな海の上にいたならば、嵐のときの対処の仕方も学ぶことができません。
何度も嵐を体験して初めて良い船乗りになるのです。


私たちは船乗りではありませんが、この世に生きている限り人生の海の嵐にはみんな何度も遭遇します。
その経験を経て、辛い、悲しい、苦しいことに耐える力がついていき、そして腕の良い人生の船乗りになっていくのです。順風満帆の人生だけを送っていたら、嵐にあったとき対処することができません。


ですから、苦しみにあうことを恐れる必要はありません。むしろ、この苦しい経験を通じて鍛えられているのだ、これが自分の将来を作り上げてくれているのだ、と感謝するのです。


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メルマガ登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスできます。


↓ブログランキングに参加しています。
記事がお気に召しましたら下の [塾教育] のマークをクリックして応援してください。
励みになりますのでよろしくお願いします。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村

愛と命

2018.11.18日
IMG_17271.jpg


"Where there is love, there is life."
ーーMohandas Gandhi - 1869-1948 - Politician - Writer
「愛のあるところに命あり」
ーーモハンダス・ガンディ、政治家・作家
(訳 舟田譲二)


一般によく知られている有名なことわざは、
"Where there is a will, there is a way."
「意思のあるところには道通ず」
です。
これをガンディは少し文字って、上のように言い換えました。
そして、これはまことに真理を突いています。


「愛のあるところに命あり」
これを逆に言えば、「愛のないところに命なし」。
これも「なるほど」です。


最近、国内外でよく起きる親による幼児の虐待死は、まさに「愛のないところに命なし」です。
本当に悲しい、残念なケースです。ニュースを見るたびに心が痛みます。
愛がないのなら、そもそも最初から命を生み出すな、と言いたいぐらいです。


しかし、積極的な「愛のあるところに命あり」は、さらに心の琴線(きんせん)に触れます。
2012年には貧困にあえぐ6歳の少年を野良犬が自分の乳を与えていたというニュースがインドから伝えらえました。


0baee2eb.jpg


これを知った地元当局が、少年一家に食糧援助を与えることになりました。
ところがなんと、野良犬の方が毎日、この少年を探し出し乳を与えようとするようになり、少年が家の近所にいないときは、わざわざ村の外まで少年を探しに行くというから驚きます。


また2015年には、南米チリで親のネグレクトで餓死寸前だった2歳児を、見るに見かねた隣家のメス犬が乳を与えて飢えから救ったという話も伝わりました。
「犬ですら」と言ったら犬に失礼ですが、犬にはこのような愛の権化(ごんげ)とも言える母性本能があるのです。
これらのケースはまさに「愛のあるところに命あり」です。


人ではどうかと言うと、先日ブログでシェアしました「日本のシンドラー・杉原千畝」や英国のシンドラー、ニコラス・ウィントン、そして「オランダのもうひとりのシンドラー」、コーリー・テン・ブームなども、愛によって多くのユダヤ人の命を救った人たちです。


世界中のベストセラーである聖書の中心テーマをひと言で表した言葉はヨハネの福音書3:16です。
「神はそのひとり子を賜わったほどに、この世を愛して下さった。それは御子を信じる者がひとりも滅びないで、永遠の命を得るためである」
ここにも「愛」と「命」があります。


「愛のあるところに命あり」


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メルマガ登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスできます。


↓ブログランキングに参加しています。
記事がお気に召しましたら下の [塾教育] のマークをクリックして応援してください。
励みになりますのでよろしくお願いします。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村

絵文字は英語で Emoji?

2018.11.17日
THEME.jpg


日本が生んだ「絵文字」が海を渡って世界中に広まり、今や英語でもそのまま "Emoji" として知られるようになりました。
上の "Emoji" を使った英文など、わかるところもありますが、私たちには読めないほどで、しかも生みの親である日本人以上に絵文字を思いっきりいっぱい使って楽しんでいます。


ひと昔前までは、海外で日本語と言えば "sushi, tempura, geisha, Fujiyama" ぐらいしか知られていませんでしたが、今日では驚くなかれ、bento, daikon, dashi, kombu, miso, natto, ramen, sake, sukiyaki, teriyaki, tofu など、日本の食文化が海外でも人気を博すに従ってたくさんの日本語がそのまま英語になってしまいました。
このほか、
bonsai, haiku, ikebana, karaoke, manga, origami, otaku, waka など日本文化から、ビジネスの場面では、honcho(班長), kaizen(改善), kanban, karoshi, zaibatsu, zangyo。
また、gaijin, hikikomori, kawaii, kamikaze, ninja, skosh(少し), sudoku(数独), shiatsu 等々。
海外から来た外国人が自己紹介で、
"Watashi wa henna gaijin desu."
などと言ったりするのをよく見かけます(笑)。


ただ、気をつけなければならないのは、彼らが発音すると日本語に聞こえないことがよくあるということです。いわゆる Japanese English の逆バージョンです。


上の "emoji" をそのまま「えもじ」と言って通じるかと思うと、じつは通じません。彼らは「イーモゥジ」と英語読みするのです。(太字は強く発音する部分)
emoji の e は英語ではそのまま「イー」と発音します。そして o は「オ」ではなく「オゥ」と彼らは言います。
「酒」も "sake" も「サケ」ではなく「サーキー」と発音されます。


それではこれはどうでしょう?
キャリーオゥキー」
"Carry Oakie"
"Okie" は会話表現の Okie Dokie (または Okie Doe)のことで "OK" の意味です。
でも、この「キャリーオゥキー」は "OK" とは何の関係もありません。
これは、「カラオケ」のことです。
「カ」は英語で書くと "ka" で、アメリカ人はこれを "cat" の「キャ」のように発音するのです。「オケ」の "oke" は先ほどの "emoji" の「イーモゥジ」のように「イー」となるので、「オゥキー」となるわけです。


次は難問です。アメリカ人が言った次の言葉は何だと思いますか?
ヘァリー ケーリー」
これは "Harry Kerry" という名の俳優が昔アメリカにいたのですが、その発音に近いです。
さて、何でしょう?


これはちょっと難しい。
じつは「はらきり」を英語式に発音すると "Harry Kerry" のようになるのです。
えっ、「はらきり」って「腹切り」=「切腹」のこと?
いいえ、日本の「自殺」のことを、「自殺」=「切腹」と思ったアメリカ人がこのように言っていたのです。


日本人の話す英語も外国人にはわかりにくく、こんな感じに聞えているのでしょうね(笑)。


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メルマガ登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスできます。


↓ブログランキングに参加しています。
記事がお気に召しましたら下の [塾教育] のマークをクリックして応援してください。
励みになりますのでよろしくお願いします。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村

不可能は...

2018.11.16日
quote-1502.jpg


"Impossible is for the unwilling."
--John Keats - 1795-1821 - Poet
「"不可能"とは、やる気のない人のためにある」
--ジョン・キーツ、詩人
(訳 舟田譲二)


何でもかんでも簡単に「そんなこと不可能!」と言う人がときどきいます。
確かにそのとおりでしょう。その人にとっては。
でも、同じ状況、境遇の中で、その「不可能」を「可能」に変える人もいます。
何が違うのでしょう?


その人の能力?
「能力」という問題が存在することは否めません。
「エベレストに登れ」と言われたら、私は何の躊躇もなく「不可能」と言うでしょう。
実際のところ、肉体的にも精神的にも私にとっては「不可能」です。
「いや、やってみなければわからない。やってみろ!」と言われて、もし万一エベレストにチャレンジしたなら、間違いなく登りかけてすぐに挫折するか、無理して死ぬかのどちらかです。頂上に到達することは明らかに「不可能」です。おそらく、今これを読んでいる人のほとんどの方にとっても同じでしょう。


「能力」は確かに大きな壁です。
もともと「能力」がないにもかかわらず、成功する人がいるという事実。
この類いの問題というのは、ケースバイケースで、実験して検証するということはそれこそ「不可能」なので、絶対的な答えはないと思います。


近くの県立高校で、三流どころか四流とも言える学校があります。
この学校のひとりの生徒が東大を目指しました。
友達も教師もみんな馬鹿だと言いました。
案の定、現役で受験に失敗しましたが、彼は浪人して翌年も、その次の年も、...何年もチャレンジし続けました。家族を始め、周りの人はみんな「不可能」だから諦めろと諭しましたが、彼は来る年も来る年も受験しました。
そして、なんと8年目にして合格した、というのです。
その後、この人がどうなったかは聞いていませんのでわかりませんが、少なくともその意志と努力には心から敬服します。


以前書いた記事に「不可能を可能に」があります。というか、この類いのテーマは大好きなので、これまでそれこそ何十回とこのブログに書いてきました。
上の「不可能を可能に」の中には、私自身の経験をいくつか交えて、
「もし不可能だと思ったら不可能だ。もし可能だと思ったら可能だ。いずれにしてもあなたが考えるとおりになる」
と書きました。


今日の冒頭の言葉も基本的には同じことを言っています。
「"不可能"とは、やる気のない人のためにある」
これは、身の周りでじつによく見かけます。
皆さんもそう思いませんか?


あるときには、「不可能」と思われるものにチャレンジする精神も大切です。
でも同時に、「不可能」が存在するのも厳然たる事実です。この場合は、素直にそれを認めて現実を受け入れることも大切です。
ただ、「やる気」がなくて「不可能」と言うのだけは避けたいですね。


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メルマガ登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスできます。


↓ブログランキングに参加しています。
記事がお気に召しましたら下の [塾教育] のマークをクリックして応援してください。
励みになりますのでよろしくお願いします。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村

不可能がいつの間にか可能に

2018.11.15日
francisofassisi1.jpg


"Start by doing what's necessary; then do what's possible; and suddenly you are doing the impossible."
--Francis of Assisi, 1182 - 1226 Catholic friar
「しなければならないことから始めなさい。次にできることをしなさい。そうしたら突然、不可能なことをしていることになります」
ーーアシジのフランシスコ、カトリックの修道士
(訳 舟田譲二)


アシジのフランシスコは、私の好きな「平和を求める祈り」で有名で、4年前の「祈りの交換」の記事の中でもご紹介したことがあります。


「しなければならないことから始めなさい。次にできることをしなさい。そうしたら突然、不可能なことをしていることになります」という今日の言葉は、修道士が語るよりむしろ今日のビジネスコンサルタントが語っているほうがふさわしいと言えそうな名言です。
ということで、これはだれにも当てはまる教えです。


私たちは何か大きな目標を持っていると、それがあまりにも大きすぎて達成不可能に思えて、気が萎(な)えてしまいがちです。その結果、なかなか行動に移せず、ぐずぐずと先延ばししてしまいます。


このようなとき、一番大切なことはまず「しなければならないことから始める」ことです。
「しなければならない」のだからするのが当たり前なのですが、ついついこれすらできなくなってしまうものです。たとえば、部屋の片づけだとか、試験勉強、資料集めや資料の整理、プレゼンの準備等々。


「しなければならない」ことがあまりにも多すぎると、もうそれだけで圧倒されてしまって手がつけられなくなってしまいます。
でも、まずは「しなければならないことから始める」。もうこのひと言に尽きます。
そして、次にするべきことは、「できることをする」です。
「できることをする」のだったらだれでもできるじゃないか、と思いがちですが、これすら腰が重くてなかなかできないのです。


面白いもので、「しなければならない」ことに手をつけ、つぎに「できること」をしていたら、あんなにも大きく目の前に立ちはだかっていた壁がいつの間にかどんどん小さく見え始めて、さらに続けてやっているうちにある日突然、「不可能なことをしている」ことになるのです。
皆さんにもこのような経験がきっといくつかあることと思います。


スポーツや芸術の世界など、これはつきものです。みんな、この同じところを通ってプロになっているのです。
つい先日の卓球・スウェーデンオープン・女子シングルス決勝戦で、中国の主力3選手を撃破し、女子シングルス優勝を飾ったスーパー女子高生・伊藤美誠選手などまさにそのケースです。


mima.jpg


この次、なにか大きなことをする、あるいはしたいと思うようになったら、今日の言葉
「しなければならないことから始めなさい。次にできることをしなさい。そうしたら突然、不可能なことをしていることになります」
を思い出しましょう。


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メルマガ登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスできます。


↓ブログランキングに参加しています。
記事がお気に召しましたら下の [塾教育] のマークをクリックして応援してください。
励みになりますのでよろしくお願いします。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村

前代未聞の三刀流

2018.11.14日

"Persistence guarantees that results are inevitable."
--Paramahansa Yogananda - 1893-1952 - Teacher of Meditation
「忍耐は必ず結果を生み出す」
--パラマハンサ・ヨガナンダ、瞑想の師
(訳 舟田譲二)


去る8月に書いた「大谷翔平はベーブ・ルースを超えられるか」の記事の中で、「大谷選手がベーブ・ルースを超える可能性は十分にある」と私は予言(?)していましたが、早くも予言の第1章、アメリカンリーグの「新人王」を獲得したというビッグニュースが昨日飛び込んできました。
ニュースを見ていて鳥肌が立ちました。


ピッチャーだけでも、バッターだけでもメジャーリーグで成績を残すのは大変なのに、ピッチャーで4勝2敗・防御率3.31・奪三振63、バッターでホームラン22本・打率0.285と、どれを取っても文句なしで、全米野球記者協会記者30人中25人が1番目で投票するという断トツの1位の「新人王」でした。
大リーグの新人王は1947年に全米規模での表彰が始まりましたが、ピッチャーとバッターの両方で本格的にプレーする選手が受賞するのは大谷選手が初めてです。
大谷選手は、100年前に投打で活躍したベーブ・ルース以来となる「二刀流」の選手として、鮮烈なデビューを果たすとともに今回の受賞によって大リーグに新たな歴史を刻みました。


「大谷選手がベーブ・ルースを超える」という予言の第2章の成就はまだ20年ぐらい先になるでしょうが、私はこれも実現すると思っています。この予言の成就を見届けるためにも長生きしなければなりません(笑)。


otanithrow.jpghit.jpgotanirun.jpg


大谷選手は、投打の「二刀流」と言われていますが、さらに「走」においても盗塁10と、それこそ前代未聞の「三刀流」です。大谷選手の野球に対する真摯な態度と謙虚さ、礼儀正しさもアメリカでの人気の秘訣です。
これからの彼の活躍と成長に目が離せません。
忍耐は必ず結果を生み出します。


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メルマガ登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスできます。


↓ブログランキングに参加しています。
記事がお気に召しましたら下の [塾教育] のマークをクリックして応援してください。
励みになりますのでよろしくお願いします。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村

教育の目的・役割とは

2018.11.13日
quote-1503.jpg


"The wisest mind has something yet to learn."
--George Santanaya - 1863-1952 - Philosopher, Poet
「一番頭のいい人でもまだ学ぶことがある」
--ジョージ・サンタヤーナ、哲学者・詩人
(訳 舟田譲二)


20世紀最大の物理学者と言われたアインシュタインは、自分のことを次のように言っています。
「学べば学ぶほど、自分がどれだけ無知であるか思い知らされる。自分の無知に気づけば気づくほど、より一層学びたくなる」


アメリカの文学者、マーク・トウェインもこのように言っています。
「やっかいなのは、何も知らないことではない。実際は知らないのに、知っていると思い込んでいることだ」


ましてや私たち凡人など、自分が知っていると思うほど知っていない、というのはごく当たり前のこと。というか、むしろ「知っているべきことさえ知らない」というのが現実なのではないでしょうか。


教育の役割はとても大きいです。
でも、「教育」というとき、それは学校や塾、予備校で学ぶことだけではありません。
英語や数学、国語、理科、社会などを学ぶことだけが「教育」ではありません。
事実を学ぶことが「教育」ではありません。
いつでも、どこでも、どんなことでも学ぶのが「教育」です。
物事の味方や考え方、判断の仕方、賢明な選択の仕方、目的を持って行動する仕方を学ぶこと、人生を楽しむ方法を学ぶことが「教育」です。


「教育」は、無知に対する恐れを取り除き、人を向上させ、潜在力を引き出し、家族を支え、社会をそして世界を変えます。
「教育」は人を作り、家庭を作り、社会を作り、国を作り、世界を作り、将来を作るのです。


この中で、学校教育は国で一番大切な仕事をしていて、一番大きな責任を負っています。
このような素晴らしい教育を日本では無償で小学校から高校まで受ける機会が全国民に約束されています。世界には学校に行きたくても、勉強したくてもできない人たちが大勢います。
それなのに、学校に行くことに、勉強することに文句を言い、嫌々やっているのはどうしたことでしょう。


今一度、親も子どもも、いや私たちすべてが、「教育」の大切さ、必要性、ありがたさを改めて認め、もっと真剣に学ぶことに取り組む必要があるのではないでしょうか。
「教育」のおかげで、私たちの可能性は無限に広がっています。


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メルマガ登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスできます。


↓ブログランキングに参加しています。
記事がお気に召しましたら下の [塾教育] のマークをクリックして応援してください。
励みになりますのでよろしくお願いします。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村

金メダルの祈り

2018.11.12日
413954-Melody-Beattie-Quote-Gratitude-turns-what-we-have-into-enough.jpg


"Gratitude turns what we have into enough."
--Melody Beattie, Author
「感謝の心は、今持っているものを "満足" に変える」
--メロディ・ビーティー、作家
(訳 舟田譲二)


「神も仏も信じない」と言っている人、無神論者を豪語している人でも、宝くじを買うときには「当たりますように」と祈りますし、事故に遭いそうになったときには「神様、助けてください」と思わず叫ぶものです。


私はウォーキングしているときも、お風呂に入っているときもよく祈ります。
少し前のことですが、「神様、どうぞ〜してください」と、お願いごとばかりしていることに気づきました。


「仏像と銅像がケンカをしました。どちらが勝ったでしょう?」
小学生にウケるとんちクイズです。ほとんどの子が答えられません。
「答えは仏像。仏像が『ぶつぞー』って言ったら、銅像が『どうぞ』って言ったから」


「どうぞ〜」を連発しながら祈っていたとき、このとんちを思い出して恥ずかしくなりました。
そこで「どうぞ〜」を言わないようにお祈りしようとするのですが、今度は無意識のうちに「どうか〜」と言っていました。
「どうか」は「銅貨」と同じ音。銅貨より金貨のほうがいいです。
銅から連想するのは「銅メダル」です。
そこで、同じ祈るなら「銅メダル」の祈りより「金メダル」の祈りをしたいと思いました。


「金メダル」の祈りってどんな祈りかなと思ったとき、「感謝」の祈りだと気づきました。
「感謝」の祈りは「金メダル」の祈り、勝利の祈りです。
それからは私の祈りは信仰による先取りの感謝の祈りに変わりました。
聖書には次のように書かれています。
「何事でも神のみこころにかなう願いをするなら、神はその願いを聞いてくださるということ、これこそ神に対する私たちの確信です。私たちの願う事を神が聞いてくださると知れば、神に願ったその事は、すでにかなえられたと知るのです」
(ヨハネT 5:14, 15)


それで、「神様、感謝します。◯◯をしてくださることを信じて感謝いたします」と祈るのです。これが私の「金メダル」の祈りです。
「金メダル」をもらったかのように、知らず知らずのうちに嬉しくなってニコニコして祈るようになりました。以前のように、苦渋に満ちた顔で必死で祈ることがなくなりました。
だって感謝することばかりですから。


すると不思議なように、信仰で先取りしていた祈りが次々と聞き届けられてその答えが与えられるのです。


感謝は、「ありがたい」という気持ちで、受けている恵みを一つずつ数えることです。
あたかもすべてが奇跡であるかのような生き方をし、どれほど豊かに与えらえているかに気づくことです。
感謝は、欠けているものからすでに与えられている豊かさに目を移すことです。
さらに、感謝していると心も体も一層強められるということが最近の研究で明らかになってきています。
感謝を捧げていると、私たちはより幸せになり、試練から立ち直る力は強くなり、人間関係もより良好になり、ストレスは軽減して健康状態も改善します。


「いつも喜んでいなさい。絶えず祈りなさい。すべての事について、感謝しなさい。これが、キリスト・イエスにあって、神があなたがたに求めておられることである」
(テサロニケT 5:16-18)


メロディ・ビーティーについては2年前の記事、「共依存症から感謝の人生に」をご参照ください。


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メルマガ登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスできます。


↓ブログランキングに参加しています。
記事がお気に召しましたら下の [塾教育] のマークをクリックして応援してください。
励みになりますのでよろしくお願いします。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村

学び方のコツ

2018.11.11日
quote-1501.jpg


"Who questions much, shall learn much, and retain much."
--Francis Bacon - 1561-1626 - Philosopher, statesman, scientist, jurist, orator, and author
「多く質問する者は多く学び、多く覚えている」
--フランシス・ベーコン、哲学者・神学者、法学者、科学者・作家
(訳 舟田譲二)


フランシス・ベーコンは、「知識は力なり」という言葉でよく知られています。
「多く質問する者は多く学び、多く覚えている」は、教育の世界においてある意味、常識と言っていいぐらい私たち教育に携わる者は体験的にこれが真理だと知っています。


多くの学校で、とくに大学などで授業・講義が終わる前に「何か質問はありますか?」と教師が尋ねると、学生たちはバタンバタンと大きな音を立てて本を閉じ始めます。「質問はありません」という合図です。
教師のほうも「これで今日の授業は終わりです」と言う代わりに、「何か質問はありますか?」と尋ねます。両者の間の暗黙の了解事項です。


中に、質問する学生がいたりすると、早く授業を終わって欲しい学生にとっては迷惑なのです。
それで、質問がある学生は一旦授業が終わって、ほかの人たちが立ち上がり教室を出始めると教師のところに行って個人的に質問します。
これは私が学生だったときもそうでしたし、大学で教える側に立っていたときもそうでした。


ところが、アメリカでは様子はまったく逆でした。
私が学んでいたカウンセリングのクラスでは、学生が次々と質問し、教授がひとつ答えるとそれについてまた別の学生が質問するという具合でした。それで、あるときなど教授が学生の質問をさえぎって、「お願いだからもう質問はやめてくれ。今日予定していたことがまったく進められない」と言ったぐらいです。
また、アメリカのふたつの大学で教えていたときも同様で、授業中の学生の質問があまりにも多くて閉口したことがあります。そんな当たり前のことを尋ねるな、さっきちゃんと言っただろう、と言いたくなることさえありました。
それぐらいよく質問します。
彼らは質問しないと損だ、と思っているようでした。


でも、日米の学生両者に共通して言えることは、今日のベーコンの言葉、
「多く質問する者は多く学び、多く覚えている」
です。
考えてみれば当然のことです。
質問するということは、それだけ授業の内容について真剣に考えているということで、右の耳から入って左の耳からそのまま出ていっていないのです。
いっぺん聞いて、それですべて理解できる人など、生まれつきの天才でもない限りまずいません。


そして、このような学び方をするなら、ほとんどどんなことでも身につきます。
嘘だと思ったらぜひ試してみてください。結果にきっとびっくりしますよ。


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メルマガ登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスできます。


↓ブログランキングに参加しています。
記事がお気に召しましたら下の [塾教育] のマークをクリックして応援してください。
励みになりますのでよろしくお願いします。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村

ごく当たり前のことを当たり前でない方法でやると

2018.11.10日
george-washington-carver-when-you.jpg


"When you do the common things in life in an uncommon way, you will command the attention of the world."
--George Washington Carver (1864 - 1943) Botanist and Inventor
「人生でごく当たり前のことを当たり前でない方法でやると、世界中の注目を集めるだろう」
--ジョージ・ワシントン・カーヴァー、 植物学者・発明家
(訳 舟田譲二)


上の写真には、黄身が2個入った目玉焼きがハートの形に切られてトーストの上に乗っています。トーストの上にただ目玉焼きを乗せているだけだったら、ごくごくありきたりのアメリカの朝食ですが、目玉焼きをこのような形にするだけで食べる人には喜ばれ、また美味しく食べてもらえます。
これは、単にジョージ・ワシントン・カーヴァーの今日の名言、「人生でごく当たり前のことを当たり前でない方法でやると、世界中の注目を集めるだろう」を象徴的にするための人目を引く写真にすぎません。


カーヴァーは奴隷制度下のミズーリ州で生まれました。
彼は幼児の時に母親と共に誘拐され転売されそうになりました。父親は犯人を追いつめましたが、ジョージは発見されたとき瀕死の状態で、母親は行方不明でした。このことが原因で彼は呼吸疾病にかかり、労働が困難になりました。ジョージは労働のできない間、野原を歩き回り野生植物の品種に引きつけられました。植物に関する知識に長けた彼は、のちに隣人達から「農園の医師」として知られるようになりました。


ある日彼は隣人の家に農場の手伝いを頼まれて訪れました。農場での問題を解決し、その報酬を受け取るためその家に呼ばれ、キッチンに入ったとき壁にかかっている美しい花の絵に出合い、そのとき植物学者になることを決心しました。


のちに、綿の連作で消耗した土を用いて農業を行う、貧しい南部の農民達の苦境に興味を持ったカーヴァーは、消耗した土壌に窒素を補給するためピーナッツ、大豆のような豆科植物と綿花を交互に栽培する輪作と、窒素循環を行うことを提案しました。この結果綿花の栽培は改善し、新しい作物が加わることとなりました。カーヴァーは農民達にこれらの作物の栽培法と、作物の新たな用途を開発するためアラバマ州で農業拡張システムを開発しました。


ピーナッツを有効に活用するため、カーヴァーは油分の多いピーナッツを原料として、マヨネーズ・チーズの食料品や、石鹸・接着剤や印刷用インク等の生活用品まで、300を越える新しい用途を考案しました。
地球上から全ての食料が無くなったとしても、ピーナッツとサツマイモだけで人間を養う十分な食料を供給することができるかもしれない、とカーヴァーはしばしば話しました。
(以上、Wikipediaより一部抜粋)


ジョージ・ワシントン・カーヴァーは、「人生でごく当たり前のことを当たり前でない方法でやると、世界中の注目を集めるだろう」を農業の世界で実践し、成功を収めました。


「人生でごく当たり前のことを当たり前でない方法でやる」ことが、案外私たちの身の周りにもあるかもしれません。
トーストの上にハート形の目玉焼きを載せることよりも、もっとはるかにユニークな何かが。


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メルマガ登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスできます。


↓ブログランキングに参加しています。
記事がお気に召しましたら下の [塾教育] のマークをクリックして応援してください。
励みになりますのでよろしくお願いします。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村

学んだら教え、受けたら与える

2018.11.09日
When-you-learn-teach.-When-you-get-give.-560x350.png


"When you learn, teach. When you get, give."
―Maya Angelou - 1928-2014 - Poet - Singer
「学んだら教えなさい。受けたら与えなさい」
―マヤ・アンジェロウ、詩人・歌手
(訳 舟田譲二)


マヤ・アンジェロウとは波長が合い、これまで「使えば使うほど創造力は身につく」始め、過去に6回このブログで取り上げています。
詩人、歌手、女優であるとともに、マーティン・ルーサー・キング・ジュニアと一緒に公民権運動に参加した活動家。
8歳のときに母親の恋人にレイプされるという痛ましい経験をし、それ以来人間不信になります。
しかし、愛と希望の力に目覚めて、16歳でサンフランシスコで初の黒人女性車掌になり、それがきっかけで積極的な人生を歩み始めます。
『歌え、翔べない鳥たちよ』 (I Know Why the Caged Bird Sings)は、1930年代〜40年代にかけての偏見と差別の中で過ごした貧しい子ども時代の自身の体験をつづった自伝。
彼女は作家として一躍有名になります。
1993年、ビル・クリントンのアメリカ合衆国大統領就任式にて自作の詩を朗読し、2011年には大統領自由勲章を受章。全米の人々が尊敬する黒人女性作家でした。
幼いときからこのような耐えがたい苦しみ、悲しみ、辛さ、貧しさを経験していましたが、その後マヤ・アンジェロウは自力でそこから這い上がり、努力して自らの人生を切り開いていきました。やがて仕事に就き、この経験から自信を築いていって、詩人、歌手、女優、作家、公民権活動家になり、多くの理解者、協賛者を得るに至りました。

(以上、6月1日のブログ記事「あなたはどのような生き方がしたいですか?」より抜粋)


今日の言葉、
「学んだら教えなさい。受けたら与えなさい」
も、まさに私自身の人生哲学とピッタシカンカンです。
「学んだら教える」は、私がいつも実践していることです。
ラーニングピラミッドというのがありますが、これを見ても学習定着率が一番高いのは「人に教える・説明する」です。


IMG_3936.jpg


私はすでに中学生の頃から、いやもっと早く小学生の頃からこれを実践していました。
昔の友人に会うと、いつもみんながそのことを言います。


また、「受けたら与えなさい」も聖書の言葉、
「与えよ。そうすれば、自分にも与えられるであろう」
(ルカ6:38)
「おおよそ、持っている人は与えられて、いよいよ豊かになるが、持っていない人は、持っているものまでも取り上げられるであろう」
(マタイ25:29)
を数えきれないほど実生活の中で体験してきており、このブログの中でも繰り返し述べてきていることです。


良いものは人と分かち合い、人にも同じ喜び、同じ恵みを楽しんでもらう、人はそのように造られているのです。
あなたも試してみませんか? 知恵や喜び、恵み、豊かさが何倍にもなりますよ。


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メルマガ登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスできます。


↓ブログランキングに参加しています。
記事がお気に召しましたら下の [塾教育] のマークをクリックして応援してください。
励みになりますのでよろしくお願いします。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村

オランダのもうひとりのシンドラー

2018.11.08日
quote-1494.jpg


"Worrying does not empty tomorrow of its troubles, it empties today of its strength."
--Corrie Ten Boom - 1892-1983 - Watchmaker
「心配しても明日の問題を消しはしない。むしろ今日の力を消してしまう」
--コーリー・テン・ブーム、時計職人
(訳 舟田譲二)


去る10月には「日本のシンドラー・杉原千畝」を、つい先日は Facebook で英国のシンドラー、ニコラス・ウィントンをご紹介しました。



そして今日はオランダのシンドラーです。


コーリー・テン・ブームは、第二次世界大戦中に多くのユダヤ人をナチスから助けたオランダ人クリスチャン、ホロコースト生残者。自伝『わたしの隠れ場』の著者として知られる。
1944年2月28日、同国人の通報者によってテン・ブームの一家は逮捕され、スヘフェニンゲンの刑務所に送られる。彼女はそこからヴフト強制収容所に移送され、最終的にドイツ北部のラーフェンスブリュック強制収容所で終戦を迎えた。
1967年12月、イスラエルから「諸国民の中の正義の人」を授与。
1971年11月、自伝『わたしの隠れ場』 The Hiding Place をジョン&エリザベス・シェリルとの共著で出版。この自伝は1975年、ジュリー・ハリス(ベッツィー・テン・ブルーム役)主演で映画化された。邦題は『隠れ家』。

(Wikipediaより)


映画『シンドラーのリスト』で有名になった本元オスカー・シンドラー(1908 - 1974)は、メーレン(当時オーストリア領、現チェコ領)生まれのズデーテン・ドイツ人の闇商売で資産を拡大していった実業家。
シンドラーは、快楽主義者で遊び人で、まさにプレイボーイのライフスタイルを楽しみ、上品な社会の中で立ち回り、良い身なりをし、女性たちからももてはやされ、金を湯水のように使っていました。
彼の経済的な関心は、できるだけ多くのユダヤ人を救済したいという願望の前に次第に後退していき最後には、全財産をこの目的のために投げ出すだけでなく、自分の命まで賭けようとしたのです。このようにしてドイツにより強制収容所に収容されていたユダヤ人のうち、自身の工場で雇用していた1,200人を虐殺から救いました。


第二次大戦中、ナチスドイツによってユダヤ人殺戮が各地で行われていたとき、上の杉原千畝やニコラス・ウィントン、コーリー・テン・ブームのような、命がけでユダヤ人を救った多くの「シンドラー」がいました。


コーリー・テン・ブームの今日の言葉、
「心配しても明日の問題を消しはしない。むしろ今日の力を消してしまう」
は、今日の平和な時代、平和な国に住む私たちにもとても大切なメッセージを伝えています。


私たちはとかく目の前のさまざまな問題に心を奪われて、不安になり、心配し、ときにその結果病気になったり、最悪、命を縮めることにもなります。
でも、よくよく考えると、いくら心配したところで明日の問題が消えることはありません。
むしろ、不安を抱えていると夜も十分に眠れなくなり、昼間はそのために考えることも、大切なことに集中することもできなくなります。つまり、「今日の力すら消してしまう」ことになるのです。


今から約2000年前、イエス・キリストも山上の垂訓で次のように述べられました。
「だから、わたしはあなたがたに言います。自分のいのちのことで、何を食べようか、何を飲もうかと心配したり、また、からだのことで、何を着ようかと心配したりしてはいけません。いのちは食べ物よりたいせつなもの、からだは着物よりたいせつなものではありませんか。
空の鳥を見なさい。種蒔きもせず、刈り入れもせず、倉に納めることもしません。けれども、あなたがたの天の父がこれを養っていてくださるのです。あなたがたは、鳥よりも、もっとすぐれたものではありませんか。あなたがたのうちだれが、心配したからといって、自分のいのちを少しでも延ばすことができますか。
...
そういうわけだから、何を食べるか、何を飲むか、何を着るか、などと言って心配するのはやめなさい。こういうものはみな、異邦人が切に求めているものなのです。しかし、あなたがたの天の父は、それがみなあなたがたに必要であることを知っておられます。
だから、神の国とその義とをまず第一に求めなさい。そうすれば、それに加えて、これらのものはすべて与えられます。だから、あすのための心配は無用です。あすのことはあすが心配します。労苦はその日その日に、十分あります」

(マタイ6:25−34)


心配しても明日の問題を消しはしません。むしろ、最善を成してくださる神様に委ねて、今日という日を精いっぱい生きる、そうするなら今日生きていく力が与えられます。


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メルマガ登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスできます。


↓ブログランキングに参加しています。
記事がお気に召しましたら下の [塾教育] のマークをクリックして応援してください。
励みになりますのでよろしくお願いします。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村

人生とは自転車に乗っているようなもの

2018.11.07日
Quote-life-is-like-riding-a-bicycle.jpg


"Life is like riding a bicycle. To keep your balance, you must keep moving."
「人生とは自転車に乗っているようなもの。バランスを取るためには常に動いていなければならない」
(訳 舟田譲二)


今から40年少し前、アメリカ留学中にアメリカ人の友人からよく似た言葉を教えてもらいました。
「白鳥は湖の上を優雅に泳いでいるように見えるけど、実際には水面下で脚を常に一生懸命動かして水をかいている」


果たしてこれが本当か、私はいろいろ調べてみました。
すると、下のような動画を見つけました。



いかがですか? 白鳥の脚の動きが見えましたか?
一生懸命脚を動かしていなければ水に沈むというわけではないのです。
白鳥を始めとする水鳥が水に浮かぶのは次のような理由からです。
お尻にある油脂腺から分泌される油を、羽づくろいしながら羽に塗りつけて撥水作用を起こします。そして、羽毛の間に空気が溜まってそれが浮き袋のようになり、水鳥は水に浮くのです。
ですから、脚を動かし続けていないと沈むわけではないので、ほんの少し水を軽くかくだけでスイスイと進むのです。


しかし、自転車の場合は、絶えずペダルをこいでいないとバランスを崩して倒れてしまいます。
自転車は面白いもので、子どもの頃一旦乗り方を身につけると、その後、身体が不自由にならない限りほぼ一生自転車に乗ることができるのです。逆に、子どものときに自転車の乗り方を覚えないと、大人になってから身につけるのは至難の業です。


自動車の運転などはそうはいきません。
年を取ると、最近よく起きる高齢者の自動車事故に見られるように、運転できなくなります。
それはなぜでしょう?


自転車は自分の身体を動かして運転します。身体が覚えた技術はずっと身についているからです。
これは、私たちの人生によく似ています。
子どもの頃、身につけた技術は一生覚えています。
しかし、常に動いていなければなりません。白鳥のように優雅にスイスイというわけにはいきません。私たちは白鳥のように安穏と暮らすことはできないのです。
中にはそういう生き方をする人もいますし、できる人はもちろんそれでもいいのでしょうが、やはり人間、生きている限り自分自身のためにも、家族や親族のために、そしてこの世のためにも働き、貢献するのが使命なのではないかと最近つくづく思うのです。
皆さんはいかがですか?


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メルマガ登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスできます。


↓ブログランキングに参加しています。
記事がお気に召しましたら下の [塾教育] のマークをクリックして応援してください。
励みになりますのでよろしくお願いします。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村

容易に信じるな

2018.11.06日
david-suzukis-quotes-1.jpg


"Education has failed in a very serious way to convey the most important lesson science can teach: skepticism."
--David Suzuki (1936 -) Canadian academic, science broadcaster and environmental activist, professor
「教育は、科学が教えるべきもっとも大切なレッスンを伝えることに失敗した。そのレッスンとは懐疑論だ」
ーーデイヴィッド・スズキ、ブリティッシュコロンビア大学名誉教授・科学問題キャスター・環境問題活動家


デイヴィッド・スズキはカナダ、ブリティッシュコロンビア州バンクーバーでクリーニング屋を営む日系人の両親の元で生まれた。
1939年に第二次世界大戦が始まり、その二年後、デイヴィッド5歳のとき、デイヴィッドを含むカナダ系日本人たちはロッキー山脈の強制収容所に送られ、戦争が終わる1945年までそこで暮らしていた。当時、強制収容所に学校がなかったため、デイヴィッドはよく外で遊んだ。森を散歩し、野生の動物を見て、魚釣りをしたりしていた。デイヴィッドは自然との親しみを学び、こよなく愛するようになった。


戦後の1945年デイヴィッド9歳の時、デイヴィッド一家はカナダ、オンタリオの小さな町に引っ越した。そこでもデイヴィッドは外によく出て、昆虫採集や、きのこ採集をしていたという。
オンタリオ州ロンドンの高校を卒業後、アメリカのアマースト大学とシカゴ大学で動物学、遺伝学を学び、1961年にシカゴ大学から動物学の博士号を取得。


1963年から2001年に引退するまでブリティッシュコロンビア大学で教鞭を執る。
1979年から世界およそ50ヵ国で放送される長寿人気テレビ番組「ネイチャー・オブ・シングス」シリーズを担当。
2004年、大規模に行われた国民投票で「現存する最も偉大なカナダ人」に選ばれた。

(以上、Wikipediaより一部抜粋)


デイヴィッド・スズキさんの生い立ちを見ていると、ちょうど今、火曜日の夜9時から放映されているドラマ『僕らは奇跡でできている』の主人公、高橋一生演じる相河一輝に似ています。
大学で動物行動学を教える新人講師ですが、その授業スタイルは非情に変わっています。答えのない質問をして学生たちにグループディスカッションをさせて発表させる、森にフィールドワークに出かけて学生たちにさまざまなことを感じさせ、発見させるというやり方です。
私が学生だったらこんなタイプの授業は大好きで、きっとこのクラスにぞっこんハマってしまうことでしょう。


さて、今日のデイヴィッド・スズキの言葉、
「教育は、科学が教えるべきもっとも大切なレッスンを伝えることに失敗した。そのレッスンとは懐疑論だ」
は、先般ノーベル生理学・医学賞を受賞した本庶佑(ほんじょたすく)さんも同じことを言っています。
「ネイチャー誌、サイエンス誌の9割は嘘」と、常識を疑う大切さを説いていました。


さて、今年の夏は西日本豪雨や相次ぐ台風の被害、北海道地震など、異常気象が注目されました。これは世界的な傾向でここ数年、世界のあちらこちらで大洪水や大型ハリケーン・台風、大地震、大規模火事などが多発しています。
デイヴィッド・スズキさんも、化石燃料の燃焼による地球温暖化に絡む異常気象を警告しています。


これはヒメシャラの写真で、通常7-8月に小さな可愛い花をつけます。


himesyara1.jpg  A2134_picture_normal.jpg


ところが、下は昨日撮った我が家の庭にあるヒメシャラの木の写真ですが、今年は異常気象のせいか、なんと、ヒメシャラに青い朝顔のような花が満開に咲いています。


IMG_3911.JPG


こんなことがあり得るでしょうか?
「アリエール」? 「アリエナーイ」!


はい、あり得ません(笑)
ヒメシャラの木の横に春先に植えた西洋朝顔がヒメシャラの木に巻きついて伸びていき、いま時分になって花をいっぱい咲かせているのです。


IMG_3913.JPG


一瞬でも驚いて信じた人は要注意です。
でも、夏に咲くはずの朝顔が今頃満開になっているのは、やっぱり異常気象のせい?


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メルマガ登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスできます。


↓ブログランキングに参加しています。
記事がお気に召しましたら下の [塾教育] のマークをクリックして応援してください。
励みになりますのでよろしくお願いします。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村

人を外見で判断してはいけない

2018.11.05日
tumblr_ntg9bemASv1uepogto1_1280.jpg


"Do not judge by appearances. A rich heart may be under a poor coat."
--Scottish Proverb
「外見で判断してはいけない。豊かな心が貧しい服の下にあるかもしれない」
ーースコットランドのことわざ
(訳 舟田譲二)


上の写真の年配の女性は、シワが深く刻まれた顔や質素な身なりを見る限り、とても豊かには見えません。
ところが、両手にいっぱいのリンゴを持ってニコニコしながら人にあげようとして差し出しています。このところから、この女性が心豊かな人だと想像がつきます。


「外見で判断してはいけない。豊かな心が貧しい服の下にあるかもしれない」
はスコットランドのことわざだそうです。
スコットランドというのは、グレートブリテン及び北アイルランド連合王国(イギリス)を構成するカントリーの一つ。1707年の合同法によってグレートブリテン王国が成立するまでは独立した王国(スコットランド王国)でした。
グレートブリテン島の北部3分の1を占め、今日の人口は500〜600万人です。


image002.jpg


この地図からわかるように、日本でイギリスと呼んでいる国は、正式にはグレートブリテン及び北アイルランド連合王国といい、もともとそれぞれ独立していた国であるスコットランド、イングランド、ウェールズ、北アイルランドの4つの国(カントリー)から成っています。
「イギリス」という呼称は、ポルトガル語でイングランドを指すInglez(イングレス)が語源になっています。
江戸時代には、「英吉利」と書いて「エゲレス」と呼んでいました。


イギリスではスコットランド人はケチということで有名です。
セロテープのことを英語では「スコッチテープ」と言いますが、これはスコットランド人が破れた紙をテープで張り合わせて使うケチぶりを揶揄して名づけたものです。


次のようなジョークもたくさんあります。


朝、妻は目覚めると夫に言いました。
「あなたがバレンタインデーに私に真珠のネックレスをプレゼントしてくれた夢を見たの。これってどういう意味だと思う?」
「今晩、その意味がわかるさ」と夫。
その夜、夫は手に包みを持って帰宅し、妻に手渡しました。
喜んだ妻はその包みを開けると、一冊の本が出てきました。
タイトルにはこう書いてありました。
『夢の意味』


「外見で判断してはいけない。豊かな心が貧しい服の下に隠れているかもしれない」
という今日のスコットランドのことわざは本当に真理を突いています。
スコットランド人がケチというのも先入観と偏見です。
これを読んで、私はその裏が頭に浮かびました。
「外見で判断してはいけない。貧しい心が豊かな服の下に隠れているかもしれない」
逆もまた真理なりです。


高級外車を乗り回し、高級スーツに身を固め、ブランド品を身に着けているイケメンでも、一皮剥ぐと内側は高慢と貪欲で、人に対する愛がひとかけらもない。私はこのような人を何人も知っています。
このような人よりも、上のシワが深く刻まれ、質素な身なりをした年配の女性のほうが、はるかに愛に満ちていて立派です。私はこのような人もたくさん知っています。
人を外見で判断してはいけません。


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メルマガ登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスできます。


↓ブログランキングに参加しています。
記事がお気に召しましたら下の [塾教育] のマークをクリックして応援してください。
励みになりますのでよろしくお願いします。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村

あと二十数年 頑張るぞ!

2018.11.04日

つい数日前、次男正人のお嫁さんの萌さんから、ハロウィーンでネコに変身した杏菜ちゃん(2か月半)の写真が送られてきました。


FullSizeRender%20%2839%29.jpg


そして、昨日は正人と萌さんが杏菜ちゃんを連れて我が家を訪問してくれました。


IMG_3918.jpg


生まれた翌日に会って以来だったのであまりにも大きくなっていて驚きました(「孫は目に入れても痛くない!」)。
もう可愛くて、可愛くて。
抱っこして頬ずりしました。シルクのようなすべすべ肌。懐かしい赤ちゃんの匂いがしました。


IMG_3919.jpg


しっかりと私の顔を見て、一生懸命お話ししようとします。



別れ際、萌さんに言いました。
「杏菜ちゃんを見ているとしっかり長生きして、成長した姿を見なければと思うようになりました」
すると萌さんが答えて言いました。
「杏菜の結婚する姿を見られるまで長生きしてくださいね」
そうか、あと二十数年。よし、頑張るぞ!


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メルマガ登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスできます。


↓ブログランキングに参加しています。
記事がお気に召しましたら下の [塾教育] のマークをクリックして応援してください。
励みになりますのでよろしくお願いします。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村

あなたはどちらの人生を歩みたい?

2018.11.03日
EmilysQuotes.Com-born-cry-rejoice-life-die-advice-inspirational-positive-great-motivational-Cherokee-Native-American-Proverb.jpg


"When you were born, you cried and the world rejoiced.
Live your life in such a way that when you die the world cries and you rejoice."

--Cherokee
「あなたが生まれてきたとき、あなたは泣き、世界は喜んだ。
あなたが死ぬときには、世界は泣き、あなたは喜ぶ、そのような人生を歩みなさい」

ーーチェロキー族


これはアメリカ先住民族(アメリカインディアン)のチェロキー族の格言です。
私たち日本人はアメリカ先住民族についてはほとんど知識がありません。アメリカ先住民族は、自分達がずっと住んできた土地をイギリスから移住してきた入植者たちが奪おうとする中、ずっと戦い続けてきました。
アメリカ先住民族はある意味、日本のアイヌ民族と似ています。


しかし、1794年に合衆国との間に休戦条約を結んだ後は、文明化の道を歩み始めました。
彼らは白人の生活様式を好んで採り入れたため、周辺白人との混血も進みました。
チェロキー族の血を引いた有名人には私たちのよく知っている俳優や歌手などもたくさんいます。
一例を挙げると、エルヴィス・プレスリー、キム・ベイシンガー、キャメロン・ディアス、ケヴィン・コスナー、ジョニー・デップ、チャック・ノリス、バート・レイノルズのほか、日本では元阪神タイガースのランディ・バースや、ファッションモデル・タレントで報道番組やテレビCMなどにもよく登場している市川紗椰さんなど。


さて、今日のチェロキー族の格言、
「あなたが生まれてきたとき、あなたは泣き、世界は喜んだ。
あなたが死ぬときには、世界は泣き、あなたは喜ぶ、そのような人生を歩みなさい」

は、私たちにもピンときます。


私たちがこの世に誕生してくるときと、この世を去るときをうまく対比させて語っています。
前半部はあらゆる人に当てはまりますが、後半部の「あなたが死ぬときには、世界は泣き、あなたは喜ぶ、そのような人生を歩みなさい」は、じつに素晴らしい教えです。
もし、これが逆で「あなたが死ぬとき、世界は喜び、あなたは悲しむ」だったら本当に悲しいことですよね。


あなたはどちらの人生を歩みたい?


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メルマガ登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスできます。


↓ブログランキングに参加しています。
記事がお気に召しましたら下の [塾教育] のマークをクリックして応援してください。
励みになりますのでよろしくお願いします。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村

冬の真っただ中で夏を見出した

2018.11.02日
quote-1489.jpg


"In the midst of winter, I found there was within me an invincible summer."
--Albert Camus - 1913-1960 - Author, Journalist
「冬の真っただ中で、私は自分の内に揺るぎない夏を見出した」
--アルベール・カミュ、作家・ジャーナリスト
(訳 舟田譲二)


こんなことがあり得るのでしょうか?
「冬の真っただ中で、私は自分の内に揺るぎない夏を見出した」なんてことが。
常識的には考えられません。
でも、あり得ないことが起こる。それが人生。だから面白いのです。


アルベール・カミュは、通常の予測を外れているという意味の「不条理」(英語では absurd, フランス語では absurde「馬鹿げた」) の世界をその作品の中で描きました。
病気、死、災禍、殺人、テロ、戦争、全体主義など、人間を襲う不条理な暴力との闘いが彼の文学のテーマでした。超越的価値、神などに依存することなく、左翼革命思想や実存主義、マルクス主義なども拒絶し、あくまでも人間の地平にとどまって生の意味を探し求めました。
その答えは結局見つからず、そのまま不条理なままで終わる作風で、読む者は読後なにか釈然としないものを感じます。読者に不条理について自分で考えさせるのが目的なのでしょう。
しかし、46歳のとき交通事故に遭って他界するという、彼自身の人生も実に不条理そのものでした。


43歳の若さでノーベル文学賞を受賞したのは、代表作のひとつ『異邦人』によるところが大きかったと言われています。『異邦人』は映画化され有名になりました。私も若い頃観ましたが、とても重いテーマで、観終ってからも心が重く、暗い気持ちになったのを覚えています。


ところで、日本で有名なタレント、セイン・カミュはアルベール・カミュの従孫(兄の孫)にあたるそうです。
今、大河ドラマでやっている『西郷どん』にイギリス公使パークス役で登場しました。
下のシーンはまだ記憶に新しいのではないでしょうか。


001_size6.jpg


実際のところ、私たちの人生、生も死も、さまざまな病や災いなど、神の存在を信じず、目的のないものと考えると、アルベール・カミュの言うとおり、不条理そのものです。
蟻(あり)が道を歩いているところを人に踏まれて死ぬのとなんら変わりありません。
それで納得できるのであれば、もちろんそれでいいのですが、私たち人間はすべての物事の背後に意味や目的を見出そうとします。


意味、目的のない人生ならば、『異邦人』の主人公、ムルソーのように母親の葬儀の翌日、たまたま出会った旧知の女性と情事にふけり、友人のトラブルに巻き込まれて人を射殺しようが、死刑を宣告されて死刑の際に人々から罵声を浴びせられることを人生最後の希望にしようが、すべてはまったく意味のないことであり、人生そのものがどうでもいいものになってしまいます。


このような考え方でいながら、アルベール・カミュは冒頭のように、
「冬の真っただ中で、私は自分の内に揺るぎない夏を見出した」
と語っているということは、やはりなにか意味を見出そうとしていたのではないだろうかと思うのです。そうでなければ、冬のただ中で自らの内に揺るぎない夏を見出そうが、そんなことはどうでもいいこと。ここに彼の本音が垣間見えるような気がします。


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メルマガ登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスできます。


↓ブログランキングに参加しています。
記事がお気に召しましたら下の [塾教育] のマークをクリックして応援してください。
励みになりますのでよろしくお願いします。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村

ガンの予防には◯◯が一番

2018.11.01日


きょうの料理の時間です。
前回は1年前の記事、「今日はお料理教室♪」で殻が簡単にむけるゆで卵の作り方をご紹介しました。見逃した方は是非ともご覧になってお試しください。


きょうは美味しくて栄養満点の「野菜スープ」の作り方です。


【材料】野菜の具は何を入れてもいいです。
私が昨日作ったものには以下のものを入れました。
ニンジン1本
カボチャ少々
玉ねぎ1個
キャベツの葉3枚
チンゲン菜2束
ブロッコリの茎の部分
えのき
いんげん
トマト2個


【作り方】
1.これらの野菜を適当な大きさに切ります。
2.5.5Lの圧力鍋(大きめの普通の鍋でも大丈夫です)にニンジンやカボチャなど固い物から下に順に入れていきます。
3.水を300cc加えて煮ます。


IMG_3903.jpg


4.煮立ったら弱火にしてさらに5分間(圧力鍋の場合)煮ます。
できあがるとこんな感じになります。


IMG_3904.jpg


5.さめるまでしばらくそのまま置いておきます。次におたまで少しずつ取ってミキサーにかけます。


IMG_3906.jpg


6.それを大きめのタッパーに移します。
7.その中にチューブ入りの生姜やガーリック等をお好みに応じて入れてよくかき混ぜます。


IMG_3907.jpg


8.冷蔵庫に入れて保存し、毎日小分けにしていただきます。5〜6日持ちます。


【召しあがり方】
冷たいままでも美味しく召し上がれますが、電子レンジでチンしても美味しいです。
召しあがる際に、お好みによって味付けしてもいいですが、しなくても大丈夫です。


【野菜スープの優れている点】
なお、この野菜スープは普通の生野菜サラダの200倍の免疫力があり、今話題になっている腸内フローラ(腸内細菌)の環境を整える働きをします。
腸内には600兆〜1000兆個、1000種類以上細菌がいると言われています。
この細菌の中には善玉と悪玉があり、そのバランスを整えることが大切だそうです。


抗がん剤の開発・研究をしている医師・前田浩さんは、2016年にはノーベル賞候補にもなった方ですが、「ガンの予防には野菜スープを食べるのが一番」と断言しています。
「腸」の健康や「腸内細菌」の権威である藤田紘一郎医師は、腸内フローラの本を多数書いていらっしゃいますが、そのうちの一冊がこれです。


81zXUPoM-HL.jpg


腸内細菌は、髪の毛をふさふさ生えさせるだけでなく、心の病と言われるうつ病や発達障がいのひとつアスペルガー症候群を始め、花粉症、アトピーなどのアレルギー性疾患、パーキンソン病などにも治療効果が出ているそうです。ダイエット効果も抜群です。


野菜スープ、お薦めです。


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メルマガ登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスできます。


↓ブログランキングに参加しています。
記事がお気に召しましたら下の [塾教育] のマークをクリックして応援してください。
励みになりますのでよろしくお願いします。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村

オリジナリティで失敗する? それともコピーで成功する?

2018.10.31日
bettertofail.jpg


"It is better to fail in originality than to succeed in imitation."
--Herman Melville - 1819-1891 - Novelist - Poet
「オリジナリティ(独創性)で失敗するほうが、コピー(模倣品)で成功するより望ましい」
--ハーマン・メルヴィル、小説家・詩人
(訳 舟田譲二)


ハーマン・メルヴィルと言えば映画『白鯨』、映画『白鯨』と言えばハーマン・メルヴィル、というぐらい有名です。
私も若い頃、グレゴリー・ペック主演のこの映画を観ました(原題 Moby Dick)。


ハーマン・メルヴィルが冒頭で言っている、
「オリジナリティ(独創性)で失敗するほうが、コピー(模倣品)で成功するより望ましい」
は、まさにこの映画『白鯨』のことを語っているような気がします。
『白鯨』ほどオリジナリティそのものというのはないでしょう。


ハーマン・メルヴィルには『白鯨』を含めて14の著作がありますが、『白鯨』だけで名を上げました。
それは家庭の貧しい環境の中で彼自身が20歳のとき船員となり、その後捕鯨船の乗組員となって太平洋へ航海。厳しい環境を自ら経験しているのです。波乱万丈の航海がこの『白鯨』に大きな影響を与えました。
彼の作品はことごとく評価されず、文筆で身を立てることはできませんでした。
妻の親戚のつてでようやくニューヨーク税関の検査係の職を得ましたが、4人の子どものうち、長男マルコムのピストル自殺、自宅の焼失、次男スタンウィクスの蒸発(1886年サンフランシスコで客死)などの不幸が続き、生涯暗い人生を送りました。


mb1.jpg


それが『白鯨』にも表れています。
鯨の歯でできた白い義足をつけたエイハブ船長は、足を食いちぎられた恨みに宿敵である白鯨(モビィ・ディック)を追い続けます。
ボートを真っ二つにし、海に投げ出された乗組員の一部を食ったモビィ・ディックの巨大な体によじ登り、エイハブは銛(もり)を突き刺し続けますが、鯨は海中に姿をくらまします。
そして再び浮上したとき、エイハブはロープに絡まっており、鯨の体に縛り付けられた形で溺死していました。死を覚悟して復讐に執念を燃やすエイハブと乗組員の姿はすさまじいです。


これがおそらくハーマン・メルヴィル自身の『白鯨』の執筆にかける執念だったのでしょう。
コピー(模倣品)で成功することを拒み、オリジナリティ(独創性)で失敗するほうを彼は選び取ったのです。彼は『白鯨』に文字どおり命を賭けたのでした。


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メルマガ登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスできます。


↓ブログランキングに参加しています。
記事がお気に召しましたら下の [塾教育] のマークをクリックして応援してください。
励みになりますのでよろしくお願いします。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村

人生で一番大切なものは

2018.10.30日

"Patience is the companion of wisdom."
--Aurelius Augustinus (354 - 430), early Christian theologian, philosopher, preacher
「忍耐は知恵の友である」
--アウレリウス・アウグスティヌス、古代キリスト教の神学者・哲学者・説教者
(訳 舟田譲二)


師匠:「人生で一番大切なものは忍耐の二文字である」
弟子:「にんたい、だと四文字じゃないのですか?」
師匠:「たえしのぶ、と書いて二文字だ」
弟子:「たえしのぶ、だと五文字ですよ」
師匠:「バカもん!漢字で書くと二文字じゃ!このわからずやめ!」
弟子:「師匠。人生で一番大切なものは忍耐ですよ」


笑い話のようですが、これと似たようなことを私たちは知らず知らずのうちにやっています。
子どもや生徒に教えているつもりで、彼らから逆に教えられるのです。
そんな覚えありませんか?


実際、人生のあらゆる場面において「忍耐」ほど大切なものはありません。
親子・夫婦・友人等、あらゆる人間関係において忍耐は不可欠です。喧嘩や離婚、DVなどの暴力行為、殺傷事件等々、「忍耐」があればまったく別の展開になり得ます。
あおり運転をされて頭にきてやり返すと、事故になったり、喧嘩、殺人事件になります。
国家間・民族間・宗教間の争いもしかり。
そもそも人間って基本的にみんな自己中心なので、それを押し通そうとしたり、相手のことを顧みないと衝突して当たり前です。そこで「忍耐」が物を言うのです。
「忍耐」が二文字だろうが、四文字であろうが、五文字であろうがそんなことはどうでもいいこと。何を言われても頭にカッとこないで、忍耐する。
どんな場合でもその場ですぐに反応しないでひと呼吸置くのです。それが忍耐のコツです。


勉強や仕事においても「忍耐」が成功と失敗の分かれ目になります。
出来る人というのはまず例外なく忍耐力があります。分かるようになるまで、できるようになるまで、成功するまであきらめません。
多くの人が失敗する理由はただひとつ、「忍耐力」がなくて途中であきらめてしまうからです。


スポーツもそうです。
サッカー、ラグビー、アメフト、野球、テニス、卓球、バスケ、バレー、スケート、フィギュア、陸上、体操、水泳等々、すべてのスポーツで抜きんでる人、成功する人はやはり「忍耐力」があり、成功するまであきらめなかった人たちです。


それにしても沖縄県の与那国町議会の議長選。来る日も来る日も同じことを繰り返し、90回占拠してもまだ決まらない。みんな忍耐強いですね。
あれはちょっと忍耐ありすぎです。あそこまで忍耐強くなくていいのに(笑)
私にはいくつかの解決策があるのですが、まあどこまでやり続けるのか見守るとしましょう。


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メルマガ登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスできます。


↓ブログランキングに参加しています。
記事がお気に召しましたら下の [塾教育] のマークをクリックして応援してください。
励みになりますのでよろしくお願いします。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村

OKグーグル!

2018.10.29日
20171007170508.jpg


「OKグーグル」と呼びかけて、「明日の天気は?」と尋ねると、「晴れときどき曇りで、最高気温は23℃です」と答えてくれます。
「テレビをつけて」と言うと代わってつけてくれますし、「リビングの電気を消して」とか「ショパンのノクターンをかけて」と言うとそのリクエストに応えてくれます。
「カタールの首都は?」には「ドーハ」、「カタールの今の時間は?」「午前2時です」などと言って教えてくれます。この辺りは現在のAIの得意分野です。


ここ数年のAI(人工知能)の急速な進歩のお陰で今までは考えられなかった、まるでドラえもんのような世界が現実化しました。
でも、ちょっと難しい質問、たとえば一昨日の記事、「あなたが話す言葉はあなたが住む家になる」に書いた「The words you speak become the house you live in. はどういったことを言ってるの?」なんて尋ねると、「すみません。お役に立てそうもありません。今後さらにがんばります」などと答えます(笑)


このAIスピーカー、同様のものが他のメーカーからもいくつか出ていますが、価格は1万4000円前後とそれほど高くありません。
でも、質問に対して答えたり、言われたことをしたりはしますが、会話はできませんし、まだまだおもちゃの領域を超えていません。ちょっと高いおもちゃです。
しかも、時にへまもやらかします。
約1年前の記事、「犯人が判明!」では、インコが飼い主の声を真似て、AIスピーカーを使ってアマゾンにギフトボックスを注文したという珍事件を紹介しました。


その点、我が家のAIスピーカーはすごく優秀です。
「明日の天気は?」や「テレビをつけて」「夜10時から8チャンネルの番組を録画しておいて」「樋口一葉は何円札の肖像だった?」「明日の予定は?」「この英文を日本語に訳して」「この単語は何て発音するの?」「この漢字の読み方は?どういう意味?」などはもちろんお茶の子さいさい、「家を掃除しておいて」や「お皿洗いお願いします」「ご飯炊いておいて」「銀行に行って入金しておいて」というお願いから、さらには「携帯は持った?」とか「帰りに◯◯を買ってくるのを忘れないで」と忘れ物のチェックまでしてくれるし、「今日は気温がぐんと下がって寒くなるので温かい恰好をしてください」とアドバイスまでしてくれます。
しかも、感情のこもった複雑で知的な会話もこなします。


他社のAIスピーカーをはるかに凌ぎ、もう生き物です。
これは市販されていません。もし販売されるとなると値段は数億円はするでしょう。
私の妻にとってこんなに便利のいいものはありません。
もう皆さん、我が家の「AIスピーカー」が何だかお分かりですよね🤗


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メルマガ登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスできます。


↓ブログランキングに参加しています。
記事がお気に召しましたら下の [塾教育] のマークをクリックして応援してください。
励みになりますのでよろしくお願いします。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村

あなたも天才!

2018.10.28日
Albert-Einstein-quotes-Genius1.jpg


"Everybody is a genius. But if you judge a fish by its ability to climb a tree, it will live its whole life believing that it is stupid."
--Albert Einstein
「みんな天才だ。しかし、魚が木を登れるかどうかという基準で判断したら、その魚は一生自分は愚かだと思うことだろう」
ーーアルベルト・アインシュタイン
(訳 舟田譲二)


アインシュタインらしい、まことに賢い「天才」の定義です。
私たちの多くが「天才」とは持って生まれた、人並み外れた能力、頭の良さだと思っています。
その観点から言うならば、アインシュタインは「凡才」どころか、天才とは真反対の「劣才」(れっさい)でした。


20世紀最大の物理学者、アインシュタインは今でいう発達障害でした。
5歳まで話すことができず、子どものころは学校の教師から愚鈍だと言われていました。
大学受験でも失敗しています。
のちに大物理学者になりましたが、大学時代、物理の成績は最低の1を取りました。
大学卒業後は、大学の助手になれず、臨時の代理教員や家庭教師をして生活していました。
最初の「特殊相対性理論」という博士論文は大学に受理されませんでした。
周囲の人たちから能力が認められず、長い間奇人と思われていました。


アインシュタインは人から天才と呼ばれると、「私は天才ではありません。ただ、人より長くひとつのこととつき合ってきただけです」と答えています。
冒頭の彼の言葉、
「みんな天才だ。しかし、魚が木を登れるかどうかという基準で判断したら、その魚は一生自分は愚かだと思うことだろう」
は、だれにもわかる喩(たと)えで天才について教えています。


一匹の魚が一生懸命木を登ろうとしているが登れない。だから自分は愚かだ、才能がない、などと思っていたならば、だれでも「いや、お前は魚だよ。魚は水の中を泳ぐのが仕事で、木に登るのは魚のすることではないんだよ」と魚を諭そうとします。
生き物にはみんなそれぞれ自分の得意分野があります。
鳥は空を飛ぶこと、魚は水の中を泳ぐこと、チーターは速く走ること、象は力仕事をすること、キリンは高い木に生えている葉っぱを食べること等々。


それでは人間の得意分野は何かというと、ひとことで言えば「考える」ことです。
人間は空を飛ぶことも、魚のように自由にずぅーっといつまでも泳ぐことも、チーターのように速く走ることもできませんし、象のような力もなければ、キリンのように高いところに生えている葉っぱに手を届かせることもできません。
しかし、ほかの動物を見て考え、飛行機やロケット、船や潜水艦、自動車や列車、ブルドーザーやショベルカー、クレーンなどを発明してきました。
これこそが人間の一番の得意分野です。


でも、同じ人間でもまたそれぞれ得意分野が異なります。
走るのが速い人もいれば、泳ぐのが得意な人も...。
速く走れないから、泳げないからだめ、能力がない、劣才だとはだれも言いません。
一人ひとりそれぞれ能力が違うのです。みんなが違うからこそ、人間社会は面白いのです。
ある人がほかの人を見て「バカだ」とか「能なしだ」とか言うことは実に愚かなことです。それはあたかも魚に向かって木に登れと言っているようなものです。
人間はみんな五十歩百歩です。


私たちはお互いの違いを認め、受け入れ、尊重し、助け合い、補い合うように造られているのです。それができるからこそ人間なのであって、そういう意味において私たちは「みんな天才」なのです。
たとえその才能がいかに小さくてもいい。それを活用するのです。大きな才能を持っている人が大きな仕事をしてくれるのですから。
そのような子育て、教育をすることこそ一番大切です。
背伸びするのも、逆に嫉妬したり、あるいは他人を見下したりするのもみんな間違っています。
自分の分をわきまえ、能力を最大限に活用するなら「あなたも天才」です!


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メルマガ登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスできます。


↓ブログランキングに参加しています。
記事がお気に召しましたら下の [塾教育] のマークをクリックして応援してください。
励みになりますのでよろしくお願いします。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村

あなたが話す言葉はあなたが住む家になる

2018.10.27日
words.jpg


"The words you speak become the house you live in."
--Hafiz - 1325-1390 - Poet
「あなたが話す言葉はあなたが住む家になる」
--ハーフェズ、詩人
(訳 舟田譲二)


ハーフェズは、14世紀のイランの詩人。
石炭商だった父親がハーフェズの幼い頃亡くなったが、父がコーランの朗誦に巧みだったので、これに心を動かされた息子は8年かけてクルアーン(コーラン)をすっかり暗記したため、ハーフィズという称号を与えられた。そのところから彼はハーフェズと呼ばれるようになった。


俗世の愛とも神への愛とも解釈可能な抒情詩を500近くも残し、後に編纂された『ハーフェズ詩集』は、東西の文化に影響を与えた。
ゲーテは「ハーフェズの詩を理解するには 魂まで一汗かく必要がある」と語ったという。
恋と酒と自然の美などを主題とした作品が多く、民衆に広く愛され、現代でも「コーランなくとも各家庭にはハーフェズ詩集あり」とまで言われている。
(以上Wikipediaより抜粋引用)


ということで、今日の言葉はこのブログで初めて取り上げるイスラム教徒、ハーフェズの詩です。イスラム教はあまり馴染みがなくピンとこないのですが、この「あなたが話す言葉はあなたが住む家になる」は、宗教や文化などにかかわらずいつの時代の通じる真理ではないかと思います。


最初これを読んだとき、なんとなく言わんとしていることはわかるような気がするのですが、いざその意味は何かと問われると、答えるのに窮するような状態でした。
しかし、「言語」が生涯のテーマになっている私にとっては看過できない一編の詩です。
皆さんはいかがですか?読んでピンときますか?


いろいろ考えたあげく私がたどり着いた結論はこうです。
人はみんな心にあること、考えていることを言葉に表します。というか正確には、頭の中で私たちは常に言葉を使って考えています。ですから頭の中で考えていること、心の中にあることを私たちは話すわけです。


そして知らず知らずに話していることがその人の性格、人格、生きざまになっていきます。
言い方を変えれば、ひとりの人が話す言葉を聞いていると、その人がどんな人物であるかがだいたいわかるということです。
どうでしょう、思い当たる節はありませんか?


さて、人が話す言葉がその人の人格を作り上げていくのですが、人を「器」と見立てた場合、その器の中にその人の人格が宿っているわけです。すなわち「器」は人が住んでいる「家」です。
「あなたが話す言葉はあなたが住む家になる」とは、具体的に言うと、たとえばネガティブ(否定的・消極的)なことばかり考えていて、そのような言葉を常々使っていると、その人が住んでいる家は自然とそのような言葉で満ち溢れるようになっていきます。
すると、その家に住んで毎日同じ空気を吸っている家族も自然とそのようなネガティブな言葉に染まっていきます。


逆に、ポジティブ(肯定的・積極的)な言葉をいつも使っている家族が住んでいる家は、そのような言葉で溢れていきます。このような環境の中でネガティブな言葉を使ったり、ネガティブに考え、行動するのは困難になります。
たとえ、質素な食事が並んでいる食卓を囲んでいても、絶えず冗談や笑いが溢れていて楽しい場であれば、食事は美味しくなりますし、食べているものは貧しくても身体に栄養となってついていき、健康になり、ひいては長寿にもつながります。


一方、毎日贅沢なご馳走に満ち溢れた食卓でも、みんなが押し黙って食事していたり、お互いに相手を心の中で裁いたり、憎しみ合ったり、疑心暗鬼になっていたりしたら、食事はまずくなるばかりか栄養にもならず、病気をしたり、短命にもつながります。


これこそ、まさに今日の言葉、
「あなたが話す言葉はあなたが住む家になる」
が言わんとしていることではないでしょうか。


あなたが住みたい家はどんな家ですか?


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メルマガ登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスできます。


↓ブログランキングに参加しています。
記事がお気に召しましたら下の [塾教育] のマークをクリックして応援してください。
励みになりますのでよろしくお願いします。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村

ちょっと怖い笑いとめちゃめちゃ面白い笑い

2018.10.26日

来週、10月31日はハロウィン。
アカデミーでは今日からキッズ英語各クラスで小さなハロウィンパーティを行ないます。
この日は子どもたちがコスチュームをつけて来て、英語を使いながらゲームをしたりして楽しみます。


ハロウィンと言えば、こわ〜いお化けが出てきます。
アカデミーに出てくるお化けはそんなに怖くなく可愛いものですが、それでも突然教室の電気が消えて真っ暗になったところにロウソクを持ったお化けが入ってくると、みんなギョッとして中には半泣きになりながら机の下に隠れる子も出てきます。


しかし、下の America's got Talent の動画は本当にぞっとします。
審査員たちも会場の聴衆もみんなパニックに。



マジックショーなのですが、雰囲気がめちゃめちゃ怖い。ぞーっとします。
でも、考えてみたらご愛嬌。いかにもアメリカ人らしい反応の仕方。
会場の人たちの怖がっている様子を見ていると思わず笑ってしまいます。


次の動画はロードアイランドの街角で実際にあったお巡りさんの交通整理。アメリカではよくこのようなシーンを実際に見ます。これもいかにもアメリカ的。日本だったら大変なことになります。
ユーモアたっぷりで本当に笑えます。
笑いは百薬の長。
どうぞお楽しみください。



毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メルマガ登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスできます。


↓ブログランキングに参加しています。
記事がお気に召しましたら下の [塾教育] のマークをクリックして応援してください。
励みになりますのでよろしくお願いします。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村

笑ったり、微笑んだりすると健康になることが実証される!

2018.10.25日

昨日、神戸の関西聖書神学校の先輩で、Facebookフレンドの高原幸男先生からお便りが届きました。


「舟田先生 突然に便りを送付いたしましてごめんなさい。毎日送付されるメルマガを拝読しておりまして、励ましや教えに感動をしております。本日は『笑い』について書かれていましたので、私もいつもオヤジギャグを言って、周囲をヒャーッとさせております。つい先日、扱っている会社には申し訳がないのですが、販売している薬品から教会に対してのダジャレを仮に作ってみました。著作の認可をとっておりませんので、公表は出来ませんが、密かに一部の人に渡しています。ちょっと皮肉も入っていますが、お笑い頂ければ幸甚です。(続編も考慮中です。薬品記号で聖書から解決が得られるようにしています)
では、舟田先生の健康とお働きの上に、特に学院の事業の上に、神さまの祝福が豊かに伴われますように、お祈りしつつ。
日本ミッション  高原幸男」


同封されていたのは下の10ページからなる小冊子です。
題して「ダジャレ・コーナー  キリスト教製薬会社販売薬品 作:高原幸男」
(高原先生の許可を得て、下に一部を紹介させていただきます)


%83X%83N%83%8A%81%5B%83%93%83V%83%87%83b%83g%202018-10-24%2023.33.24.jpg


ほかに12種類の皆さんお馴染みの薬をもじった薬が同様にジョークで紹介されています。
「オオタリサン」(太田胃酸)、「アルナミン液」(アリナミン液)、「ウワノソラ糖衣錠」、「ジキニン」、「ナヤミデール錠」、「ペニシラン注射液」、「センデス錠」、「ハランケア」、「ヨソジン」(イソジン)、「チオミタドリンク」、「ヘモトルド」(ヘモリンド)、「チクリナイン」(チクナイン)、「救神」(救心)、「命の水」(命の母)、「カストール」、「ルンルン錠」(ルル錠)。
もう、面白すぎます!!
読みながらニタニタ笑ったり、吹き出して大声で笑ったり。
その後、食器を洗っているときも、野菜スープを作っているときも(そう、最近は主夫業にいそしんでいます)、ウォーキングしているときも、思い出し笑い。


昨日は久しぶりに朝からよく働きました。家の掃除に始まり、食料品の買い物、夕方のウォーキングは1時間48分、12582歩、7.1km、夜は生徒のバス送迎を妻に代わってしたりと、我ながら感心しています(笑)
普通だったらクタクタに疲れるところですが、なんとまったく疲れていないし、いつもの首や肩、背中、腰の痛みも出ませんでした。
考えてみたら、高原先生が送ってくださったこのユニークな「読み薬」のお陰でした。
かくして、「笑いは百薬の長」「笑ったり、微笑んだりすると」が実証されました。
高原先生、感謝いたします!


高原幸男先生は、日本イエス・キリスト教団 北大阪教会、協力牧師を務めていらっしゃいますが、いっぺんに高原先生の大ファンになりました。ぜひ一度メッセージを直接お聴きしたいと思っています。


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メルマガ登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスできます。


↓ブログランキングに参加しています。
記事がお気に召しましたら下の [塾教育] のマークをクリックして応援してください。
励みになりますのでよろしくお願いします。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村

人から人へと伝染するもの

2018.10.24日
quote-1481.jpg


"A healthy attitude is contagious but don't wait to catch it from others. Be a carrier."
—Tom Stoppard - Playwright and Screenwriter
「健全な態度は伝染する。しかし、他の人から移されるのを待っていてはいけない。自ら人に移す者になろう」
—トム・ストパード、脚本家・シナリオライター
(訳 舟田譲二)


数日前の記事、「笑ったり、微笑んだりすると」の中にも、「ひとりの人の笑顔は伝染して周囲の人をも笑顔にします。あなたが微笑んで、笑っていたら周りの人たちも幸せな気持ちになります」と書きましたが、まさにそのとおり。


「健全な態度は伝染する」の「態度」を表す原語の attitude にはいろいろな意味があります。
「態度、立ち居振る舞い、考え方、意見、姿勢、身構え、心構え」などいろいろな訳語があり、とても幅広い意味を包括する言葉ですが、そのいずれもがここに当てはまります。
これらすべてが人から人へと伝染するのです。


皆さんのこれまでの人生を顧みてください。きっとそのような経験があることでしょう。
いい意味においても、逆に悪い意味でも、人の考え方や生き方、態度、姿勢などは身近な人に伝染するものです。今日の私があるのは、まずは両親のお陰、それから幼小中高大、大学院などを通して出会ってきた大勢の友人や恩師の方々、あるいは職場で知り合った人たち等々、数えきれないほどの人々の影響を受けてきています。


でも、同時に私たち自身も知らず知らずのうちに身の周りの人たちにさまざまな形で影響を与えています。
ここでトム・ストパードが言っているように、「他の人から移されるのを待っていてはいけない。自ら人に移す者になる」、すなわち良い影響を与える者に進んでならなければなりません。
家族や友人という単位から、もっと幅広くいろいろな人間関係において互いにいい影響を与え合う、そのような者になるよう普段から心がけるなら、この世の中、もっともっと住みよい、安心できる、楽しいところになることでしょう。


残念ながら、最近はむしろ人間関係がどんどん希薄になってきていて、またうっかり信頼すると騙されたり、裏切られたりと、怖い状況を経験することがあります。毎日のニュースでもそのような出来事がしょっちゅう報道されています。
しかし、逆にそのような時代だからこそ、私たちがまず率先して良いお手本を示し、それを周りに広めていくような者になりたいものです。


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メルマガ登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスできます。


↓ブログランキングに参加しています。
記事がお気に召しましたら下の [塾教育] のマークをクリックして応援してください。
励みになりますのでよろしくお願いします。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村

鳥肌が立つパフォーマンスの陰には

2018.10.22日
inspiring_quotes_23-min.jpg


"Always do your best. What you plant now, you will harvest later."
--Og Mandino, 1923-1996, Author
「つねに最善を尽くしなさい。今、蒔いているものは後に刈り取ることになります」
--オグ・マンディーノ、作家
(訳 舟田譲二)


オグ・マンディーノは私の大好きな作家で、彼の作品はほとんど全部英語で読み、またオーディオブックでもたくさん聴きました。
こちらのAmazonに日本語に翻訳されたものが紹介されていますが、どれもお勧めです。彼とはとても波長が合います。


今日のオグ・マンディーノの言葉、
「つねに最善を尽くしなさい。今、蒔いているものは後に刈り取ることになります」
は私の人生のモットーでもあります。


昨日、偶然に(というか私は偶然は信じず、必然だったと思っていますが)とても面白い動画に出合いました。何度も繰り返して見ました。見るたびに鳥肌が立ちます。
この日本人青年のチャレンジ精神もすごいですが、ここに至るまでの彼の努力は尋常のものではありません。この素晴らしい結果を出せるようになるまで何千時間、あるいは1万時間以上かかっていることでしょう。


どうぞご覧になって存分にお楽しみください。"America's got Talent!" は私の好きなシリーズで、これまでにもこのブログで何度も取り上げてきましたが、日本人の登場は珍しいです。
ステージの前に座っている審査員たちは最初みんな半分バカにしていますが、蝦名(えびな)健一さんのパフォーマンスを見るなり審査員も会場いっぱいの聴衆もみんなすっかり彼の虜になってスタンディングオベーションをしています。もう人間業とは思えません。
彼に拍手を送り、彼の将来を楽しみにしましょう!



毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メルマガ登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスできます。


↓ブログランキングに参加しています。
記事がお気に召しましたら下の [塾教育] のマークをクリックして応援してください。
励みになりますのでよろしくお願いします。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村