学院長元気の出るブログ

日々の随想。教育問題、子育て、英語、積極思考、人間関係、霊想等など。
読む人に元気を注入します。

ジョージ学院長 元気の出るブログ

ブログに関するご意見・ご感想は、こちらのフォームからお気軽にどうぞ

少年はかつて私でした???

2019.11.04日

下の記事は2年前のものですが、後半に一部2年後の現在の状況をアップしています。どうぞ最後までお付き合いください。


「また、少年はかつて私でした、私が行って嬉しい」
「そして男の子は嬉しい私だった」
「そして、あーあ、私はこれまでに、そうすることがうれしかったです」
「そして、少年は、ずっと、私がしたことがうれしく私であった」
「さらに、少年だった私が今までに嬉しい私でした」
「少年は私が今まで私は喜んでいた」


何のことかお分かりになりますか?
察しの良い方はお分かりのことと思います。


アメリカ人の書いている英文を見ていて面白い表現(と言っても日常に使われている)に出合ったので、これを今はやりのネット上の翻訳サービスでやったらどんな日本語が出てくるのだろうと、遊び心で試したみたのです。


IMG_1894.PNG


だいたい予想していた結果です。
おそらく日本の中高生だけでなく、大学生でも似たり寄ったりの訳をすることと思います。
これが現在の日本の英語教育の一番弱いところでです。
本文の英語が何だかすぐに分かる人はネイティブ並みの英語力のある方です。


そこで今度は上の日本語を入力して英語に逆翻訳してもらいました。
"And あーあ, I were glad that we did so it so far."
"Furthermore, I who was a boy was me who was nice so far."
"And what I took all the time was nice, and the boy was me"
"In addition, I who was me ever go the boy and am glad."
"And the boy was me who was nice."
"Boy I was ever glad I was."


どれが正解かお分かりでしょうか?
一番下のが惜しい!
正解は
"And boy was I ever glad I did."
で、その日本語の意味は、
「まあ、本当にやっておいて良かったと、どれだけホッとしたことか」
のような感じです。
現在の機械翻訳はずいぶん進んだとはいえ、まだまだこのレベルです。


外国に住む日本語が分からない方で、私のブログを愛読してくださっている方がありますが、その方は上のような機械翻訳された非常に分かりづらい英語を読んで意味をくみ取ってくださっています。ブログの感想などを英語で書いてきてくださいますが、ほとんどきちんと理解していらっしゃり、頭が下がる思いです。


つい先日、ソニーがアイボ(aibo)の新型を発表し、来年1月から発売します。大ヒットした初代アイボより5万円以上安くなりました。
愛くるしい表情や動作で「飼い主」を癒してくれそうです。
尻尾を振り、片耳を動かし、おもちゃに興味を示し、話しかけるとそれに反応するアイボ。
ソニーによれば、AIを活用した新型アイボは「オーナーの愛情を感じとるとより深い愛情で応えるようになるなど、時が経つにつれて絆が深まる」といいます。


webt171102-aibo-thumb-720xauto.jpg

AIを活用したaiboは愛情を感じるとより深い愛情で応えるようになる


また、アマゾンやグーグルを始めマイクロソフトなど各社が相次ぎ「話せるスピーカー」を発売して話題となり、毎日のようにテレビでCMを流しています。
AIによる技術革新は車の自動運転を始め、様々な分野で急ピッチで進んでいます。


私の予想では、この1〜2年ぐらいでスマホは指で画面にタッチせず、直接話しかけて入力できるようになります。


2年後の現在、この予想はほぼ実現しています。
ただ、現段階で一番優れていると思われるGoogle翻訳で上の英文を再度試してみたところ、
"And boy was I ever glad I did."
→「そして少年は私がやったことを嬉しかった」(意味不明)
次にこの日本語を英語に翻訳させたら、
"Well how relieved you really were to do it."
とこれもまた意味不明な文になっていました。


そして、10数年後には話しかけなくても頭の中で考えていることをAIが自動的に読み取って代わりに入力してくれ、相手側から戻ってくるメッセージもスマホが音声で、それも現在のようなロボットのような機械的な声ではなく、本人の声そっくりに読み上げてくれるほどにまで、あるいは今はまだ想像もつかないものに進化しているだろうと思っています。もちろん形も大きさもすっかり変わることでしょう。
アイボもさらに進化すると、飼い主が放っておくとアイボのほうも飼い主を無視したり、乱暴な言葉や扱いをするとアイボも攻撃的になるということも十分考えられます。
AIの進化はとどまるところを知りません。人間がうまく使わないと、AIに操られるようなことにもなりかねません。(「AI(人工知能)は人か神か!?」参照)


実際のところ現在、AIを使ってトランプ大統領の動画を編集し、彼の声を使って口の動きまで正確に再現して、まったく違うことを話させるディープフェイク動画を作ることさえ可能になっており、その真偽を見分けることが非常に困難、という戦争の引き金にもなりかねない危険な時代に突入しています。



↓ブログランキングに参加しています。フェイスブックの「いいね!」だけでなく、お読みいただいてお気に召していただけましたら、忘れずに下の [塾教育] のマークをクリックして応援してください。
励みになりますのでよろしくお願いします。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村


「学院長 元気の出るブログ」をご愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メルマガ登録を行ってください。
ブログ更新情報が届き、簡単にブログにアクセスできます。

嗚呼、日本語の美しい敬語が…

2019.10.29日

ちょうど1週間前は「即位礼正殿の儀」で祝日でした。
テレビ各局は中継や特別番組などでその模様を伝えていました。


そこで気になったのは、司会者やコメンテーターの不自然な、というかちょっと変な敬語の使い方でした。
たとえば、
「1時間半おかかりになって、…」
これは、「◯◯さんは1時間半おかけになって、…」で、時間でなく人を主語にすべきです。
「もう一つおありになる」も上と同様。
「いらっしゃっていただいてます」「おっしゃっておられる」「されていらっしゃる」「いらっしゃられる」「召し上がられる」
といった二重敬語。これはそれぞれ以下のように言うべきでしょう。
「いらっしゃっています」「おっしゃっています」「されています」「いらっしゃる」「召し上がる」(「お召し上がりになる」は正しい敬語)


敬語は日本語のとても美しい特徴のひとつで私は好きです。
でも使い方は本当に難しいです。
上のように、話すことが仕事であるプロの方でさえ間違うぐらいですから。


敬語を教えている学校の先生たちも、次のように言っているのをこれまで何度も聞いています。
「校長先生が今も申しておられましたように」
「申す」という謙譲語と「おられる」という尊敬語が混在しています。
これは入学式や卒業式の場で、生徒に対して言うのであれば、
「校長先生が今もおっしゃっていましたように」
保護者に対してであれば、
「校長が今も申しておりましたように」。
校長を身内の者として対外的に言うときには謙譲語、生徒に対しては校長に対する敬意を込めて尊敬語、と使い分けが必要で本当に複雑です。


敬語は小学1年生から一番基本である「丁寧語」を学びます。
小学校に上がるまで話し相手はほとんど家族や友達でしたが、小学生になると場面にあわせて言葉遣いが変わることを学ばなければならなくなります。
「来る」に対して「来ます」というのが丁寧語です。


5・6年生になると目上の人に対して使う「尊敬語」の基礎を学びます。
「来ました」「いらっしゃいました」


中学生になると自分を下げて相手を立てる「謙譲語」を学びます。
「来ました」「参りました」
でも、中学生にとって国語で学ぶ敬語は難しく、なかなか身に付きません。


敬語はこれら「丁寧語」「尊敬語」「謙譲語」から成っていますが、冒頭に挙げたように、うっかりすると二重敬語になったり、謙譲語と尊敬語が一緒になったりしてしまいます。
それは、普段あまり使い慣れていないからです。
「お食べになられる」といった、コンビニのレジなどで変な敬語を聞くのも同じ理由です。
営業の人からの電話で変な敬語を聞くと、私はそれだけで冷めてしまってあとを聞く気がしなくなります。
「こちらは舟田様のお電話でお間違いございませんでしょうか?」
「うちは結構です」(ガチャン!)


あと、「しゃべる」は「話す」の卑近な日常表現なので、「おしゃべりになられる」も変ですが、これも即位礼正殿の儀のテレビ中継で何度も耳にしました。
学校での国語教育の中だけで正しい敬語を身につけるのは時間も十分でなく困難なので、やはり社会に出てから経験しながら一つひとつ覚えていくのがベストなのでしょう。
「社長が行かれました」なんて言ってると、「イカれた」人のように聞こえてしまいます(笑)。


↓ブログランキングに参加しています。フェイスブックの「いいね!」だけでなく、お読みいただいてお気に召していただけましたら、忘れずに下の [塾教育] のマークをクリックして応援してください。
励みになりますのでよろしくお願いします。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村


「学院長 元気の出るブログ」をご愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メルマガ登録を行ってください。
ブログ更新情報が届き、簡単にブログにアクセスできます。

日本 8強へ、私 1弱

2019.10.06日

スポーツの秋たけなわ。
ニュースは連日、ラグビーワールドカップ、プロ野球CS戦、大リーグプレーオフ、テニスジャパンオープン、女子テニス中国オープン、ゴルフジャパンオープン、バレーワールドカップ、陸上世界選手権、フィギュアジャパンオープンetcでにぎわっています。
中でも、今一番熱いのはラグビー。
これまではどちらかというと日本では地味だったラグビーが一気に国民的関心を集め、にわかファンも加えて大盛り上がり!
私も連日テレビにくぎ付けです。


rugby.jpg


昨日はサモア戦に38:19で勝ち、3戦全勝で首位に。
一方、私もトライしたものの1弱に…
これについてはまた後ほど。


子どもの頃からほぼ毎週病院通いするほどの虚弱体質で、その結果スポーツは何もせず、そしてできず、体育はいつも2か1。
運動会の徒競走ではビリかビリ2。


小学5年生の時、体育の時間に野球を生まれて初めてやりました。担任はみんな野球のことは知っているという前提で、ルールの説明も何もなくいきなり男子2チームに分かれて試合。
私のポジションはボールが飛んでこないセンター。でもセンターがどこかすら知りませんでした(笑)。
初めてバットを握りバッターボックスに立つと、いつも私をいじめていた不良の子が私にいきなり「走れ!」。
私は何も分からず言われるままに1塁ベースに向かって走り出したら、みんな大笑い。穴があったら入りたいとはまさにこのこと。


こんな感じだった私は中学でも部活は英語部と美術部、エスペラント同好会。
高校に上がる時、父の友人が身体を鍛えなければダメだと私を説得してラグビー部を勧めました。
ラグビーがどんなものかも知らずに入部し、翌日から先輩たちにしごかれ、来る日も来る日もボールのパス、タックル、スクラムをやらされました。トライまではいきませんでした。
部活が終わり真っ暗になって家に着くや否や玄関で靴も脱がずにバタンキュー。夕食も食べずに、翌朝は朝食抜き、遅刻ギリギリで電車の駅まで十数分走り、授業中はただくたくたで居眠りしているか、ラグビー部1年生の仕事であるラグビーボールにつばをペッペと吐きかけて磨いているかのどちらかといった有様。
高校時代の私はむしろこんな感じでした。


meiji2-thumb.jpg

学園祭の仮装パレードで 女子より美人な私 笑(左手前)


1か月もたたないうちに、駅まで走ったり、部活で走ったりすると脇腹が死ぬほど痛くなり、近所の医者に診てもらいに行きました。診察と血液検査の結果、胃から肝臓、膵臓、腎臓等内臓全てがやられていて、このままだと死んでしまう、絶対安静と言われる始末。
これで私のラグビー人生は幕を下ろしました。
もともと虚弱体質でスポーツ音痴な私がいきなりラグビーをやったこと自体が大間違いでした。


その後はただひたすら勉強と仕事でますます運動から遠ざかりました。
40代でようやく始め、楽しくなってきたかと思ったテニスは四十肩で腕が上がらなくなってあきらめ、50代で始めたスイミングは五十肩でやめて…
と散々なスポーツ人生でした。


でも60代になって始めたウォーキングと再開したスイミングは何とか続いています(笑)。そして、自分では何もできないながらスポーツ観戦は大好きで、ラグビーもゴルフもバレーも何でも観ています。


さて、話は戻って私のファーストトライ。
暑さが続く4日前の水曜日のこと。
日が落ちて涼しくなってからいつものようにウォーキングに出かけました。
真っ暗な中30分ほど歩いて折り返し、車道ぎわのガードレールで囲まれた狭い小径を歩いていた時のこと。
元々桜並木が植えられていて囲いのあった場所が桜の木が枯れて伐採され、その部分が窪地になっています。
不用意にそこに足を踏み入れて、縁取りしてあるところにつまずきました。
「おっとっと!」と思う間もなく足がもつれて前のめりに転倒し、3〜4メートル前方に頭から突っ込んでいきました。
まるでスローモーションビデオを見ているような感じで目の前にガードレールが迫ってきます。
その瞬間、ドーン!とガードレールのポールに思いっきり左肩をぶっつけました。
一瞬、死んだかと思いました。しばらくそのまま動けませんでした。


その倒れ込む姿がまるでラグビーのトライのような感じだったのです。
ラグビーの試合を見ていていつも感心していました。よくもあんなふうに全速力で走っていって、ゴールラインを越えたところでボールを持ったまま飛び込んで滑り込み、腕や肘を骨折しないものだ、と。


幸い、私も骨折こそしませんでしたが、両手、両腕、両足をコンクリートで擦ってあちらこちらから出血。指の爪も割れたかと思いましたが、痛みと出血で確かめることもできません。
よろめきながら立ち上がり、足を引きずりながらゆっくり歩き始めました。
道中、自分のことがほとほと情けなりました。
しかし同時に、ガードレールのポールに頭や顔面をぶっつけなかったことと、そもそももしガードレールがなくて車道にまで飛び出してそこに車が来ていたら、などと考えていたら神様の守りがあったことを思い知らされ、何度も何度も感謝のお祈りをしながら家にたどり着きました。


4日目の今日もまだベッドの上で休んでいます。
ベッドに寝起きするにも痛みに顔をしかめています。擦りむいた傷口は、まだバンドエイドの下で少し血がにじんでいますがほぼ回復。打った左の肩や背中はまだかなり痛んでいて、左の腕の肘近くの部分は500円硬貨ぐらいの大きさで1センチほど青黒く腫れ上がっていますが触らない限り痛みはありません。


これまでにも何度か転倒して大怪我をしていますが、今度転倒したらもう寝たきりになる、ということで妻からは夜間外出禁止令発令!
久しぶりのブログ記事は、恥さらしの私のファーストトライの近況報告でした。


↓ブログランキングに参加しています。フェイスブックの「いいね!」だけでなく、お読みいただいてお気に召していただけましたら、忘れずに下の [塾教育] のマークをクリックして応援してください。
励みになりますのでよろしくお願いします。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村


「学院長 元気の出るブログ」をご愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メルマガ登録を行ってください。
ブログ更新情報が届き、簡単にブログにアクセスできます。

メーガンは存在しなかった!?

2019.09.11日

メーガン妃と言えば、去年ヘンリー英王子と結婚したことで話題になりました。
私は「なつぞらとスーツとアリメツ」の中でも書きましたが、アメリカのドラマ "SUITS" (日本語版『スーツ』) でレイチェル役を演じたメーガン・マークルの一ファンなので、彼女のことが何かと気になります。


今、英国内ではメーガン妃のことがよくニュースに取り上げられています。
ウイリアム王子一家とヘンリー王子一家の不仲説。
エリザベス女王の毎夏の恒例になっているスコットランド・バルモラル城での休暇に招かれたのを、メーガンは「アーチー(赤ん坊)が生後4か月と幼すぎる」という理由で断っておきながら、夫とアーチーは家に置いて自分ひとりでニューヨークに飛んで、テニス女子全米オープンのセリーナの応援とホットヨガ、友達のパーティに行く、など自分勝手な行動。
彼女のジーンズというカジュアルすぎるファッション。
実の父親との確執。
等々、話題に事欠きません。
アメリカという自由な文化背景から封建的な英国王室に嫁いだのですから、ある意味当然と言えば当然なのですが、これだけいろいろとバッシングされると可哀想な気がします。


GettyImages-Meg_Harry_1.jpg


ところが、な、なんと、そもそも「メーガンは存在しなかった!?」というのが今回のテーマ。
一体どういうことか、と思われることでしょうが、ここからは私の専門、英語音声学の話。


じつは、日本での「メーガン」という発音は英語には存在しないのです。
彼女の名前は Megan と綴りますが、発音は「メーガン」でも「ミーガン」でも「メガン」でもありません。


英語には「アー」「イー」「ウー」「オー」という長母音はありますが、「エー」という長母音はないのです。会話などで驚いたときに使う "Eh!" という間投詞でさえ【éɪ】と発音します。
ですから、 Megan の発音は「メーガン」ではなく、「メイガン」なのです。
一個人の大切な名前なので、初めから正確に「メイガン」と表記していれば良かったのに、と私は思うのですが。
日本人でも「羽田」という苗字は、「はた」「はだ」「はねだ」と異なる読み方がありますが、誤って呼ばれるのは嫌ですよね。


日本語はこの「エー」と「エイ」の違いが非常にあいまいで、「テープ」「ケース」「エージェント」「エース」「レームダック」とほとんど「エー」という長母音を使いながら、一方で「フェイクニュース」「エイプリルフール」「エイト」「ペイ」「ヘイトクライム」など「エイ」と書いたりして、きちんとしたルールがありません。


これら外来語は日本語で英語じゃないからどっちでもいいじゃないか、と思われる方もいらっしゃるでしょうが、じつはこの外来語なるものがくせ者なのです。
というのは、これが日本の英語教育に大きな影響を及ぼしていて、日本人の英語の発音下手につながっているからです。
実際のところ、中高大学の英語の教員ですら無意識のうちに英語の【éɪ】を日本語式に「エー」と発音している人が大勢います。
たかが「エー」と「エイ」の違い、されど「エー」と「エイ」の発音でその人の英語力が現れます。


↓ブログランキングに参加しています。フェイスブックの「いいね!」だけでなく、お読みいただいてお気に召していただけましたら、忘れずに下の [塾教育] のマークをクリックして応援してください。
励みになりますのでよろしくお願いします。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村


「学院長 元気の出るブログ」をご愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メルマガ登録を行ってください。
ブログ更新情報が届き、簡単にブログにアクセスできます。

山が動いた!

2019.09.03日

I have some good news and some bad news today.
The good news is that my sermon on August 25 was finally uploaded to the web so you can listen to it now.
The bad news is it's so long that it was divided into 2 parts.
The best news is yet to come in the sermon at the end of it. So be patient enough to listen to the very end of it, would you?


去る8月25日に、私が協力牧師を務めさせていただいている湘南見附キリスト教会の礼拝で、主任の柿谷正期牧師のお留守の講壇をお預かりしてメッセージを取り継がせていただきました。
当日、たくさんの方にお越しいただき、本当に感謝いたします。
しかし一方、様々なご事情で残念ながら来れなかった方も大勢いらっしゃいました。


グッドニュースは、オオニシWEB企画さんのご尽力によりネットにアップされようやく聴けるようになったことです。
バッドニュースはメッセージがあまりにも長くなったため、前・後半の2部に分けて公開された点です。
しかし、私が一番お伝えしたかったベストニュースは、メッセージの最後の部分に出てきますので、忍耐を持って最後までお聴きください。よろしくお願いいたします。
ご感想などお聞かせいただければ幸甚です。
(もし、文章で読むほうがいいという方がいらっしゃいましたら、メールでその旨お知らせください。原稿をお送りいたします)


「山が動いた! vol1」


「山が動いた! vol2」


IMG_5600.jpg
      (礼拝後の写真です)


本当は、礼拝後に行なった Impossible を目の前で実演したパフォーマンスをビデオに撮っていただいてここにアップすれば良かったのですが、すっかり忘れていました(笑)。


↓ブログランキングに参加しています。フェイスブックの「いいね!」だけでなく、お読みいただいてお気に召していただけましたら、忘れずに下の [塾教育] のマークをクリックして応援してください。
大きな励みになりますのでよろしくお願いします。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村


毎日、「学院長 元気の出るブログ」をご愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メルマガ登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスできます。

なつぞらとスーツとアリメツ

2019.08.30日

『なつぞら』と言えばもちろん、今人気のNHKの朝ドラ。
4月から始まった100作目のシリーズで、あと残すところ1か月となりました。
またお別れするのが寂しいです。


今回の『なつぞら』は広瀬すず主演で、草刈正雄や松嶋菜々子始め、大型俳優による抜群の演技も去ることながら、時代考証や演出などすべてが秀逸です。


主人公奥原なつの実在モデル、アニメーター奥山玲子の立志伝で、物語の中には若かりし頃の高畑勲や宮崎駿などが登場し、また作中のテレビアニメの原作が、「狼少年ケン」「魔法使いサリー」「マジンガーZ」「アンデルセン童話」など懐かしいタイトルが並び、昔を思い出させます。
また、ちょうど京アニの不幸な事件があって世の人の関心が日本のアニメに注がれていることもあって、よけいにこのドラマを身近に感じさせます。


実在のモデルとこのドラマのために作ったモデルがうまく相混ざり、より奥深さを演出しています。
人々の人情や愛情を絡めて描くヒューマンドラマで、いつも観ていると無意識のうちに微笑んでいたり、涙していたりします。


resize.jpg


『スーツ』については去る5月に「成功と労働」という記事で紹介しましたが、この夏、私はアメリカの原作 "SUITS" を2011年に放映されたシーズン1から昨年のシーズン7までの8年分すべてを通して一気に観ました。
小学生の頃ハマっていた『ペリー・メイソン』を始め、高校生の頃は『われら弁護士』など、もともと弁護士物が大好きなのですが、この "SUITS" はこれまでの弁護士ドラマをはるかに凌ぎます。
こちらは去年、英国ロイヤルウェディングで話題になったメーガン・マークルが主役のひとりを務めていて、2011年から続く超人気ドラマだけあって、本当に奥が深くて、息もつかせないストーリー展開は見事というほかありません。
俳優の演技に至っては、日本の映画やドラマを寄せ付けないほどの高いレベルです。
愛情や友情も大きなテーマにはなっているのですが、お金や権力、地位、名声、嘘、裏切り、騙し合い、暴力、ドラッグ、性などいわゆるこの世の中のドロドロした面がこれでもか、これでもかというほどリアルに描写されています。
でも、これらは決してオーバーな描写ではなく、毎日のニュースを賑わしている日常茶飯事の出来事ばかり。


a014a30.png


このドラマを観ていて現実世界の怖さを垣間見たような気がして、高校生の頃弁護士になりたいと思っていた私はならなくて本当に良かったと胸を撫で下ろしています。まあ、もともと弁護士になる能力などありませんでしたが。
よく話題に上る小室圭さんが今、 "SUITS" と同じ舞台ニューヨークにあるフォーダム大学のロースクールで国際弁護士の資格を取るために勉強していますが、このドラマの中で描かれているアメリカの厳しい社会を見ていて、小室圭さんにこんな大変な仕事が務まるのだろうかと、お節介でしょうが心配してしまいます。


話は変わりますが、我が家の台所の流し台の上を歩き回る全長1mmほどの極小の蟻をひと月ほど前からよく見かけるようになりました。ガスレンジの狭い隙間ら出入りしているので、レンジ台の下や流しの下などいろいろ調べてみたのですが、1匹も見あたりません。
そこで、先に入手していた「アリメツ」という殺蟻剤をガスレンジのそばに置いておきました。
すると、2〜3日後にはその中に10数匹の小さな蟻が折り重なるようにアリメツの液の上に浮いていて、それ以来ほとんど見なくなりました。


あるとき、ふと見ると目の前で3匹の蟻がアリメツの液が入れてある小さなスプーンの中にいました。1匹はスプーンの中央に浮いています。たっぷり飲んでお陀仏したのでしょう。
別の1匹はアリメツを少し舐めては離れますが、その美味しさに惹かれてすぐに戻りまた舐めています。
もう1匹はきっとかなり液を舐めたあとなのでしょう、危険を感じてそこから離れようとするのですが、すでにかなり舐めたせいかフラフラになっていてスプーンから出ることができません。


これらの蟻の姿はまるで、 "SUITS" の中に登場する、罪にまみれた人たちのようでした。
「危険だ」「逃げなければ」と思いつつも、甘い誘惑に負けてズルズルと罪の世界にハマっていく、という人間の弱さです。
『なつぞら』の中に描かれているのは、私たちが憧れるほのぼのとした理想の世界で、登場するのはいい人ばかりですが、現実は "SUITS" のような世界です。
私たちは心して甘い誘惑に負けないようにしなければなりません。
これは決して他人事ではありません。男性も女性も、老いも若きも問わず、みんな誘惑に弱いものです。自分は大丈夫と思っているのが一番危険です。


↓ブログランキングに参加しています。フェイスブックの「いいね!」だけでなく、お読みいただいてお気に召していただけましたら、忘れずに下の [塾教育] のマークをクリックして応援してください。
大きな励みになりますのでよろしくお願いします。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村


毎日、「学院長 元気の出るブログ」をご愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メルマガ登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスできます。

夏休みおススメ映画

2019.08.12日

『ミッション・インポシブル』全6作を昨日観終わって、さて今日は何を観るか...
そこで、「おススメ映画」でネット検索したところ面白そうなのを見つけました。
今まで観ていなかった『ダ・ヴィンチ・コード』などいくつか観かけましたが、自分に合わないものはどんどんスルーして、ようやく出合ったのが『グラン・トリノ』。
ウォールストリート・ジャーナル紙が「クリント・イーストウッドの人生を賭けた映画」と評するだけあって、これは彼の映画人生の集大成とも言える大作です。



さすがクリント・イーストウッド。監督・プロデューサー・主演、じつにお見事です。
人生について深く考えさせられる感動のヒューマンストーリーでした。
ネタバレになってしまうので、敢えて何も書きません。
ぜひご覧になってください。私は★★★★★(五つ星)をつけました。


今や、ほとんどの映画が Netflix、Hulu、Amazonプライム・ビデオなど動画配信サービスで観られるようになりました。
「夢から覚めて起き上がり、行動せよ!」に書いた、あの世界最大規模だったブロックバスター・ビデオが倒産したのには驚きましたが、今やレンタルビデオショップはどんどん姿を消しつつあります。
うちの教室の斜め向かいにあった「TSUTAYA・すみや」もついに閉店し、建物も取り壊されてしまいました。ちょっと寂しいですが、時代の流れには勝てません。


%83X%83~%83%84.jpg %83X%83~%83%84%83A%83t%83%5E%81%5B%20%281%29.jpg


でも、マックの斜め向かいにあるアカデミー学院は今も健在です。
つい先日もマックのドライブスルーの商品受け渡し口で待っていると、こんな感じで目の前に我が愛するアカデミーが見えました。


IMG_5515.jpg


夏休み中のアカデミー生も今頃は、マックを食べながらエアコンの効いた家でビデオでも観ていることでしょう。


↓ブログランキングに参加しています。フェイスブックの「いいね!」だけでなく、お読みいただいてお気に召していただけましたら、忘れずに下の [塾教育] のマークをクリックして応援してください。
大きな励みになりますのでよろしくお願いします。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村


毎日、「学院長 元気の出るブログ」をご愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メルマガ登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスできます。

Mission Impossible? No, Mission Accomplished!

2019.08.10日

“Good morning, Mr. Hunt.
Should you or any member of your IM force be caught or killed, the Secretary will disavow all knowledge of your actions. This message will self-destruct in five seconds.”
「おはよう、ハント君。
君のミッションはいつものごとく、君もしくは君のメンバーが捕えられたり、殺されたりしても当局は一切関知しない。このメッセージは5秒後に自動的に消滅する」


♪タンタン、タンタンタンタン、タンタンタンタン、タンタンタンタン、タララ〜、タララ〜、タララ〜、タタン...
のお馴染みのメロディ。


この夏休み、気分転換に観始めたミッション・インポッシブルにどっぷりハマっています。
今までのシリーズは全部見たはずなのですが、部分的に覚えていてもストーリーは結構忘れていて、自分でもびっくりしました。
まあ、ストーリーはどれもかなり複雑で、二転三転どころか五転六転七転して予想を何度も裏切られるので、派手なアクションシーン以外はきっと頭に残っていないのでしょう。
観ていてハラハラドキドキで、観終るとぐたっと疲れるのですが、それでもやっぱり大好きです。
どこまでが特撮なのか実写なのか、本当にわかりません。
それとシリーズを順番に観ていると、トム・クルーズが初めは若くてスリムなのが、だんだん太って貫録が出てくるにもかかわらず、体力や動きが衰えないところに驚かされます。
面白いのは、初めの頃はパソコンも大型で処理に時間がかかっていたのが次第に小型化・高速化され、メディアもフロッピーディスクだったのが、次にSDメモリーカードに変わり、その後USBフラッシュメモリーに変わっている辺りも、時代の変遷を感じさせて面白いです。


pdc_missionimpossible4tower.jpg


で、昨日は私自身の Mission Impossible のチャレンジがありました。
今年の9月で満9年になる愛車のプリウスが今週初めにバッテリーが上がりエンジンがかからなくなりました。
あわてて、この30年間お世話になっている自動車屋さんのMさんにお電話して、ジャンプケーブルを持ってきていただいて難を逃れることができました。
Mさんによると、一度エンジンがかかりさえしたらあとは走っていたら充電されるので大丈夫とのことでしたが、一応念のためと思ってディーラーに状況を説明してバッテリーのことを尋ねると、エンジンをかけたりする補機バッテリーの寿命は通常4〜5年ということで、9年ももっているというのは聞いたことがない、すぐに新しいのに取り替えないと出先でいつまたかからなくなるかわからないですよ、と言われました。


そこでネットで検索すると、確かに寿命はそんなもので、4年に1回のバッテリー交換が勧められていました。ディーラーだと3〜4万ほどするけど、ネットで適合機種を買って自分で簡単に取り付けできるとあったので、試してみることにしました。
下の動画を見つけました。
確かに簡単そう。これだったら自分でもできる!



ところがいざ始めると、補機バッテリーのナットを緩めたり、ガス抜きのホースを抜いたりするのが思いのほか大変で、途中何度も携帯を手に取ってMさんに助けを求めようとしました。
しかし、ミッション・インポッシブルを思い出して、これぐらいできなきゃだめだと自分に言い聞かせて作業を続けました。
腰を屈めてやっているので持病の腰痛が出始め、少し涼しくなった夕方5時半に始めたものの、全身汗が噴き出て目にも入ってくる始末。また蚊よけのクリームを塗っておいたにもかかわらず、「敵」ならぬ蚊が執拗に顔を狙って攻撃をしかけてきます。


途中何度か娘の力も借りて、インポッシブル(不可能)と思えていた「任務を完了」!
Mission Accomplished!
作業が終わって、エンジンをかけてみたら無事かかりました。ネットでは30分ほどとあったのに、その3倍の1時間半かかりました。
でも、娘のお陰でバッテリーも上位機種で18,390円もするものが、Yahooのポイントを利用しなんと100円で買えて、大満足でした。
人生何事もそうですが、IMF(Impossible Mission Force)と同じで、ひとりではなくチームの力でやり遂げることが大切だとつくづく思い知らされました。


↓ブログランキングに参加しています。フェイスブックの「いいね!」だけでなく、お読みいただいてお気に召していただけましたら、忘れずに下の [塾教育] のマークをクリックして応援してください。
大きな励みになりますのでよろしくお願いします。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村


毎日、「学院長 元気の出るブログ」をご愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メルマガ登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスできます。

ケセラセラ なるようになる!?

昨日の出来事

2019.07.27日

アメリカから10日ほど来日中の Jeremiah Newton(エレミヤ・ニュートン)という青年に昨日会いました(英語の発音はジェラマイア)。
マスターズ大学で長男直人の妻恵利紗と出会い、その後同じ大学に通うことになった直人とも友達になって、今年の1月にFacebookフレンドになった人です。


Jeremiah からFacebookメッセンジャーで、7月に日本を訪れるので会いたいと言ってきました。
それからあっという間に半年経ち、今日本にいる、時間があったら24〜27日に平塚に行きたいけど、と都合を聞いてきたので昨日会うことになったのです。


待ち合わせ場所の平塚駅に約束時間に行ったところ背の高いハンサムな外国人がいたので、"Jeremiah?" と尋ねると、”Mr. Funada?" という返事。
お互いにニッコリ微笑んで二言みこと挨拶を交わし、駅ビル5階のレストランに昼食を取りに行きました。
ひと通りいろんなレストランを見て回り、彼の好みで天ぷらうどんをいただくことに決まりました。


注文してから料理が運ばれて来るまでの間、互いの自己紹介に始まり、話は途切れることがありません。今、日本語を勉強しているところだそうですが、まだほんの片言なので会話はすべて英語です。


「エレミア・ニュートンってすごい名前だね。
旧約聖書の預言者エレミヤと万有引力を発見した科学者ニュートン。
預言者と科学者、きみはどちらのほう?」
「そうですね...預言者ではないけど聖書を勉強しているので、両方かな?」
「ニュートンって、ひょっとしてアイザック・ニュートンとなにか関係があったりして...」
「じつはそうなんです」
「えっ、ホントに?」
「先祖がメイフラワー号でアメリカにやってきたのですが、そのルーツをたどっていくとアイザック・ニュートンにつながる可能性があります。とは言っても、アメリカにはニュートン姓の人はたくさんいるので、もちろんだれにもはっきりとはわかりませんが(笑)」


Jeremiah.jpeg


料理がやってくると、「おいしい!」と言ってエレミアくんはあっという間に平らげてしまいました。サラダを追加注文してまた食事を続けながら、お互いのバックグラウンド、家族のことなどについて話に花が咲きました。


彼の一番の興味を尋ねると「言語」という答えが戻ってきて、言語学者である私とうまが合い、またまた話が盛り上がりました。
大学でギリシャ語を学んで、その後ヘブライ語を勉強しているとき、言語の奥深さを知ったそうです。
日本語の、意味を表す漢字や音声を表す仮名文字もルーツをたどると、古代アッカド語(アッシリア・バビロニア語)とそっくりだと言います。
そして、エレミヤくんは自分のノートを広げてヘブライ語の旧字体であるパレオ文字で縦書きで書いた旧約聖書の一部を見せてヘブライ語で読み始めました。


IMG_5493.jpg


下の写真は、左がパレオとヘブライ語のアルファベット、右は古代アッカド語を彫った石板の写真で、エジプトの象形文字に似ています。


IMG_5494.jpg IMG_5511.jpg


ここから話が発展して、彼の知らなかった「日ユ同祖論 日英同祖論」を紹介して私たちはさらに熱くなりました。


Jeremiahくんは日本は今回で4度目だそうで、将来はアメリカで神学校の学びを終えたら日本か、あるいはアフリカでもどこへでも宣教師として行くつもりだと話してくれました。
そして来年また日本にやってきて、1年ぐらい東京近辺に住んで日本語を学びながら教会で奉仕したい、だからまた来年会おう、と言ってお別れしました。


昨日はまた、北海道に住んでいらっしゃるSBさんからメッセンジャーで次のようなメッセージが飛び込んできました。
「FBでの励まし感謝します。
本州は暑いでしょうね。お体いかがですか?
ところで、昨年手にとり、今年読んでいる ポール・デービッド・トリップさんの『互いに助け合うために』という本なんでが、訳者が 舟田恵利紗さんとあります。
舟田先生のご家族の方ですか?
本の内容が多くの気づきが与えられた事、そして、訳が素晴らしいです。自然な表現というのか、とても読みやすく心から感謝しました。
もし、ご家族の方でしたら、舟田先生に感謝をお伝えしたいと思いメールしました。
全て主に感謝します」


2年前に「遂に出版された!」に書いたように、直人の妻恵利紗が翻訳したもので、こんなところでも役立てられていることをとても嬉しく思いました。
その恵利紗と直人は1歳4か月の斗史希とともに、恵利紗のご両親三田先生ご夫妻と一緒にアメリカ東海岸のサポート教会をファーローで回っている真っ最中です。
2か月の長旅ということで、三田先生ご夫妻のタフさにはただただ驚かされます。
引き続き旅が祝福されますように。


長梅雨が明けたと思う間もなく、猛烈な暑さに見舞われて私はもうすでにグロッキー気味ですが、皆さんどうぞお身体ご自愛くださいね。


↓ブログランキングに参加しています。フェイスブックの「いいね!」だけでなく、お読みいただいてお気に召していただけましたら、忘れずに下の [塾教育] のマークをクリックして応援してください。
大きな励みになりますのでよろしくお願いします。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村


毎日、「学院長 元気の出るブログ」をご愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メルマガ登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスできます。

今は不満、将来は不安?

2019.07.04日

気ままなブログということで、2週間ぶりにアップすることにしました。
というか、皆さんにシェアせずにいられなくなりました。
参院選が公示され、与野党で消費税や年金、憲法その他のことで火花を散らしています。
皆さんは今は不満、将来は不安ですか?
今日、出くわした記事をシェアさせていただきます。皆さんも今の生活について、ちょっと立ち止まって考えてみませんか。
少し長い引用ですが、とても興味深い内容です。ぜひ最後までお読みください。


無料メルマガ『ロシア政治経済ジャーナル』で、国際関係ジャーナリストの北野幸伯さんが深掘りしています。


私は昨年、『日本の生き筋〜家族大切主義が日本を救う』という本を出版しました。執筆時に、「日本の現状」を調べていたら、いろいろなことがわかった。
良く知られている事実として、日本のGDPは世界3位。しかし、一人当たりGDPは、世界2位から下がりに下がって、今では世界【26位】(2018年)になっています。
国連世界幸福度ランキング2019年は、なんと【58位】。日本の労働生産性、G7国中【最下位】(公益財団法人 日本生産性本部が2017年12月20日に発表「労働生産性の国際比較2017年版」による)。
日本人の平均睡眠時間、100か国中最短(ミシガン大学2016年の調査結果)。
熱意ある社員は、たったの【6%】(米ギャラップ調査 2017年)。
とまあ、調べていてナーバスになってしまいました。私は、「どうして世界一善良で勤勉な日本が、こんなことになっているのだろう?」と疑問を持ち、その理由と解決策を本に書いたのです。


日本のブランド力は世界何位???


イギリスのフューチャーブランド社が、「国のブランド力ランキング」を発表しました。日本は、何位だったのでしょうか?75位中、73位…(涙)。ウソです。本当は……。1位です!(^▽^)


【ロンドン時事】日本の「ブランド力」は世界最高―。英フューチャーブランド社が25日発表した国・地域の評判を基準とした「フューチャーブランド・カントリー指数」のランキングで、日本が1位となった。
いったい、この会社は、何を基準に判断しているのでしょうか?
調査はGDPの上位75カ国・地域が対象。今年1〜2月、世界各地で過去1年で少なくとも1度は海外旅行した計2500人にオンラインでインタビューを実施した。さらに、交流サイト(SNS)での各国・地域に関する投稿を多数の言語で分析し、22項目で採点した。
(同上)
項目とは?
* 政治的自由
* 環境へのやさしさ
* 寛容さ
* 健康と教育
* 生活水準
* 安全
* そこに住みたい、勉強したい?
* ビジネス環境
* 技術力
* インフラ
* 歴史(興味深いか)
* 芸術、文化遺産
* 自然の美しさ
* お金の価値
* 娯楽
* リゾート、宿泊
* 休暇中に訪れたい?
* 食事


同社は「国・地域の力を測定するのに、国内総生産(GDP)や人口規模、核兵器の数に意味はあるだろうか」と指摘。その上で、日本に関して、高い技術やイノベーションを背景とした製品・サービスよりも、西洋とは異なる無駄を省いたシンプルさなどを体現した独特な文化こそが「日本の最も偉大な輸出品」だと述べた。
(同上)
「シンプルさなどを体現した独特な文化こそが『日本の最も偉大な輸出品』」だそうです。これって、なんでしょうか?こんまりさんの「片付け法」でしょうか?スティーブ・ジョブズもはまった禅でしょうか?シンプルな無印用品でしょうか?


確かに、庭一つ見ても、ヨーロッパ、ロシアでは「豪華さ」が大事。日本の庭は、自然との調和が重要で、シンプルですね。こう考えると、確かに日本の文化というか考え方は、世界に広まってきている気がします。
米国は五つ順位を落とし、12位に転落。トランプ大統領の言動が影響したとみられるという。欧州連合(EU)離脱で混迷する英国も7つ順位を落とし、19位となった。近隣諸国では、韓国が20位(同20位)、中国は29位(同28位)だった。
(同上)


ブランド力世界1日本の課題は?


日本のほかにランキングが高いのは?
2位はノルウェー(前回6位)。3位スイス(同2位)、4位スウェーデン(同4位)、5位フィンランド(同13位)と続いた。上位の国々は総じて、生活の質や環境へのやさしさなどが高く評価された。
(同上)
欧州、中でも北欧が高い評価を得ていますね。そして、これらの国々は、労働時間が日本より全然短いのに、日本より一人当たりGDPが高いのです。ブランドランキング2位のノルウェーは、世界で3番目に労働時間が短い(日本は17位)。一人当たりGDPは、2017年世界4位。(日本は同年25位)。ブランドランキング3位のスイスは、世界で8番目に労働時間が短い(日本は17位)。一人当たりGDPは、世界2位(日本は25位)。ブランドランキング4位、スウェーデンは、世界で9番目に労働時間が短い(日本は17位)。一人当たりGDPは、世界12位(日本は25位)。ブランドランキング5位、フィンランドは、世界で11番目に労働時間が短い(日本は17位)。一人当たりGDPは、世界17位。


日本は「ブランド世界一」という評価に慢心せず、さらに改善を進めていくべきでしょう。その方向性は、「瀕死の会社教を延命させる措置」ではなく、「国民に余裕と豊かさを与える」方向であるべきでしょう。
(MAG2NEWSより引用)


↓ブログランキングに参加しています。フェイスブックの「いいね!」だけでなく、お読みいただいてお気に召していただけましたら、忘れずに下の [塾教育] のマークをクリックして応援してください。
大きな励みになりますのでよろしくお願いします。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村


毎日、「学院長 元気の出るブログ」をご愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メルマガ登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスできます。

重大発表をします

2019.06.21日

重大発表をいたします。


私は今日、"アラセー"の誕生日を迎えましたが、これを機にこれまでの生き方を改めることにしました。
「何事も一生懸命」な私にとって、いかにも自分らしい生き方と言えば確かにそうだったのですが、よくよく考えると自分自身を見失っていたことに気づきました。


この10年半、体調を崩している時か時間がなかった時を除いて、ほぼ毎日ブログを書き続けてきました。これはある意味、私の趣味であり楽しみながら、また自分自身に対するメッセージも込めて書いてきたのですが、やはり人のことをつねに意識して書いていたことは否めません。


とくに、愛読者の方々からメールで励ましや感謝のお言葉をいただくと、自分の身体に鞭打ってでも書かなければという、一種強迫観念(笑)のようなものに突き動かされて書き続けてきたことも事実です。これはもちろん読者の方の問題などではなく、私自身の問題です。
実際のところ、読者の中には私のブログについて、「無理しすぎないように」「もっと自分を大切に」とご心配して言ってくださった方が何人もいらっしゃいましたが、私はご忠告を感謝しつつも書き続けてきました。


その結果、もともと弱い身体をますます痛めつけることになっていました。
多くの人が楽しんでいる本を読んだり、映画を観に行ったり、旅行をするなど、余裕のある生活もできなくなっていました。
もちろん自分の不健康や自由な時間を持たなかったのはブログのせいなどではなく、自分自身の優先順位の問題です。


でも、これからブログは不定期に、気が向いたとき、余裕のあるときに書くことにすることにしました。
これまでも同じようなことを何度か言ってきたにもかかわらず、その都度それを守ることができず、数日から1週間ほどですぐに再開してきました。
でも、今回は自戒して、これからの自分の人生をもっと大切にし、自分探しをすることにしました。
皆さん、きっとご理解くださることと思います。


聖書に、「自分を愛するようにあなたの隣り人を愛せよ」という有名な言葉がありますが、これは自己愛を勧めているのではなく、自分を大切にするようにという教えだと思います。
自分を大切にせずに隣り人を大切にすることはできません。人に迷惑をかけることになるからです。


これまで私の健康のことで大勢の方にご心配をおかけして本当に申し訳ありませんでした。
このような至らない者ですが、今後とも変わらずお付き合いのほどお願い申し上げます。
気が向いたとき書きますが、その節はよろしくお願いいたします。
また、もしよろしければ過去の記事に目を留めていただきご活用いただければ幸いです。
末筆ながら皆様のご多幸をお祈りしつつ。


↓ブログランキングに参加しています。フェイスブックの「いいね!」だけでなく、お読みいただいてお気に召していただけましたら、忘れずに下の [塾教育] のマークをクリックして応援してください。
大きな励みになりますのでよろしくお願いします。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村


毎日、「学院長 元気の出るブログ」をご愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メルマガ登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスできます。

感謝すればするほど

2019.06.20日
1229536-Chuck-D-Quote-Reflect-each-day-on-all-you-have-to-be-grateful-for.jpg


"Reflect each day on all you have to be grateful for and you will receive more to be grateful for."
--Chuck Danes
「感謝すべきことすべてを日々振り返ろう。そうすればさらにたくさん感謝できることが与えられるだろう」
--チャック・デーンズ
(訳 舟田譲二)


『名医とつながる!たけしの家庭の医学』(テレビ朝日)は毎週見ているのですが、いつも多くのことを教えられとてもありがたく思っています。
先週の火曜日、6月11日は肩凝り・腰痛を特集していました。
肩凝り・腰痛で長年苦しんできた私にとってどんぴしゃのトピックです。


超音波エコーで身体の中の様子を探り、僧帽筋、肩甲挙筋を医師が見ます。
この2つの筋肉の動きが悪くなると神経が圧迫されコリや痛みを感じるのです。
肩こり解消の切り札はハイドロリリース(別名筋膜リリース)。生理食塩水などをエコーで確認しながらピンポイントで筋肉と筋肉の間に注射します。
特徴は即効性です。治療が始まったのは約2年前で、日本生まれの治療法。


早速、ハイドロリリース治療を受けられる整形外科をネット検索したところ、近辺にはありませんでしたが横浜に数件ありました。
そこで、一番便のいい整形外科に今週の月曜日、出かけてきました。家から医院までバスと電車とバスを乗り継いで1時間半余りかかりました。
待合室は患者であふれ返っていました。テレビで放映されてから毎日新しい患者が押しかけているそうです。
私は21番目で2時間待ちと言われました。
しかし、ようやく番が回ってきたのは3時間半後!


私の場合、首と肩、背中、腰、臀部すべてが痛むのですが、優先順位で一番診てもらいたいところということで、首を診てもらうことにしました。
エコーで首を調べてもらうと案の定、テレビで見たのと同じ上層と下層の筋肉の間に白い膜が見て、これが原因で筋肉がスムーズに動かず、そのために痛むと言われました。
早速、ハイドロリリースという注射を首の左右2か所に打ってもらいました。


「少し痛いですよ」と言われましたが、小さい頃からの病院通いで注射に慣れている私には全然痛くありません。
あっという間に注射が終わり、痛みも嘘のように消えていました。
これまでのあの痛みは一体なんだったのだ!
3日たっても首の痛みは発生していません。
来週また行って、今度は肩と腰に注射を打ってもらおうと思っています。


おかげで、昨日は一日朝から夜まで仕事ができました。それも今までのように痛みを抱えながらでなく。本当に嘘のようです。
もう感謝、感激、雨、あられです!!


ただ、当たり前のことですが、パソコンやスマホなどで同じ姿勢を続けるとまたすぐに痛みは再発しますので、十分に気をつけます。


これまで多くのお友達の皆さんがお祈りくださってきましたことを心より感謝いたします。
また、「たけしの家庭の医学」のような健康番組にも感謝いたします。
このハイドロリリースという治療法を発見してくださったお医者さんに感謝いたします。
そして、治療をしてくださった整形外科の先生にも感謝いたします。
いくら感謝してもしきれません。
感謝すればするほど、次から次へと感謝すべきことがあふれてきます。


↓ブログランキングに参加しています。フェイスブックの「いいね!」だけでなく、お読みいただいてお気に召していただけましたら、忘れずに下の [塾教育] のマークをクリックして応援してください。
大きな励みになりますのでよろしくお願いします。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村


毎日、「学院長 元気の出るブログ」をご愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メルマガ登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスできます。

日々創造力を鍛えよう!

2019.06.19日
creative-analytical-thinking-concept-attractive-woman-colorful-sketch-concrete-background-81927679.jpg


"You can't use up creativity. The more you use, the more you have."
--Maya Angelou - 1928-2014 - Writer-Poet-Civil Rights Activist
「だれも創造力を使い切ってしまうことはできない。使えば使うほどますます生まれてくるもの」
--マヤ・アンジェロー、作家・詩人・人権活動家
(訳 舟田譲二)


人の創造力について考えてみたことありますか?
創造力とは新しいものを生み出す力です。
上の絵を見てもわかりますが、ある人は際限なく新しいアイデアが生まれてきます。


創造力が人一倍豊かな人は芸術家に限らず、作家、詩人、デザイナー、エンジニア、起業家、経営者、科学者、音楽家、ゲームクリエイター、広告プランナー、俳優、記者、教師、スポーツ選手、演出家、料理人等々、挙げだせば切りがありません。
おそらくこの世に存在するほぼすべての職業において創造力は必要とされています。


それではこのような特別な人以外である私たち「凡人」には創造力がないのかと言えば、決してそうではありません。
特別な人に限ったことではなく、人間みんなに生まれつき与えられています。


この人間にだけ与えられている創造力の源泉は、もちろん創造主なる神です。
神はこの宇宙に存在するものすべてをお創りになられました。
地球上の動植物を見ると、神の限りない創造力に驚かされます。
私たち人間は、神のご性質に似せられて造られているのです。


さらに素晴らしいことは、マヤ・アンジェローが言っているように、「だれも創造力を使い切ってしまうことはできない。使えば使うほどますます生まれてくる」のです。


物事を考えれば考えるほど、新しいことにチャレンジすればするほど、身体を動かせば動かすほど、勉強すればするほど、言葉は使えば使うほど、絵を描いたり、字を書いたりすればするほど...、どんどん新しいことが生まれてきて身に付きます。人間関係も子育ても、愛情もすべてです。
ぎゃくに創造力は、「使わなければ使わないほどますます枯渇していく」ものなのです。


皆さんは今日、なにか新しいことにチャレンジしましたか?
枯渇しないように、日々創造力を鍛えましょう。


↓ブログランキングに参加しています。フェイスブックの「いいね!」だけでなく、お読みいただいてお気に召していただけましたら、忘れずに下の [塾教育] のマークをクリックして応援してください。
大きな励みになりますのでよろしくお願いします。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村


毎日、「学院長 元気の出るブログ」をご愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メルマガ登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスできます。

あなたのお父さんの思い出は

2019.06.18日
It-doesnt-matter-who-my-father-was-it-matters-who-I-remember-he-was.jpg


"It doesn't matter who my father was; it matters who I remember he was."
--Anne Sexton (1928 – 1974)  Poet, Pulitzer Prize for Poetry
「私の父がだれであったとしてもそんなことは関係ない。大切なのは私自身の父の思い出だ」
--アン・セクストン、ピューリッツァー賞受賞詩人
(訳 舟田譲二)


6月の第3日曜日、一昨日は父の日でした。
6年に1回、私の誕生日である6月21日に父の日が回ってきます。前回が2015年だったので、来年また誕生日と父の日が重なります。
で、いつも父の日が来るこの時期になると、私も自分の父のことを思い出すのです。
皆さんのお父さんの思い出はどのようなものですか?


アン・セクストンは、1967年に「生か死か」という詩でピューリッツァー賞を受賞しています。
この詩の中で、彼女は自らの鬱病・躁鬱病、自殺願望と自殺未遂、という長く続いた苦しい体験を綴っています。また家族との関係や、夫にDVや性的暴行を受けたことなどプライベートなことまで明かしています。
また死後に明かされたセラピストとの不倫など、かなり人間関係でドロドロとしたところを通ってきたこともあり、それらを苦にして自宅の車庫の車の中で一酸化炭素中毒で自らの生を絶っています。


ちょうど2年前、私が協力牧師を務める湘南見附キリスト教会で洗礼式がありました(「統合型リゾート(IR)設置案に物申す」)。
彼のものすごい証しが「ギャンブル依存症になって憎んだ父も、いつか幸せになってほしくて。依存症経験者のサポートをする金井駿さん」に載っています。


まさに彼の父親に対する思いが今日のアン・セクストンの言葉と重なります。
「私の父がだれであったとしてもそんなことは関係ない。大切なのは私自身の父の思い出だ」


人間関係で大変な経験をして苦しんできたセクストンでしたが、自分の父親の思い出はきっと宝のように大切にしてきたのでしょう。


↓ブログランキングに参加しています。フェイスブックの「いいね!」だけでなく、お読みいただいてお気に召していただけましたら、忘れずに下の [塾教育] のマークをクリックして応援してください。
大きな励みになりますのでよろしくお願いします。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村


毎日、「学院長 元気の出るブログ」をご愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メルマガ登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスできます。

Good はあきらめろ!

2019.06.17日
good-to-great.jpg


"Don't be afraid to give up the good to go for the great."
--John D Rockefeller (1839 - 1937) Oil industry Business Magnate, Industrialist, Philanthropist
「“Great”を目指すために“Good”をあきらめるのを恐れてはいけない」
--ジョン・ロックフェラー、石油王・実業家・慈善家
(訳 舟田譲二)


ロック・フェラーは、石油業界を変革し、現代的フィランソロピーの構造を定義し、ピーク時はアメリカの石油の90%をコントロールした人物。
亡くなった1937年時遺産は14億ドル(2015年の価値では23億ドル)にも上ぼり、国の経済の1.5%以上であった。(2013年換算では2530億ドルになる)物価の変動を考慮すると、史上最大の資産を持つ富豪とされている。


慈善活動の現代的かつ体系的アプローチの構築に引退後の40年間、資産の大部分を使った。医療・教育・科学研究促進などを目的とした財団を創設した。彼が創設した財団は医学研究を推進し、鉤虫症や黄熱病の根絶に貢献した。また、シカゴ大学とロックフェラー大学を創設し、フィリピンにセントラル・フィリピン大学(英語版)の創設資金を提供した。
(以上、Wikipedia より)


「フィランソロピー、(英: Philanthropy)とは、基本的な意味では、人類への愛にもとづいて、人々の“well being”(幸福、健康、QOL等)を改善することを目的とした、利他的活動や奉仕的活動、等々を指す。あるいは慈善的な目的を援助するために、時間、労力、金銭、物品などをささげる行為のことである。従来日本語では「慈善活動」「博愛」「人類愛」などとも呼んできた」(Wikipedia)


これらのことから、ジョン・ロックフェラーが単なる金儲け主義の石油成金でなかったことは明白です。
今日の彼の名言、
「“Great”を目指すために“Good”をあきらめるのを恐れてはいけない」
から私たちが学べることはなんでしょう。
「私たちもお金を儲けて慈善家になるべきだ」ということではありません。
おそらくロックフェラーも、その生涯において目の前に“Good”(良いこと)の選択肢には数え切れないほど遭遇したことでしょう。でも彼は、そこで容易に“Good”に妥協せず、つねに“Great”(素晴らしいこと)を目指して努力し続けたことでしょう。


私たちの身の周りで、仕事に限らず、さまざまな人間関係から仕事、勉学、スポーツなど、およそありとあらゆることに適応できる素晴らしい教えではないでしょうか。


↓ブログランキングに参加しています。フェイスブックの「いいね!」だけでなく、お読みいただいてお気に召していただけましたら、忘れずに下の [塾教育] のマークをクリックして応援してください。
大きな励みになりますのでよろしくお願いします。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村


毎日、「学院長 元気の出るブログ」をご愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メルマガ登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスできます。

日々成長を地で行く人!

2019.06.16日
publiliussyrus2-2x.jpg


"Each day is the scholar of yesterday."
--Publilius Syrus
「日々成長」
--プブリウス・シルス(紀元前46〜29年頃)、古代ローマの喜劇作家
(訳 舟田譲二)


原文の
"Each day is the scholar of yesterday."
は英語特有の非常に訳しにくい表現です。
直訳すると、
「毎日が昨日の学者」
ですが、これでは意味がわかりません。


言いたいことは、
「私たちは日々、その前の日から何かを学んで成長すべき」
ということだと思います。
すなわち言い換えると「日々成長」です。


ちょうどこのようなとき、すごいエクサイティング(excitingの発音は「エキサイティング」ではありません)なニュースに出合いました。
まさに、今日の名言を日々実践して、結果を出している人です。


その名は「大谷翔平」!
エンゼルスの大谷翔平投手が13日(日本時間14日)の敵地レイズ戦で日本人初となるメジャーでのサイクル安打を達成した。「3番・DH」でスタメン出場し、初回の第1打席で先制3ラン、第2打席で二塁打、第3打席で三塁打、第4打席で中前打を放ち、偉業を成し遂げた。米メデイアも続々と速報している。
(Full-Countより)


名前の Shohei (英語の発音では「ショウヘイ」)をかけて、アメリカの新聞等では
"It's SHOWTIME" (ショウタイム)
と報じています。
その名場面の動画です。最後に大谷選手の日本語通訳付きのインタビューもあります。



去年の8月に「大谷翔平はベーブ・ルースを超えられるか」、そして11月には「前代未聞の三刀流」という記事を書き、私は「大谷翔平はベーブ・ルースを超える」と予言していましたが、一歩一歩その日が近づいてきています。


「毎日毎日『この方がいいな』と思って取り組んでいる」
という大谷翔平の言葉が、
「日々成長」
という紀元前1世紀の古代ローマの喜劇作家プブリウス・シルスの言葉と重なります。


↓ブログランキングに参加しています。フェイスブックの「いいね!」だけでなく、お読みいただいてお気に召していただけましたら、忘れずに下の [塾教育] のマークをクリックして応援してください。
大きな励みになりますのでよろしくお願いします。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村


毎日、「学院長 元気の出るブログ」をご愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メルマガ登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスできます。

試練はプレゼント

2019.06.15日
CvtfUZeWEAASusv.jpg


"Challenges are gifts that force us to search for a new center of gravity. Don't fight them. Just find a new way to stand."
--Oprah Winfrey   (1954 - ) Media Executive, Actress, Talk Show Host, Television Producer, Philanthropist
「試練は、新しい重心を探させてくれるプレゼントのようなもの。試練に抵抗してはだめ。新しい立ち位置を探せばいい」
--オプラ・ウィンフリー、メディアエグゼクティブ・女優・トークショー司会者、テレビプロデューサー・慈善家
(訳 舟田譲二)


オプラ・ウィンフリーについては、これまで10回以上このブログで取り上げています。
彼女のプロフィールは上に書いたとおりで、とても立派なのですが、その履歴を見ればだれでもびっくりします。
オプラは未婚のティンエイジャーのカップルの間に生まれ、子ども時代を祖母・父親・母親の元を転々として育ちました。
彼女の血筋は89%がブラックアフリカ人、8%がアメリカインディアン、3%が東アジア人の系統といいます。
9歳の時に親戚に強姦されるなどの性的虐待を経験していて、決して恵まれた環境の下に生まれ、育っているわけではありません。


しかし、これらの試練や逆境に対して、その後アメリカで最も高い評価と人気を得るトーク番組「オプラ・ウィンフリー・ショー」の司会者になり、この番組で彼女はエミー賞を受賞しています。
女優としてもアカデミー賞にノミネートされた経験を持つ演技派。
アフリカ系アメリカ人の中では一番の億万長者で、世界唯一の黒人ビリオネア(10億ドル以上の資産家)でもあり、『最も影響力を持つ女性』として名前を挙げられます。
これまでに250億円とも推定される寄付をしてきています。


彼女は見事に、「試練は、新しい重心を探させてくれるプレゼントのようなもの。試練に抵抗してはだめ。新しい立ち位置を探せばいい」を体現した人です。
だれの人生にも試練は不可避です。
試練が問題ではなく、試練にどう対処するか、これこそが一番大切なことです。
オプラが言うように、試練そのものをプレゼントと考えると、私たちの生き方は180度変わってきます。
試練の中で、重心の置き所、立ち位置を今一度点検してみてはどうでしょう?


↓ブログランキングに参加しています。フェイスブックの「いいね!」だけでなく、お読みいただいてお気に召していただけましたら、忘れずに下の [塾教育] のマークをクリックして応援してください。
大きな励みになりますのでよろしくお願いします。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村


毎日、「学院長 元気の出るブログ」をご愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メルマガ登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスできます。

喜びと悲しみ

2019.06.14日
shared-joy-is-a-double-joy-shared-sorrow-is-half-a-sorrow-14.jpg


"Shared joy is a double joy, shared sorrow is half a sorrow."
--Swedish proverb
「喜びは分かち合うと倍になり、悲しみは分かち合うと半分になる」
--スウェーデンの諺
(訳 舟田譲二)


じつはこのテーマ、調べたところこれまでこのブログに4度書いていました。
それぐらいこの考え方が好きで、私の信念とも言えます。
そして普段の生活の中で実践しています。
スウェーデンの諺とは知りませんでしたが、きっとどこでも同じような考え方があるのだと思います。


皆さんもこのような経験がありませんか?
嬉しいときにはみんな家族や友達などに話しますよね。
そしてみんなに喜んでもらうとなお一層幸せな気持ちになります。
さらに聞いた人も一緒に幸せな気持ちになりますよね。いわば幸せのお裾分けです。


それではぎゃくに悲しいことや辛いことがある場合は?
これもやはり私たちは人に話します。
話すと心が軽くなります。
自分ひとりだけで悩みごとを抱えていると、どんどん気が重くなり、ひどい場合は、病気にさえなります。


じゃ、人の悩みや辛い話を聞いた人はどうでしょう?
人の悲しみや辛い話を聞くことによって、その人と心を一緒にすることができ、人助けになるだけでなく、自分自身のためにもなります。
これは、sympathy(同情)と empathy(共感)によって自分自身の心を情緒豊かにすることができます。
心を柔らかにすることは若さを保つ秘訣にもなります。お年寄りで顔や声の表情が豊かな人は若々しいですが、顔などの表情がこわばっている人は年齢以上に老けているように見えます。
テレビでドラマを観ていても同情と共感力をつけることができます。(「再びsympathy(同情)と empathy(共感)について」


ということで今日の名言、
「喜びは分かち合うと倍になり、悲しみは分かち合うと半分になる」
はただ単に真理であるだけでなく、周囲の人のみならず自分自身のためにもいいので、おススメです。


「喜ぶ者といっしょに喜び、泣く者といっしょに泣きなさい」
(ローマ人への手紙12:15)


↓ブログランキングに参加しています。フェイスブックの「いいね!」だけでなく、お読みいただいてお気に召していただけましたら、忘れずに下の [塾教育] のマークをクリックして応援してください。
大きな励みになりますのでよろしくお願いします。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村


毎日、「学院長 元気の出るブログ」をご愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メルマガ登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスできます。

生きる力

2019.06.13日
1472005676450-the-greatest-good-you-can-do-for-another-is-not-just-share-your-riches-but-to-reveal.jpg


"The greatest good you can do for another is not just share your riches, but to reveal to him his own."
--Benjamin Disraeli  (1804 – 1881) British Statesman, Prime Minister, Novelist
「人にしてあげることができる最大の善は、たんに富を分け与えることではなく、その人が持っている富に気づかせてあげることだ」
--ベンジャミン・ディズレーリ、イギリスの政治家・首相・小説家
(訳 舟田譲二)


「人にしてあげることができる最大の善は富を分け与えること」と一般には考えられ、多額の寄付をする慈善家が世間の注目を集めます。
これはこれで素晴らしいことです。
富を独り占めして他人に一切分け与えないで贅沢な生活をしている人もいるのですから。


でも、ここでベンジャミン・ディズレーリが言っている「人が持っている富に気づかせてあげること」というのは、篤志家と同様に、あるいはそれ以上に偉大なことかもしれません。
というのは、多額の寄付や慈善行為ができる人というのは世界ではほんのわずかですが、人がもれなくみんな持っているその人独自の素晴らしさ(富)に気づかせてあげることは、だれにもできることだからです。


ちょうど、老子の格言『授人以魚 不如授人以漁』と似ているかもしれません。
「人に魚を与えると1日で食べてしまう。しかし人に釣りを教えれば生涯食べていくことができる」
という有名な話です。


人はみんな素晴らしい能力、無限の可能性を持ってこの世に生を受けていますが、多くの人はそれに気づいていません。
「自分は大した人間ではない」
「こんな程度の人間だ」
と、セルフイメージが低いため、自らの持てる可能性という「富」に気づかないまま、埋もれさせたまま一生を終える人がこの世の中の大半ではないでしょうか。


去る5月27日にNHKで放映されたドキュメンタリー『逆転人生「ヤクザから牧師へ 壮絶な転身 人生はやり直せる」』などは、そのいい例でしょう。


2016-04-12_151501.png


この中で紹介されている鈴木啓之さんは、かつては暴力団員で名うての博打うち。
多額の借金を背負い、死の淵まで追い詰められる。しかし裏切り続けた妻に救われ、生き方を180度変えた。今度は自分がより所のない人の支えになりたい。元受刑者などを受け入れ、再出発を応援するが、再犯者が出るなど厳しい現実に直面する。それでも「人生は必ずやり直せる」という。


自分の内にある無限の価値、「富」に気づくなら、人生の意味はまったく変わるのです。
それを気づかせてあげるというのは、「富」を与えること以上に、いや、それよりはるかに尊いのではないでしょうか。
それに気づいた鈴木啓之さんは、自分の人生をそのことのために捧げて、これまで数えきれないほどの人たちに「人生は必ずやり直せる」ということを教えておられます。


↓ブログランキングに参加しています。フェイスブックの「いいね!」だけでなく、お読みいただいてお気に召していただけましたら、忘れずに下の [塾教育] のマークをクリックして応援してください。
大きな励みになりますのでよろしくお願いします。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村


毎日、「学院長 元気の出るブログ」をご愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メルマガ登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスできます。

幸福になる秘訣

2019.06.12日
quote-happiness-mahatma-gandhi-happiness-is-when-what-you-think-what-you-say-and-what-you-do-are-in-harmony.jpg


"Happiness is when what you think, what you say, and what you do are in harmony."
--Mahatma Gandhi - 1869-1948 - Indian Activist
「幸福とは、考えていることと、言っていること、そしてしていることが調和しているときに訪れるもの」
--マハトマ・ガンディ
(訳 舟田譲二)


マハトマ・ガンディの言葉は、このブログでも何度も取あげてきていますが、今日の言葉はすごくビンビンきます。まことに至言です。


言い換えると、「考えていることと、言っていることと、していることが調和していない」なら、幸福になれるわけありません。
心の中で悪いことを考え、悪態をつき、人に迷惑をかけるようなことをする人が幸福にはなれません。


私は常々、このガンディの言葉を実践するよう意識しています。
もし、万が一、調和していないことがあったりしたら、たちまち精神的に不安定になり、不幸な状態になります。それがわかります。
ですから、そのようなときは、すぐに軌道修正するようにします。
そして、思考と言葉と行動が一致できるようになると、すぐに幸せな気持ちになります。


もちろん生身を持った人間ですから、人の言うことや行動で傷ついたり、不快になることもあります。でも、それを引きずらないようすぐに思考を変え、「感謝します」「ありがとうございます」と独り言を言ったり、祈ったりし、そして忘れるよう努めてあたかもそのような不快なことがなかったかのような行動を取るようにします。
すると、「あら、不思議」!
本当に幸せな気持ちに包まれます。


ぜひお試しください。
すごい効果に驚きますよ。


↓ブログランキングに参加しています。フェイスブックの「いいね!」だけでなく、お読みいただいてお気に召していただけましたら、忘れずに下の [塾教育] のマークをクリックして応援してください。
大きな励みになりますのでよろしくお願いします。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村


毎日、「学院長 元気の出るブログ」をご愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メルマガ登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスできます。

成功とは偶然のものではない

2019.06.11日
motivational-quotes-female-athletes-motivational-quotes-for-athletes-by-athletes-motivational-quotes-female-athletes.jpeg


"Success is no accident. It is hard work, perseverance, learning, studying, sacrifice and most of all, love of what you are doing or learning to do."
--Pele 1940 -  
「成功とは偶然のものではない。厳しい練習と、忍耐、学習、研究、犠牲などが伴う。しかし何よりも大切なのは、自分がしていることあるいは学んでいることに惚れ込むことだ」
--ペレ、元サッカー選手
(訳 舟田譲二)


昨日の記事、「ひたすら前進し続ける」では競泳界の王者、マイケル・フェルプスをご紹介しましたが、今日は「サッカーの王様」ペレです。


ブラジルの元サッカー選手ペレは、15歳でデビューしてからブラジル代表のエースとして3度のFIFAワールドカップ優勝するなど、1977年に引退するまでの22年間で通算1363試合に出場して1281得点を記録し、サッカー史上最高の選手の一人に数えられています。


靴磨きの仕事で家計を助けたりして、サッカー選手とはまったく無縁の人生を送っていましたが、父親からサッカーを学び、サッカーに惚れ込んだひとりの少年はやがてサッカーの王様に変身します。しかし、決して簡単なことではありませんでした。
1956年にサントスに入団したときには、体重が60kgに満たないきゃしゃな体つきであったこともあってすぐにトップチームでプレーすることはできませんでした。


「成功とは偶然のものではない。厳しい練習と、忍耐、学習、研究、犠牲などが伴う。しかし何よりも大切なのは、自分がしていることあるいは学んでいることに惚れ込むことだ」
と語っているように、彼は何よりもサッカーに惚れ込んでいました。


mindset.jpeg


「成功」とは海面の上に出ている氷山のようなもので、その下には「粘り強さ」「失敗」「犠牲」「失望」「良い習慣づけ」「努力」「コミットメント」など、目に見えない膨大な部分が隠れているのです。
これらを耐え忍び、貫徹する人のみが成功します。


しかし、ただ歯を食いしばって苦しみながら耐えるのではなく、ペレも言っているように何よりも大切なのは、やっていることに惚れ込むことです。
これさえあれば、どんな苦しいことにも耐えられますし、やがて必ず日の目を見て成功を収めることができます。


「成功」は必ずしも、大会社の社長や、学者、政治家、スポーツ選手、芸術家、俳優、優秀な学生などのような派手なものである必要はありません。
人目につかないごく平凡なひとりの父親・母親として、夫・妻としての成功もあり、ひとりの人間として幸せで有意義な、悔いのない人生を送ること、これも立派な「成功」です。
でも、その成功を収めるためにも、同様に海面下の粘り強さや失敗、犠牲、失望、良い習慣づけ、努力、コミットメントなどが欠かせません。


↓ブログランキングに参加しています。フェイスブックの「いいね!」だけでなく、お読みいただいてお気に召していただけましたら、忘れずに下の [塾教育] のマークをクリックして応援してください。
大きな励みになりますのでよろしくお願いします。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村


毎日、「学院長 元気の出るブログ」をご愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メルマガ登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスできます。

ひたすら前進し続ける

2019.06.10日
quote-there-will-be-obstacles-there-will-be-doubters-there-will-be-mistakes-but-with-hard-michael-phelps-79-86-54.jpg


"There will be obstacles. There will be doubters. There will be mistakes. But with hard work, there are no limits."
--Michael Phelps  (1985 - )  American Retired Competitive Swimmer 
「障害はあるだろう。できないと言う人もいるだろう。失敗もあるだろう。しかし、力の限り尽くして努力するなら限界はない」
--マイケル・フェルプス、元競泳選手
(訳 舟田譲二)


オリンピックおよび世界水泳選手権の金メダリストであるマイケル・フェルプスは、「水の超人」と呼ばれたあのイアン・ソープ(オーストラリア)を超えて、世界の頂点に昇りつめた「水の怪物」「ボルチモアの弾丸」「トビウオ」「史上最強のスイマー」「最も偉大なオリンピック選手」といわれています。
一大会で複数の種目を制する体力を活かして、オリンピックメダルの通算獲得数28個、金メダルの通算獲得数23個という歴代1位。世界選手権では通算33個のメダルで、うち26個が金メダル。


広げると193cmの身長よりはるかに長い腕、大きな足そして非常に柔らかい関節は、一掻きで大量の水を掻くことができるので、大きな推進力を生み出し、ほかのだれも追随できません。
こんな怪物ですら、「障害はあるだろう。できないと言う人もいるだろう。失敗もあるだろう」と言っているように、このようなことはすべて経験してきているのです。
ましてや「我々においておや」です。
私など、自慢じゃないですがまさに「障害」「不可能」「失敗」のプロのような者です(笑)。


このような私にとって、
「障害はあるだろう。できないと言う人もいるだろう。失敗もあるだろう。しかし、力の限り尽くして努力するなら限界はない」
というフェルプスの言葉は、本当に大きな励まし、慰め、癒し、救いです。


皆さんはいかがですか?
なにか問題にぶち当たっている人はいませんか?
困難を覚えている人、苦しみや、悲しみ、不安を抱えている人はいませんか?
私も幸せそうな顔していながらやはり抱えています。
だれの人生にもこのようなものはつきものです。
でも、だからと言って悲壮な顔をしていたら、ますます暗くなり、最後にはお先真っ暗になります。
「力の限り尽くして努力するなら限界はない」という言葉を信じて、ひたすら前進し続けようではありませんか。


↓ブログランキングに参加しています。フェイスブックの「いいね!」だけでなく、お読みいただいてお気に召していただけましたら、忘れずに下の [塾教育] のマークをクリックして応援してください。
大きな励みになりますのでよろしくお願いします。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村


毎日、「学院長 元気の出るブログ」をご愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メルマガ登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスできます。

小さな親切

2019.06.09日
aesop2-2x.jpg


"No act of kindness, no matter how small, is ever wasted."
--Aesop
「たとえどんなに小さな親切でも無駄になることは決してない」
--イソップ物語
(訳 舟田譲二)


中学2年生のとき、社会科(歴史)を教えていた粟津先生が授業中、エスペラント語のことを話してくれました。
エスペラント語というのは、ポーランドの眼科医ザメンホフが世界中でみんなが共通語で話し合えたら、もっとお互いの理解が進み、平和になるだろうと考えて作った人工語です。
エスペラント語に興味ある人には放課後教えてあげる、と言ったので英語が好きだった私は友達を2〜3人誘って早速先生のもとを訪ねました。


ラテン語を基本にしているのですが、とても簡単であっという間に話せるようになりました。
そして『イワンのばか』というエスペラント語で書かれた短編小説が読めるまでになりました。
ちょうどその年、私の住んでいた京都で国際エスペラント語大会が開かれるということで、世界中から大勢のエスペランティスト(エスペラント語使用者)が集まりました。
粟津先生と一緒に二条城に行って、外国から来た人の通訳を片言のエスペラント語ですることができました。


大学時代には、学友を誘って今度は私がエスペラント語を教えました。
このことがきっかけで、私はその後言語学に興味を持つようになり、大学卒業後はアメリカに留学し2つの大学院で言語学を学ぶことになったのです。
学んでから55年経った今でもエスペラント語は覚えていて、本も読めます。
卒業して帰国し、京都の仁和寺前で文房具屋さんを営んでおられた年老いた恩師を訪ねてエスペラント語を教えてくださったお礼を言ったところ、よく覚えていてとても喜んでくださいました。


イソップ物語の中に「アリとハト」というのがあります。



困っている人に親切にするといつか巡り巡って自分のところに返ってくる、ということを教えている寓話です。


留学当時知り合ったアメリカ人の方から数日前、思いがけずフェイスブックで友達リクエストがきました。
とても親しくなり、家族ぐるみのお付き合いをして、食事やパーティによばれたり、何度も旅行に連れてもらったりしました。
クリスチャンになるきっかけになったのもこの友人、デニスのお陰です。また、貧乏留学生時代、毎月献金して支えてくださいました。
彼からのメールには次のようにありました。
「君のことを何十回もいろんなところで話してきた。あれからもう40年も経つ。息子は45歳でふたりの男の子が、娘は40歳で3人の女の子がいる。自分は今も教会で活動している...」
と長い近況を知らせてきてくれ、私も近況を知らせて昔の友情が復活しました。


デニスは当時、大きな家に住んでキャデラックに乗っていて、私から見るとまるでお父さんのような存在で、彼のことを「ビッグダディ」(パパ)と呼んでいたのですが、なんと私とたった2歳違いでした。
留学中の私の長男と住んでいるところがそう遠くなく、息子の卒業式のときにぜひ再会しようと言ってきました。
いろんなところでいろんなつながりがあり、それが今も生きていることがとても嬉しくなりました。


↓ブログランキングに参加しています。フェイスブックの「いいね!」だけでなく、お読みいただいてお気に召していただけましたら、忘れずに下の [塾教育] のマークをクリックして応援してください。
大きな励みになりますのでよろしくお願いします。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村


毎日、「学院長 元気の出るブログ」をご愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メルマガ登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスできます。

持てる者が豊かではない

2019.06.08日
quote-1710.jpg


"Not he who has much is rich, but he who gives much."
--Erich Fromm - 1900-1980 - German Social Psychologist
「持てる者が豊かではない。与える者が豊かだ」
--エリッヒ・フロム、社会心理学者
(訳 舟田譲二)


私たちの「豊か」「金持ち」の定義はお金や財産などたくさん持っている人のことです。
確かに、大きな家に住み、別荘を持ち、高級車に乗り、大型クルーザーを持ち、海外旅行をし、美味しいものを食べ、贅沢している人は豊かです。豊かでない人にとって、これはまるで夢の世界です。


日産自動車のカルロス・ゴーン元CEOなど、この基準から言えばものすごい金持ちで豊かです。
まだ現段階では真実は明らかになってはいませんから断定的なことは言えませんが、これまでに報道されていることを見る限り、ん?とちょっと首を傾げざるを得ません。多くの人が今まで描いていたゴーン像が崩れつつあります。


マザー・テレサなどはこの正反対の人生を送りました。
自らは貧しい生活を送り、その中で貧しい人たちに寄り添い、さらに多くを与えていました。
さて、本当はどちらが豊かなのか、と言われればおそらくだれもがマザー・テレサだと答えることでしょう。


でも、持たない人は人に与えるものさえないではないか、と言う人もいるでしょう。
与えるものは必ずしもお金や物とは限りません。
自分にできることをする、それが本当の与えることです。


アメリカ、カリフォルニア州ロサンゼルス郊外にあるサドルバック教会はメガチャーチとして知られています。その敷地の広さは120エーカー(東京ドーム約10.5個分)で、まるで大学のようなのでキャンパスと呼ばれています。
教会の活動には、週に約22000人が参加し、囚人や、社長、中毒者(麻薬、アルコール)、シングルの親、HIV感染者など様々な人に対して奉仕をしています。4万2000人のホームレスの人々に「1日3食を40日間」の食料援助を行ったこともあるそうです。


聖書にも
「受けるよりは与える方が、さいわいである」(使徒20:35)
とあります。


↓ブログランキングに参加しています。フェイスブックの「いいね!」だけでなく、お読みいただいてお気に召していただけましたら、忘れずに下の [塾教育] のマークをクリックして応援してください。
大きな励みになりますのでよろしくお願いします。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村


毎日、「学院長 元気の出るブログ」をご愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メルマガ登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスできます。

勉強の意味は?

2019.06.07日
quote-1709.jpg


"An investment in knowledge pays the best interest."
--Benjamin Franklin - 1706-1790 - Founding Father of the United States
「知識に投資すると最高の利子を受け取れる」
--ベンジャミン・フランクリン
(訳 舟田譲二)


「知識に投資する」とは、学ぶことです。
「知識」とは単なる「暗記」ではありません。
小学生や中高校生の得意技(?)は、試験前の詰め込み暗記です。
暗記でとりあえず得点はできます。
でも暗記だけで終わったら、試験が終わるとすぐに忘れてしまい将来役立たないばかりか、受験のときにもう一度暗記しなおさなければなりません。多くの人がこのような勉強法をしています。
これはじつに効率の悪い勉強法です。


勉強に暗記することは不可欠です。ものごとを最初は暗記しなければなにも進みません。
でも暗記した後、それを知識に定着させることが不可欠です。
そのためには繰り返しが必要です。
テストで得点できない人は、繰り返しをしていないため定着していないからです。
日本人だったらだれもが覚えのある「掛け算の九九」などその典型です。
「九九」の覚え方のコツは繰り返しです。


永遠に続く円周率記憶でギネス記録を持つ原口 證(あきら)さんは、なんと10万桁覚えています。
暗唱するだけで16時間30分もかかったそうです。
ただ数字を羅列して覚えているのではなく、音でストーリーを作って覚えています。たとえば、
0 - お、ら、り、る、れ、ろ、おん、おー
1 - あ、い、う、え、ひ、び、ぴ、あん、あー、びゃ、ひゃん、びゃ、びゃん
のようにです。
これは、自分で覚えやすいように作ればいいのです。


私は大学生のとき、恩師の金田一春彦教授(金田一京助の息子で、金田一秀穂さんの父)から学んだのをいまだに覚えています。
私の覚えた方法は下の語呂合わせです。
産医師異国に婿さ、子は苦なく身ふさわし、(20桁)
これをアメリカ留学中、クラスで円周率のことが話題になったとき、前に出て黒板に書いて披露したところ天才だと思われてしまいました(笑)。
英語でも英単語の文字数で覚える方法などがあります。
How I want a drink, alcoholic of course, after the heavy lectures involving quantum mechanics! (15桁)


「円周率を覚えて何の役に立つの?」と尋ねられたら、正直覚えること自体に意味はありません。でも、頭の体操になります。
世界で一番長い英単語は音と各文節の意味で覚えてしまいました。
pneumonoultramicroscopicsilicovolcanoconiosis (塵肺症)
(ニューモノウアルトラマイクロスコピックスィリコウヴォルケノウコロニオウスィス)
pneumono(肺)ultra(超)microscopic(微視的な)silico(ケイ素の)volcano(火山の)coni(塵)osis(病気)
世界で一番長い地名は英国ウェールズ地方にある村の名前
Llanfairpwllgwyngyllgogerychwyrndrobwllllantysiliogogogoch
(ランヴァイアプウルグウィンギルゴウゲラッフワーンドロウブウルランティスィリオウゴウゴウゴウッフ)
覚えても意味ありませんが、頭の訓練で、勉強の仕方の基本である繰り返しの良い例です。


「知識に投資すると最高の利子を受け取れる」
というベンジャミン・フランクリンの今日の名言ですが、勉強しているときは何の役に立つのかわからないことでも、将来なんらかの形で利子となって戻ってくることになるというわけです。
知識を増やすと悩みも増えますが、同時にさまざまな悩みに対する答えもその知識の中から見出すこともできるようになります。


↓ブログランキングに参加しています。フェイスブックの「いいね!」だけでなく、お読みいただいてお気に召していただけましたら、忘れずに下の [塾教育] のマークをクリックして応援してください。
大きな励みになりますのでよろしくお願いします。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村


毎日、「学院長 元気の出るブログ」をご愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メルマガ登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスできます。

楽しみながら働く

2019.06.06日
unknown1%20%281%29.jpg


"Choose a job you enjoy, and you will never have to work a day in your life."
--Unknown
「自分が楽しめるような仕事を選びなさい。そうすれば一生の間一日たりとも働かなくてよくなります」
--作者不詳


NHKの朝ドラ『なつぞら』がずっと高視聴率を続けています。
配役がとてもよく、一人ひとりの俳優が素晴らしい演技をしていますし、演出も抜群です。
1回ごとにいろいろ教えられることがたくさんあります。とてもいい番組です。
8週目からは、主人公の奥原なつが念願かなってアニメーターになるべく東洋動画に就職します。
なつは北海道では柴田牧場でも楽しみながら一生懸命働いていましたし、東京に出てきてからは新宿の川村屋で皿洗いも一切手抜きすることなく真面目に丁寧な仕事をしていました。
でも、なつが本当にやりたいことは漫画映画制作をすることでした。
一度就職試験で落ちましたが、どうしても夢をあきらめることができず、再チャレンジして仕上課でセル画に色を塗る仕事に就きます。
隣りの席で仕事をしている6か月先輩の桃代からいろいろ教えてもらいながら仕事をします。


natuzora.jpg


単純作業なのですが、なつはこれも一生懸命。桃代はそんななつを見て驚きます。
桃代は自分の仕事はただ生活のためにしているだけで、仕事が楽しいなんて考えてみたこともなかったのです。


楽しめる仕事に就くことが成功する秘訣です。
でも大半の人は、とくに好きでもないけれども生活のために仕事をしています。
ただ生活のために、お金のために働いている人は目が死んでいます。
でも楽しみながら仕事をしている人は目が輝いています。


冒頭の言葉に、
「自分が楽しめるような仕事を選びなさい。そうすれば一生の間一日たりとも働かなくてよくなります」
とありますが、私たち日本人にすれば「仕事をする」=「働く」ことで、ちょっと矛盾しているように感じるかもしれません。
ここで使われている言葉は "work" ですが、言い換えると "labor" 「労働」といった感じです。


"labor" は苦しみを伴う仕事で、女性の出産のときにも「陣痛」という意味で使われる言葉です。
同じ仕事をするなら苦しみながら労働するより、楽しみながら生き生きと働きたいものです。


でも、今就いている仕事がたとえ楽しくなくても、思考を変えることによって楽しくなることもあります。
皆さんはいかがですか? 楽しみながら働いていますか?
単純な作業や、家事や育児などでも楽しみながらやれば疲れも吹っ飛んでしまいます。


↓ブログランキングに参加しています。フェイスブックの「いいね!」だけでなく、お読みいただいてお気に召していただけましたら、忘れずに下の [塾教育] のマークをクリックして応援してください。
大きな励みになりますのでよろしくお願いします。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村


毎日、「学院長 元気の出るブログ」をご愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メルマガ登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスできます。

道は開かれる

2019.06.05日
quote-1705.jpg


"You have the power within you to rise above whatever is currently seeking to bring you down."
--Unknown
「現在、あなたを下に引き下げようとしているものがあるなら、それが何であろうとも、あなたにはそれを乗り越える力がある」
--作者不詳
(訳 舟田譲二)


今、あなたの人生において何か直面している問題がありますか?
というか、ない人なんているのでしょうか?
私たちはこの世に生きる限り、絶えず何らかの問題にぶつかっていて、悩んだり苦しんだり、辛い思いをします。


もし万が一、「そのようなものはなんにもない」という方がいらっしゃったり、おめでとうございます。あなたは「万が一」、すなわち1万人にひとり、いや100万人か、1000万人かわかりませんが、その中の非常に貴重なひとりです。
あるいは、現実には問題があるけれども、それを問題と感じない積極思考を持っていて、肯定的な生き方を選択しているのでしょう。そしてそれは、さらに素晴らしいことです。


でも、たいがいの人は何か問題があることと思います。
しかし「問題があること自体が問題」なのではありません。なぜなら、冒頭でも言いましたように問題があるのはごくごく当然のことだからです。
ひょっとしたらそれは現在の問題ではないとしても、将来に対する不安かもしれません。


このような問題に私たちは圧倒されて、時に押しつぶされそうになったりすることもあります。
抑うつ状態になっていたり、欲求不満のはけ口をどこかに求めている人もいるかもしれません。


しかし「作者不詳」で、どなたが言われたのかわかりませんが、今日の名言のように、
「現在、あなたを下に引き下げようとしているものがあるなら、それが何であろうとも、あなたにはそれを乗り越える力がある」
ものです。


なぜ、そう断言できるのか。
それは、私たちはみんな、おそらくだれでもこれまでの人生で一度や二度ならず、そのような体験をしているからです。
あるいは、周りの人たちを見てください。必ずそのような人が何人もいるはずです。
私自身、これまで数えきれないほどそのような体験をしてきましたが、不思議なようにしてその都度不思議なようにして、考えもしなかったところで道が開かれ、危機を脱出できました。
そして、今直面している問題も、その経験則から必ず道が開かれ、乗り越えることができると確信しています。


いや、自分には一度もそのような体験がないと言う人がいたら、心配しなくても大丈夫です。
今まさに、あなたはそれを体験しようとしているのです。
乗り越えられるまで耐え忍んでください。
「道は開かれます」


↓ブログランキングに参加しています。フェイスブックの「いいね!」だけでなく、お読みいただいてお気に召していただけましたら、忘れずに下の [塾教育] のマークをクリックして応援してください。
大きな励みになりますのでよろしくお願いします。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村


毎日、「学院長 元気の出るブログ」をご愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メルマガ登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスできます。

貧しさと豊かさと貪欲

2019.06.04日
29-Most-Inspirational-Wealth-And-Money-Quotes-Of-All-Time.jpg


"It is not the man who has too little, but the man who craves more, that is poor."
--Seneca 4BC-AD65 - Roman Philosopher
「貧しい人とは持たない人ではなく、さらに欲しがる人のことだ」
--セネカ、紀元前4年〜紀元65年 古代ローマ哲学者
(訳 舟田譲二)


現代のような豊かな時代でなく、今から約2000年も前の時代に生きていた古代ローマの哲学者が上のようなことを言っているというのは驚きです。
というか、人というものはきっといつの時代も本質的に変わらないということの証拠でなのしょう。
人は貧しい、あるいは豊かであるにかかわらず、つねにもっと欲しがるものです。
欲望には際限がありません。
持てば持つほどさらに欲しがるものです。


しかし、欲望そのものが悪なのではありません。
人に限らず地球上のすべての生きとし生けるものは、欲望を持って生まれてきます。
たとえ小さな蟻や、池などに住む体長2〜3ミリのミジンコのようなプランクトンでも、生きるために必死で餌を探して食べています。



小太りのミジンコちゃんが忙しそうにお食事している様子


でも、人間の場合、単に生きるためというよりも、ちょっとやっかいな地位や名誉や財産、快楽、贅沢などといったことのためにとめどなく求めます。
これらは生きていくために絶対必要というものではなく、むしろ邪魔にすらなり得るものです。
飽くなき欲望は危険ですらあります。ときにその目的達成のために嘘をついたり、人を騙したり殺したりしてでも金銭や物を奪おうとします。
人間と動物が決定的に異なる点はここにあります。


幸せな生き方というのは、与えられているものに満足すること、それと同時に向上を目指すことで、このふたつは決して相矛盾するものではありません。


「人が誘惑に陥るのは、それぞれ、欲に引かれ、さそわれるからである。
欲がはらんで罪を生み、罪が熟して死を生み出す」
(ヤコブの手紙 1:14, 15)


↓ブログランキングに参加しています。フェイスブックの「いいね!」だけでなく、お読みいただいてお気に召していただけましたら、忘れずに下の [塾教育] のマークをクリックして応援してください。
大きな励みになりますのでよろしくお願いします。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村


毎日、「学院長 元気の出るブログ」をご愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メルマガ登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスできます。

望むことはできると信じなさい

2019.06.03日
Abraham-Lincoln-Quote-Determine-that-the-thing-can-find-the-way-20140716.jpg


"Determine that the thing can and shall be done, and then we shall find the way."
--Abraham Lincoln  (1809 - 1865)
「望むことはできるし叶えられると信じなさい。方法はあとから見つかる」
--エイブラハム・リンカン
(訳 舟田譲二)


エイブラハム・リンカンの名前を知らない人はいないでしょう。
第16代アメリカ合衆国大統領で、「歴代アメリカ合衆国大統領ランキング」において、しばしば「もっとも偉大な大統領」の1人に挙げられます。
「人民の人民による人民のための政治」で知られるゲティスバーグ演説でも有名です。


歴代の大統領の中でもこんなすごい大統領はまずいませんが、その経歴を知る人はあまりいません。


19世紀初頭の1809年、山の中の粗末な丸太小屋の中で生まれました。
両親は無学な開拓農民であり、リンカーンが7歳のとき一家は貧困と奴隷制度のために、自由州(奴隷のいない州)であるインディアナ州へ転居
9歳 母が34歳で病気のため他界
19歳 母の死後、エイブラハムの世話をしていた姉が死産で他界
22歳 失業
23歳 州議会議員に落選
25歳 事業に失敗
26歳 恋人と死別
27歳 神経の病を発病
31歳 事業に失敗
32歳 州議会議員選挙に落選
34歳 再度事業に失敗
34歳から下院議員選挙を3回連続で落選
43歳から5年間に3回、下院議員選挙に落選
47歳 副大統領選で落選
49歳 上院議員選挙に落選
55歳 上院議員選挙に落選
56歳 副大統領選で敗北
58歳 上院議員選挙に再び落選


そして、パンパカパーン!
60歳にして第16代アメリカ合衆国大統領に就任!


もうすごいとしか言いようのない見事な経歴。まるで映画を観ているようです。
私だったらとっくの昔に人生そのものをあきらめていたことでしょう。


なぜここまで耐えられたのか。
その秘訣は彼が語った冒頭の言葉にあります。
「望むことはできるし叶えられると信じなさい。方法はあとから見つかる」


「信仰とは、望んでいる事がらを確信し、まだ見ていない事実を確認することである」
(ヘブル人への手紙 11:1)
と聖書にもあるとおりです。


↓ブログランキングに参加しています。フェイスブックの「いいね!」だけでなく、お読みいただいてお気に召していただけましたら、忘れずに下の [塾教育] のマークをクリックして応援してください。
大きな励みになりますのでよろしくお願いします。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村


毎日、「学院長 元気の出るブログ」をご愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メルマガ登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスできます。